電動化を生き残れ!! 世界のスポーツカー サバイバルへの道【アメリカ編】

電動化を生き残れ!! 世界のスポーツカー サバイバルへの道【アメリカ編】

 中高年カーマニアにとって、スポーツカーこそ魂の拠りどころ。しかし、そのスポーツカーの未来は限りなく暗い。ヨーロッパでは、2035年までに、内燃エンジン車が禁止されようとしている。アメリカの14の州でも同様の動きがある。

 実は、スポーツカーがそれなりに売れているのは、世界のなかでも日米欧、この3つの地域のみ。それで9割以上を占めている。中国をはじめとする新興国では、ごく一部の富裕層がスーパーカーを愛好するだけで、大衆はスポーツカーにまったく関心がない。新興国や途上国には、スポーツカー市場はない。

 つまり、日米欧がコケたらスポーツカーは死ぬのである!

 そこで、清水草一と渡辺敏史の2名で構成されるベストカー「スポーツカー解放戦線」が、まず日米欧のスポーツカー市場を吟味。そのうえで、生き残り策を議論! まずはアメリカ編から。スポーツカーよ、永遠なれ!

■アメリカのスポーツカー市場規模/2021年上半期…約12万台
■ヨーロッパのスポーツカー市場規模/2021年上半期…約4万台
■日本のスポーツカー市場規模/2021年上半期…約1万台


●電動化を生き残れ!! 世界のスポーツカー サバイバルへの道【ヨーロッパ編】
●電動化を生き残れ!! 世界のスポーツカー サバイバルへの道【日本編】

※本稿は2021年12月のものです
文/渡辺敏史、清水草一、ベストカー編集部、写真/ベストカー編集部 ほか
初出:『ベストカー』2022年1月26日号

【画像ギャラリー】スポーツカー……それはクルマ好きたちのロマン!! 電動化の波を乗り越えて生き残れ!!【アメリカ編】(9枚)画像ギャラリー

■スポーツカー天国!! アメリカ合衆国

●第1位:フォード・マスタング

フォード・マスタング
フォード・マスタング

 フォードが日本での販売から撤退した今、新車は並行輸入で手に入れるしかないけれど、マスタングこそが、世界で一番売れているスポーツカーだ。

 初代の登場は1964年。その翌年には年間56万台を販売。6代目である現行モデルも、2019年には年間10万台以上を販売した。今年上半期は3万台強にとどまっているが、それでも世界ナンバー1!

 エンジンは4気筒2.3Lターボから、V8 5.2Lスーパーチャージャーで760馬力を絞り出すシェルビーGT500まで、ラインナップは実に多彩。アメリカン・スポーツカーの王座に君臨し続けているぜ!

●第2位:ダッジ・チャレンジャー 3万148台

ダッジ・チャレンジャー
ダッジ・チャレンジャー

 1960年代末に登場したチャレンジャーが、2008年、クライスラー300Cベースで復活。映画『ワイルドスピード』にも登場して人気爆発。廉価版のV6から伝統のHEMIエンジン搭載の「SRTデーモン」(840馬力)まで揃う。

●第3位:シボレー・コルベット 1万4582台

シボレー・コルベット
シボレー・コルベット

 昨年、ミドシップに大変身した新型が登場。そのわりに現地価格は700万円台からと、コスパが超高い。売れゆきは順調で、今年は年間3万台を売る勢いだ。NSXが5年間で3000台売れなかったのとは月とスッポンだ。

●第4位:シボレー・カマロ 9881台

シボレー・カマロ
シボレー・カマロ

 同じシボレーブランドのコルベットに食われているのか、ライバルのマスタングやチャレンジャーに引き離されたが、本来はこの3台がアメリカンスポーツの中核。日本にも輸入されている「カマロSS」はコスパ最高!

●第5位:マツダ MX-5 6677台

マツダ MX-5
マツダ MX-5

 アメリカで売られているロードスターは、2Lの181馬力仕様だ。日本仕様の1.5Lよりパワフルだが、大排気量のアメリカンスポーツに比べれば可憐な美少女。それでこの順位は本当に偉大だ。思わず涙を禁じ得ない。

●6位以降の順位はこちら!

6位/ポルシェ911 5108台
7位/スープラ 4548台
8位/BMW8シリーズ 3781台
9位/ポルシェ718 2412台
10位/AMG GT 2329台

 ポルシェ911は価格を考えると6位はさすが。日本勢の2番手はスープラだ。そのほかの国産スポーツはすべてベスト10圏外。レクサスLCが1575台で健闘しているが、GT-Rは99台と低空飛行。日本ではモデル末期需要で盛り上っているが、アメリカでは賞味期限切れか。

 NSXはわずか60台。アメリカ向けに作ったはずが、アメリカでもサッパリ売れていない。同じミドシップの新型コルベットと比べると、その差なんと250倍! あまりの差に、ライバルを名乗るのもおこがましい。文字どおりの「討ち死に」に終わった。無念じゃ。

次ページは : ■アメリカンスポーツ強し! 国産勢も一部が善戦!

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

なんと今年12月発表!! ランドクルーザーFJのすべてがわかる「ベストカー」3月26日号

なんと今年12月発表!! ランドクルーザーFJのすべてがわかる「ベストカー」3月26日号

 春とともに大ニュースが飛び込んできました! ランドクルーザーミニ改め、ランドクルーザーFJの決定的情報を本誌スクープ班が入手。詳細がバッチリ掲載の「ベストカー」3月26日号が発売中!! 走りのSUV特集やトヨタ帝国特集もあります!