N-BOX以外でもオススメモデルたくさん!!! 100万円台で探す スーパーハイト軽自働車5選

N-BOX以外でもオススメモデルたくさん!!! 100万円台で探すスーパーハイト軽自働車5選

 200万円を超えるモデルも増えてきた軽自動車。やっぱり新車は200万オーバーじゃないムリ…? と思っている人が多いかもしれない。

 しかーし! 100万円台でオススメできる軽もたくさんある!!! 

 今回は「コスパの鬼」自働車評論家渡辺陽一郎が、大人気・超激戦区のスーパーハイト軽自動車から5台を選出!

※本稿は2022年2月のものです。本企画内の値引き額は遠藤徹氏調べ。値引きはグレード、地域などにより変動しますので目安としてください
文/渡辺陽一郎、写真/ベストカー編集部 ほか
初出:『ベストカー』2022年3月26日号

【画像ギャラリー】選択肢豊富!! 軽販売総数の半数以上を占めるスーパーハイト軽を100万円台で探す!!(19枚)画像ギャラリー

■オススメ1位…ホンダ N-BOX(価格帯:144万8700〜225万2800円/オススメグレード:L[FF]〈157万9600円〉)

2017年デビューとライバルより型は古いが今も大人気。低床設計で室内空間が広く、乗り心地なども上質 ●値引き目標:16万円

 100万円台という価格帯からクルマを選ぶ時、最も選択肢の豊富なカテゴリーが軽自動車だ。特にスライドドアを装着して全高が1700mmを上まわるスーパーハイトワゴンは、軽乗用車の販売総数の50%以上を占める。

 最も推奨できる車種はN-BOXだ。

 軽自動車の最多販売車種で、車内は広く内外装や乗り心地も上質だ。買い得グレードは標準ボディのLで、衝突被害軽減ブレーキ、左側スライドドアの電動機能、後席のロールサンシェードなどを標準装着した。

 価格は160万円以下に収まる。

 推奨車種の2位はタント。

 左側のピラー(柱)はスライドドアに内蔵され、前後のドアを両方ともに開くと、開口幅は1490mmに達する。買い得グレードは標準ボディのXで、実用装備を充実させ、価格は150万円以下に抑えた。

 運転席と助手席の両方に長いスライド機能が備わり、子育て世代のユーザーは、予め助手席を前側に、運転席は後ろ側へ寄せておくと便利だ。

 開口幅のワイドな左側からベビーカーを抱えて乗り込み、広いスペースで子供をチャイルドシートに座らせ、親はそのまま降車せずに運転席まで移動できる。

オススメ3位のスズキ スペーシア(価格帯:139万4800〜200万6400円)。オススメグレードは2018年追加のスペーシアギア ハイブリッドXZターボ[FF]180万2900円。パワーユニットは全車マイルドハイブリッド。●値引き目標:17万円

 3位はスペーシア。

 注目グレードは、SUV風テイストの「ギア」に設定されるハイブリッドXZターボだ。マイルドハイブリッドを備えたターボは、1Lエンジン並みの性能を発揮する。

 外観はSUV風に仕上げられ、ルーフレールやアルミホイールも標準装着した。

 荷室は汚れを落としやすく、価格は180万円少々だ。エアロパーツを装着するスペーシアカスタムXSターボに比べて約8万円安い。

 推奨車種の4位はルークス。

 ハイウェイスターXプロパイロットエディションは装備が充実したグレード。衝突被害軽減ブレーキは2台先を走る車両も検知して、早期に警報を発する。

 運転支援機能のプロパイロット、緊急時にSOSコールを発信できる通信機能も備わる。外装ではエアロパーツなども装着され、価格は184万3600円だ。

 5位はeKクロススペース。

 ルークスの姉妹車だが、フロントマスクは今の三菱車に採用されるダイナミックシールドのデザインだ。

 外観はSUV感覚で内装も上質に仕上げ、Gは実用装備を充実させて177万1000円になる。

【画像ギャラリー】選択肢豊富!! 軽販売総数の半数以上を占めるスーパーハイト軽を100万円台で探す!!(19枚)画像ギャラリー

最新号

ベストカー最新号

新型クラウンの「新着」情報SCOOPに加え、2つの見逃せない大型特集!! ベストカー6月10日号

発売中のベストカー6月10日号は次期型クラウンの「新着」情報SCOOPに加え、2つの大型特集が絶対的に注目です! 「注目車の〇と×」特集なんて、20数台の〇と×をズバリ評価。他誌ではない企画です。BC名物の「乗り心地テスト」企画も復活しています!

カタログ