走れば走るほど快適になる!? ATはドライバーのクセを学習している

走れば走るほど快適になる!? ATはドライバーのクセを学習している

 乗用車のATは以前から学習機能があり、ドライバーの運転の癖を覚えてスムーズに走れるような制御を行う。これを活用すれば、同乗者も快適なだけでなく、燃費性能などの改善も期待できる。

 今回はスムーズかつスマートに車を走らせる方法をお伝えしよう!

文/藤田竜太、写真/Adobe Stock(トビラ写真=幸雄 花田@Adobe Stock)

【画像ギャラリー】クルマに詳しいドライバーと、ドライバーに詳しいクルマ……AI内蔵のクルマは賢いぞ!!(5枚)画像ギャラリー

■最近のATはあなたの走り方を学習している!

学習機能付きのATはドライバーのクセや運転の特徴を学習してシフトタイミングを調整する。走るほどに気持ちよくなっていくというわけだ(THINK b@Adobe Stock)

 人工知能(AI)の技術は、さまざまな分野で注目されているが、自動車のコンピュータにもAI技術は積極的に導入されはじめている。その代表が、学習機能付きのAT(オートマチックトランスミッション)。

 ドライバーの運転の仕方やのクセなどをコンピュータが学習し、それを実際の走りに反映させ、ATのシフトタイミングを調整する仕組みだ。アクセルの踏み方、戻し方、アクセル開度、ブレーキのタイミングなどから、そのドライバーに最適な変速タイミングをチョイスしていると思えばいい。

 例えば、いつもゆっくりふわーと走り出す人なら、2速発進を標準に。反対に発進時はいつもダッシュする傾向がある人は、1速発進を多用するといった具合だ。

 とはいえ、一人ひとりのドライバーに合った、オーダーメイドのようなシフトスケジュールになるわけではない。

 「学習機能付きAT」といっても、おおよそ10パターンぐらいのプログラム(メーカーや車種にもよって異なる)が、あらかじめ用意されていて、その中からドライバーの運転傾向に応じた変速パターンをチョイスし、より使い勝手のいいクルマに進化していく。

 と同時に、燃費性能や環境性能も高い次元を目指しているので、同じクルマであれば、驚くほどスポーティーになったり、のんびりモードになるというわけでもない。

 また、これらの学習機能は一度設定されるとそのままずっと固定されるものではなく、じつはリセットすることも可能。

 リセットする方法は、ディーラーなどにある専用器具が必要になる車種もあれば、取扱説明書通り、いくつかの手順を行なえばいいもの、さらにはバッテリーのマイナス端子を抜くとリセットされることもある(バッテリーを交換する際は、バックアップ電源をつなぐようにしよう)。

 中古車などを購入した際は、一度この学習機能のリセットをするのがおすすめ。リセットして、自分なりの乗り方をしているうちに、自動的に最適なプログラムを選んでくれるはずだ。

■もはやSFの世界!? 学習しているのはATだけではない

AI技術が導入されているのはシフトまわりだけではない。電子制御されている部分の多くに学習機能が備わっている(metamorworks@Adobe Stock)

 もうひとつ「最近、どうも変速ショックが大きくなってきた気がする」といった人も、ATの学習機能をリセットすることで解消する場合があるので、試してみるといいかもしれない。

 そして、マフラーをスポーツタイプに交換したり、エアクリーナーを高効率のものに交換したりして、エンジンの出力向上につながるようなチューニング(ライトなチューンを含む)を行なったときも、学習機能のリセットを行なうことで、よりフィーリングがよくなる可能性もある。

 リセットしたあとの再学習にもコツがあって、スポーティーな走りを望む人は、リセットした直後から、積極的に高回転域を連続使用すると、シフトスケジュールもスポーティーなモードが優先的に選ばれやすいといわれている。

 とくにそうしたこだわりがない人は、リセット後もいつもと同じような走りを続けていればOK。それだけでコンピュータが一番燃費によくて、変速ショックが少なく、排ガスがきれいになるマップを選んでくれることだろう。

 ちなみにクルマの学習機能は、ATだけに限らない。エンジンの空燃比や点火時期なども、O2センサーやその他の各種センサーからのデータを元に、ECUが補正、最適化する「フィードバック制御」も学習機能のひとつだし、電子制御スロットルにも学習機能を使っている。

(例:経年劣化で、スロットルボディが汚れ、アイドリングが下がりそうになるのを、ECUの学習機能で補正し、アイドリングを一定に保つ)

 細かくいえば、パワーウインドやバックモニター、カーナビなどの設定などにも学習機能があるので、バッテリー交換の際は、そうしたリセットしたくないデータまで初期化しないようバックアップ電源をつないだり、専用のスキャンツールを使うなどして気をつけよう。

【画像ギャラリー】クルマに詳しいドライバーと、ドライバーに詳しいクルマ……AI内蔵のクルマは賢いぞ!!(5枚)画像ギャラリー