懐かしのボディカラー復活! 覚えていますか?「このクルマにこのボディカラー」

懐かしのボディカラー復活! 覚えていますか?「このクルマにこのボディカラー」

 GT-Rの2022年モデルが発表されたが、なんとも懐かしい、R33GT-RやR34GT-Rに設定されていたミッドナイトパープルと、R34GT-R MスペックニュルとVスペックIIニュルに設定されたミレニアムジェイドのボディカラーが復活した。

 クルマ好きのみなさんにとって、「このクルマといえば、このボディカラーでしょ!」というものがそれぞれあると思う。

 そのボディカラーは必ずしもCFやカタログなどに使われるイメージカラーではないかもしれない。

 例えば担当者なら、S30Zなら240ZGのグランプリマル―ン、S130ZならTバールーフのマンハッタンカラー、初代ソアラやGX71系マークII三兄弟はスーパーホワイト、AE86はパンダ(白黒)など、人によって思い出すものはそれぞれ違うかもしれない。

 ということで、GT-R 2022年モデルの「ミッドナイトパープル」と「ミレニアムジェイド」のボディカラー復刻を記念して、「懐かしのボディカラー」について振り返ってみたいと思う。

文/伊達軍曹
写真/トヨタ、日産、ホンダ、スバル、マツダ、三菱

【画像ギャラリー】やっぱこれだね! 懐かしの名車と定番ボディカラーの組み合わせをギャラリーでチェック!!


■GT-R 2022年モデルに懐かしのミレニアムジェイドとミッドナイトパープルのボディカラーが復活!

復活したミレニアムジェイドのボディカラー。写真はGT-RプレミアムエディションT-spec
R34GT-Rに設定された1000台の最終限定車、MスペックニュルとVスペックIIニュル専用のミレニアムシェイド

 2021年9月14日に日産GT-Rの 2022年モデルが発表されたわけだが、同時に発表された特別仕様車「プレミアムエディション T-spec」と「トラックエディション エンジニアード by NISMO T-spec」に、かなり懐かしいボディカラーが設定された。

 R33、R34といった歴代スカイラインGT-Rに採用されていた「ミッドナイトパープル」と、R34スカイラインGT-R最後の限定車である「Mスペック ニュル/VスペックII ニュル」に設定された「ミレニアムジェイド」が復刻したのだ。

 この2色があるというだけで、GT-Rの2022年モデルを「欲しい!」と思った人も少なくないだろう。それほどクルマのボディカラーというのは、特にそのモデルの「イメージカラー」というのは、クルマ好きの心に深く刻まれるものだ。

2022年モデルのGT-RプレミアムエディションT-spec。ミッドナイトパープル
R33GT-Rミッドナイトパープル
R34GT-RミッドナイトパープルII。Vスペックと合わせて300台販売。この後ミッドナイトパープルIIIも発売

■5代目ファミリア/真っ赤なファミリアが一大ブームに

当時、真っ赤なファミリアに乗ってルーフにロングボードを乗っけてサーファー気取りの”陸(おか)サーファー”がたくさんいた

 さて、ここからはあまりにも懐かしくて、おじさん世代にとって涙がちょちょ切れそうなボディカラーを振り返ってみたい。

 1980年6月に登場した5代目ファミリアは社会現象になるほどの一大ブームを巻き起こした。当時の若者なら誰もが欲しがった「真っ赤なファミリア」である。

 特に人気の高かったのが、真っ赤なボディカラーのXG。ルーフキャリアにサーフボードを載せたスタイルが大流行し、”陸(おか)サーファー”という流行語も生み出した。 

 ルーフにサーフボードを載せ、ダッシュボードにミニチュアのヤシの木を生やし、原宿あたりにナンパに行くという、”陸(おか)サーファー”ブームも作った。つまりモテるファッションアイテムになったのである。

 この5代目ファミリアが、マツダを倒産の危機から救う大ヒットとなった。デビューからずっと販売台数を伸ばし続け、約3年後の1983年2月まで33ヵ月連続で前年同月比の月間販売台数増を更新し続けるという、驚くべき売れ方をみせた。

 当時はカローラが国内販売の絶対王者だったが、ファミリアは8回も月間販売台数1位となる。カローラを、マツダ車が上回ったというのはまさに驚天動地だった。

XGのインテリアはスポーティで若者の心を捉えた。第1回日本カー・オブ・ザ・イヤーを受賞した。当時の価格は1500XGが103万8000円
もっと古い世代では、映画『幸せの黄色いハンカチ』に登場した赤い4代目ファミリアのほうが印象に残っているかもしれない


■1982年の新車販売台数 ファミリアvsカローラ
・1982年1月:ファミリア/1万524台、カローラ/1万763台
・1982年2月:ファミリア/1万4088台、カローラ/1万5237台
・1983年3月:ファミリア/2万1063台、カローラ/2万7251台
・1982年4月:ファミリア/2万759台、カローラ/1万6453台
・1982年5月:ファミリア/1万5731台、カローラ/1万5693台
・1982年6月:ファミリア/1万8556台、カローラ/1万7289台
・1982年7月:ファミリア/1万7538台、カローラ/1万9455台
・1982年8月:ファミリア/1万2381台、カローラ/9398台
・1982年9月:ファミリア/1万5603台、カローラ/1万5794台
・1982年10月:ファミリア/1万7220台、カローラ/1万4449台
・1982年11月:ファミリア/1万2874台、カローラ/1万7357台
・1982年12月:ファミリア/1万5634台、カローラ/1万8291台
・1982年累計販売台数:ファミリア/19万1971台、カローラ/19万7430台

次ページは : ■FFジェミニ/セイシェルブルー