半年前の常識は今の非常識!!? 変化早すぎ!!! のクルマ話10選

変化が早すぎます……半年前の常識は今の非常識!! クルマ編

 クルマ界には半年前まで常識だと思われていたことが、その半年間で新たな常識にガラッと変わってしまうことが多い。今となっては半年前までのそれは「もう非常識」と言ってしまっていいケースもある。

 クルマについての「半年前の常識→非常識」現象を(一部一年ほど前のネタも含めなながら)ご紹介!

■トピック
・少し前まで「トヨタはEVで出遅れている」という認識&常識でしたよね…?
・ノートオーラ 大ヒット!!!「高価なモノは売れない」常識が覆された!?
・新型Z「ビッグマイナーチェンジなので大したことない」という認識だったような……?
・ここに来て「ブランド力向上」!? マツダに対する常識がまったく変わった!?
・「EVには多段ギアは不要」と言われていたけど、ここのところ…!?
・「後輪モーター駆動の4WDは大したことない」が常識のような感じでしたけど……!?
・アルト、ただの安いクルマという印象が新型で変わった!
・新型アトレーがワゴンなしの4ナンバー車のバンだけに。常識を覆した出来事か?
・半年前までは「日本では公式に中国車は売らない」認識でしたけど……!?
・すみません……(汗)。ヴォクシー、新型にも設定されてました


※本稿は2022年2月のものです。
文/片岡英明、渡辺陽一郎、ベストカー編集部、写真/ベストカー編集部 ほか
初出:『ベストカー』2022年3月26日号

【画像ギャラリー】油断してるとおいてかれちゃうよ!? 「過去の常識・今の非常識」クルマ界10選!!!(10枚)画像ギャラリー

■少し前まで「トヨタはEVで出遅れている」という認識&常識でしたよね…?

この数!「トヨタはEVに消極的」の常識が過去のものに(撮影/三橋仁明/N-RAK PHOTO AGENCY)

■どんな話?…トヨタのこの先の電動化戦略はハイブリッドメインで、EVは消極的と長らく思われ、それが「常識」的感覚だった。が、昨年12月の「EV16台一挙見せ」でその常識が崩れた。

■なぜ「常識」が変わった?

 ハイブリッド車や燃料電池車などを世界で最初に量産化したトヨタは、常日頃からバッテリーEVを含めたマルチソリューション戦略をとっていると述べてきた。だが、この発言が海外のマスコミなどから「トヨタはEVに否定的な自動車メーカーだ」と誤解されちゃったんだね。

 トヨタは常に販売する地域に最適なクルマ、地球に優しいエコなクルマを送り出そうと努めてきた。そして、カーボンニュートラルのなかのEV戦略については多くを語らなかったのが、昨年12月13日までのトヨタ。

 だがその翌日、沈黙を破って社長がEV戦略を発表。EVに否定的という誤解を解くためもあったと思う。

 bZ4Xを皮切りに2030年までに30車種のEVを投入し、販売台数も350万台に引き上げた。マスコミの変な正義感がトヨタを本気にさせちゃった部分もあるね。

(文/片岡英明)

■ノートオーラ 大ヒット!!!「高価なモノは売れない」常識が覆されている!?

高価だがお買い得なノートオーラ

■どんな話?…地域によっては標準ノートよりオーラが売れているという。高いモノは売れない、という認識が変わったの?

なぜ「常識」が変わった?

 ノートXは約219万円だが、プロパイロットのセットとLEDヘッドランプを装着すると、総額が約273万円になる。一方、ノートオーラGは約261万円だが、LEDヘッドランプや各種安全装備を標準装着。

 プロパイロットやBOSEサウンドシステムなどのセットオプションを加えても総額が約301万円。内外装の質感や走行性能の違いも考えると、ノートXに約273万円を払うよりもお買い得。より高額モデルが売れているワケはこれだ。

(文/渡辺陽一郎)

次ページは : ■新型Z「ビッグマイナーチェンジなので大したことない」という認識だったような……?

最新号

ベストカー最新号

新型クラウンの「新着」情報SCOOPに加え、2つの見逃せない大型特集!! ベストカー6月10日号

発売中のベストカー6月10日号は次期型クラウンの「新着」情報SCOOPに加え、2つの大型特集が絶対的に注目です! 「注目車の〇と×」特集なんて、20数台の〇と×をズバリ評価。他誌ではない企画です。BC名物の「乗り心地テスト」企画も復活しています!

カタログ