池袋暴走事故で注目を集めた『イベントデータレコーダー』!! 新車の搭載義務化スタートで運転記録をしっかり可視化!!


 イベントデータレコーダー(EDR)という装置をご存知だろうか。飛行機でいうところのフライトレコーダーに似た装置で、ドライバーが乗用車に行った操作内容が記録される装置のことだ。

 これが話題になったのが、東池袋駅近くで発生した「池袋暴走事故」だ。プリウスに搭載されたEDRに当事者の操作が記録されたことで、誤操作が証明された。

 2022年7月1日発売の新車から搭載が義務化されたEDRについて解説しよう。

文/藤田竜太
写真/TOYOTA、Adobe Stock(トビラ写真=Photographee.eu@Adobe Stock)

【画像ギャラリー】より安心な運転をサポート!! トヨタ プリウスの安全への取り組み(7枚)画像ギャラリー

■装着が義務付けられた『EDR』とは

EDRは飛行機で言うフライトレコーダーのようなものだ。事故発生時の車の速度やブレーキ操作の有無、アクセルの開閉状態などが記録される(metamorworks@Adobe Stock)

 2019年に88歳の高齢ドライバーがブレーキとアクセルを踏み間違え、母子二人が犠牲になったいわゆる「池袋暴走事故」。

 被告は当初、「車のシステムに何らかの異常が発生した」と無罪を主張していたが、トヨタは事故車のプリウス(2008年製)に搭載されたEDR(イベントデータレコーダー)の記録を元に、「車両に異常や技術的な問題は認められなかった」と反論。

 この事故をきっかけに、日本でもEDRへの注目が高まり、国内でも新型車に対し2022年7月1日から、継続生産車は2026年7月1日からEDRの装備を義務づけられている。

 このイベントデータレコーダーの概要について、国土交通省の資料には次のようにある。

○「イベントデータレコーダー」とは、エアバッグ等が作動するような事故において、事故前後の車両の運動データや運転者の操作等を記録する車載記録装置をいいます。
○エアバッグ等が作動するような事故発生時に数秒間さかのぼって記録
○記録される主なデータ
・加速度
・車両の速度
・シートベルトの状態(運転者)
・ブレーキのON/OFF
・アクセルの開閉状態
※メーカーによって上記以外も記録される

■記録時間や対象項目は年々増加

エアバッグが作動するような事故が発生した場合、事故発生の瞬間から前後数秒を記録する。記録項目は年々増えつつある(benjaminnolte@Adobe Stock)

 このEDRの装備に積極的なのはアメリカだ。

 アメリカでは2012年9月以降、自動車に搭載される全てのEDRについて、データ読み出しに対応することが義務付けられているので、2017年の時点で新車販売の99.3%のクルマにEDRが搭載されている。

 システム的には、基本的にエアバッグのコンピューターに内蔵されており、エアバッグ等が作動するような交通事故が起きたとき、衝撃を受けた瞬間のクルマの状況を記録する仕組み。

 初期のEDRは、事故の瞬間(=タイム・ゼロ)から記録するものだったが、現在のEDRは事故の発生の5秒間から事故直後の2秒間、つまり最長7秒ほどを記録するように進化した。

 記録されるデータも、車速、エンジン(モーター)回転数、アクセル・ブレーキの踏み具合、ABSやESPの作動状況、ブレーキオイル圧力、加速度、ヨーレイト、シートベルトの着用の有無、ハンドルの角度など、年々項目が増えてきていて、いまでは50項目のデータを0.08秒ごとに記録するEDRも増えてきているほど。

 国産車でも2000年頃からEDRを装備したクルマが登場しはじめ、もっとも積極的なのはトヨタだ。トヨタ車は2012年以降のすべての新型車にEDRを搭載しているといわれている。

 日産でもエクストレイル、ノート、セレナ、デイズ、リーフ、スカイラインなど、主な車種にEDRを装備。EDRが装備されているクルマには、取扱説明書に「イベントデータレコーダー」の項目があるので確認してみるといいだろう。

 なお、イベントデータレコーダーは、ドライブレコーダーとは違い、オーナーのプライバシーを重視し、画像データや音声データ、事故の時刻と場所を特定するGPSデータなどは記録されていない。

 それでも事故が起きたときに、当事者の主観に頼らず、客観的な事実を解明できるのは非常に大きい。

 上記の「池袋暴走事故」のように加害者が、「操作は適切だった」と主張しても、EDRの記録を調べれば、「ブレーキを踏んでいなかった」「速度が何キロ出ていた」「減速ではなく加速中だった」といったことが克明に記録されているので、正確な事故原因の調査が大いに進むと期待されている。

次ページは : ■搭載義務化でCDRのデータは積極的に活用されていく

最新号

ベストカー最新号

新型セレナ、GT-Rなど! 正常進化する注目車、大々的スクープ!! ベストカー10月26日号

正常進化する注目車、大々的なスクープ特集を目玉に、ベストカー10月26日号は濃い内容となっています。そのスクープは新型セレナをはじめとする日産の5モデルの情報。すでに注目されているホンダZR-Vやスバルクロストレックの新車情報も濃いです! さらに「車格のわりに安いクルマ」特集も読みごたえアリです。

カタログ