【必読】冬のドライブの後始末! 春に向けての重要なクルマメンテナンスとは

【必読】冬のドライブの後始末! 春に向けての重要なクルマメンテナンスとは

 都心では、今年の冬、何度かチラつき、降り積もった雪も溶けて、日に日に暖かさが増してきた。ヒトも衣替えの季節なら、クルマも春に向けてメンテナンスをすべき時期だ。

 夏前、そして、冬から春にかけてのこの時期のメンテナンスは特に大事だ。冬は降雪や寒冷地へのドライブなどによってダメージを受けやすく、放っておくとクルマをドンドン傷めてしまうことになる。

 さて、暖かくなってきた今こそ、冬のドライブの後始末をしようではないか。

文/高根英幸
写真/ベストカーweb編集部、Adobe Stock(トップ画像=mnimage@AdobeStock)

【画像ギャラリー】もうすぐ春ですね。メンテしてみませんか? 冬のドライブをねぎらいつつ愛車にも春の準備を!!(8枚)画像ギャラリー

■下回りの洗車とメンテナンスで冬の疲れをとってあげよう

放っておくとこのようになる。こうなってしまうと自分でなんとかするのは難しくなる(Aleksandr Kondratov@AdobeStock)
放っておくとこのようになる。こうなってしまうと自分でなんとかするのは難しくなる(Aleksandr Kondratov@AdobeStock)

 この時期に下回りのメンテナンスを行なう理由は、主に防錆だ。というのも首都圏でも降雪時には融雪剤を捲くシーンが増えてきた。特に橋や高架などは路面が凍結しやすく、スタッドレスタイヤを履いていても危険だからだ。

 理想をいえば下回りの洗車は、冬が終わる頃だけでなく雪道を走った後、なるべく早急に行いたいものだ。冬が終わったら、キッチリと洗って融雪剤を洗い流してやろう。

 しかも下回りの洗浄は高圧洗浄機を使って細部まで洗浄すればいい、というものではない。足回りにはグリスを塗って慴動部の動きをスムーズにしている部分もある。それらを洗い流してしまうと、走行中にギシギシ、ギィーギィーと異音が発生してしまうこともある。

 そのため下回りをしっかりと洗う際には、高圧洗浄ではなく通常の水道ホースの水圧で十分だ。むしろ水圧よりもしっかりと流水で洗い流すことと、その後のケアのほうが重要なのである。

融雪剤には塩分が含まれるため、車には大敵。下回りを流水でしっかりと洗い流す(kikisora@AdobeStock)
融雪剤には塩分が含まれるため、車には大敵。下回りを流水でしっかりと洗い流す(kikisora@AdobeStock)

 最近は純正マフラーもステンレス製がほとんどだが、アフターマーケットのスポーツマフラーに使われるSS304とは異なり、単価の安いSS430などの素材が用いられている。そのため溶接部分などからサビが発生していることが多い。

 融雪剤の塩分によってさらにサビを進行させてしまうと、マフラーに穴が空いて排気抵抗が増えたり、室内に排気ガスが侵入しやすくなるので避けたいところだ。

 ボルトのネジ山がサビついてしまうと整備性が悪くなってしまうだけでなく、下取り価格にも影響が出ることもある。

 最近中古車では本州仕入れ、関東仕入れなどと表記されているクルマを見かけるのは、地元は降雪地帯で融雪剤を道路に撒くため、下回りがサビてしまっているクルマもあるからだ。そのため購入を検討しているヒトを安心させようという配慮なのである。

次ページは : ■下回りの洗浄後は防錆ケア

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

デリカD:5が遂にフルモデルチェンジ! 快進撃続ける三菱が送り出す、ニューモデルの姿に迫る!【ベストカー7月10日号】

デリカD:5が遂にフルモデルチェンジ! 快進撃続ける三菱が送り出す、ニューモデルの姿に迫る!【ベストカー7月10日号】

三菱デリカにニューモデル、現る!? 未来のための新エンジン。AT対MT対決など、今号もクルマ界の隅々まで網羅します