日産 フィガロの魅力と実力 30年前のクルマなのに新しい!!


 バブル景気真っただ中の1991年に登場した、日産「フィガロ」。当時も人気があったモデルですが、30年以上たったいまも、フィガロの人気は衰えるところを知らず、当時の187万円で販売されていたフィガロが、現在中古車オークションでは、300万円を超える価格で取引される個体もあるほど、日本のみならず世界中で人気が高騰しているクルマのひとつです。

 そもそも「フィガロ」は、初代マーチ(1982年発売)をベースに、レトロなデザインで登場した「日産パイクカーシリーズ」のひとつ。現代のモデルとは違い、衝突安全性の基準が低く、ドアや車体も薄っぺらなつくりではありますが、レトロでシンプルな内外装のデザインは、いま見ても斬新で新鮮な印象。そんなフィガロの魅力を振り返ります。

文:吉川賢一
写真:NISSAN、ベストカー編集部

【画像ギャラリー】レトロで遊び心のあるデザインで価格高騰中!! 日産フィガロと日産パイクカーシリーズのクルマたち(38枚)画像ギャラリー

「レトロ」をクルマデザインに取り入れた

 「ノスタルジックモダン」を開発指針とする日産のパイクカーシリーズは1987年に登場した「Be-1」から始まります。1985年の東京モーターショーに参考出品されたBe-1は、当時主流だったボックスデザインではなく、丸っこいデザインと、近代的ながらもどこか懐かしい雰囲気で好評に。

 これをうけ、日産はBe-1を限定生産1万台として販売を決定。発売開始直後から注文が殺到し、購入は抽選制となりました。その後、キャンバストップバージョンも登場し、こちらも即完売となります。

1987年に登場した「Be-1」。「ノスタルジックモダン」をコンセプトとする、日産のパイクカーシリーズ第一弾だ

 パイクカーシリーズ第2弾は「パオ」。こちらも、1987年の東京モーターショーに参考出品されたのち、1989年に発売されました。パオで表現されたのは、「レトロと冒険」。パオのバックドアに装備された「ガラスハッチ」は、冒険や旅気分を演出していました。

 日産は、Be-1の好調をうけ、パオの販売には3ヶ月間の受注期間に予約された台数分を販売する、という販売方法をとります。パオは、この3ヶ月の間に、なんと5万台以上の受注を獲得。Be-1を上回る記録となり、最長で1年半もの納期待ちが発生しました。

欧州のクラシカルな雰囲気漂うフィガロ

 そして1991年、「フィガロ」が登場します。3ドアハッチバックだったBe-1とパオとは対称的に、2+2クーペとして登場しました。

 1935年のダットサンロードスターや30年代のアールデコファッションからインスピレーションを受けたというフィガロは、「ぽこっ」と出っ張った小さなキャビンがトレードマーク。ルーフは中央部がキャンバス製で出来ており、後部へ手動で格納するとオープンカーとなる、凝ったつくりとなっていました。

リアのスタイリングも秀逸。ルーフは中央部がキャンバス製で出来ており、後部へ手動で格納すると「オープンカー」となる、凝ったつくりとなっていた

 インテリアも、フィガロ専用設計のスイッチや本革シート、スイッチやメーター回りのメッキパーツを、アイボリーの内装がうまくまとめており、優雅でクラシカル。

 用意されたボディカラーは「エメラルド」、「ペールアクア」、「ラピスグレイ」、「トパーズミスト」の4 色。ボディのところどころに配色されたシルバーメッキも、いい仕事をしていました。

 フィガロは、主に女性で構成されたチームで開発されたとのこと。Be-1やパオとは違う、クラシカルで優雅な雰囲気は、女性ならではの感性から生み出されたものなのでしょう。

 フィガロでは、販売台数を限定2万台とし、3度に分けて抽選する、という販売方法が採られました。現在フィガロは、海外でも大人気となっており、日本と同じ左側通行の国イギリスでは、特に人気で、ミュージシャンのエリッククラプトンさんも入手されたとか。

★日産フィガロ在庫あります!! 99万円~ ベストカーWeb特選中古車!!

次ページは : 時代を超えても色褪せない魅力

最新号

ベストカー最新号

あのシルビアが復活! 2022年はSCOOPも特集も深掘り! ベストカー2月10日号

2022年は国産新車が35車種も登場予定! 何が誕生するのか、どれが魅力的か? と知りたいアナタにお役立ち間違いなしの「ベストカー」2月10日号。シルビア復活のSCOOP企画もアツいです!

カタログ