EVの補助金が5万円アップの最大85万円に! 地方自治体の補助金を入れると日産と三菱の新型軽EVは実質160万円で買える!?  

EVの補助金が5万円アップの最大85万円に! 地方自治体の補助金を入れると日産と三菱の新型軽EVは実質160万円で買える!?  

 2022年3月31日から経産省のCEV補助金の受付けが始まったが、EVは85万円、軽EVも55万円と5万円増額になった。となると俄然、注目されるのは、アライアンス関係にある日産と三菱の両社から2022年度以降に発売予定の軽EVの日産サクラと、三菱軽EVの2台。

 すでに両社からCEV補助金を差し引いた実質的な購入価格は約200万円から、とアナウンスがあった。さらに東京都(軽EV補助金は2021年度は最大60万円)をはじめとする地方自治体でも補助金が支給される。

 政府のCEV補助金と合わせると、軽EVが一気に160万円以下で買える算段。これは、とっても買いやすくなるのではないだろうか。そこで今回は、補助金事情と、日産サクラ、三菱軽EVの概要や販売スケジュールはどうなっているのかを含め、徹底レポートする。

文/柳川洋、写真/日産、三菱、ベストカーweb編集部

【画像ギャラリー】EVヒットの先駆者となるか!? 期待高まる日産・三菱新型軽EVを画像でチェック!!(12枚)画像ギャラリー

■日産・三菱のアライアンスによる新型軽EV登場!

日産自動車と三菱自動車が共同出資している合弁会社「NMKV」が開発を担当した新型軽EVが両ブランドより発売される

 日産と三菱から軽自動車のEVが発売になる。

 去年の8月、アライアンス関係にある日産と三菱の両社から、「軽自動車EVを2022年度初頭に発売、補助金後の実質購入価格は約200万円から」との発表があった。

 日産はリーフ、三菱はi-MiEVでEV生産・販売の先駆者としての実績があり、その両社がタッグを組んで日本での新車販売台数の約4割を占める軽自動車のEVを手に入れやすい価格で販売する、というのは大げさにいうと日本の自動車市場の将来を大きく変えるかもしれない、画期的な出来事だ。

 国からの補助金を考慮すると約200万円から購入可能、ということだが、住む地域によってはさらに自治体からの補助金もあり、普通の軽自動車とさほど変わらない価格で買えるところも出てくる。

 実際にどんなクルマが発売されるのか、気になる価格やスペックなどを調べてみた。

■日産の軽EVは「サクラ」その概要とは

 日産の軽EVは、サクラという名前でデビューするようだ。

 都内某販売店の営業マンの話だと、社内のPCでコンセプトカーではない実車の写真を見てはいるものの、発売時期や価格などはまだディーラーまで降りてきていないとのこと。

 現時点の公式な情報は、バッテリー総量が20kwh、全長3395mm、全幅1475mm、全高1655mm、補助金後の実質価格が約200万円程度ということのみ。

 しかし、別の日産関係者の話では、新型サクラは2022年4月21日に発表、5月13日に発売の予定でスケジュール調整をしているという。

 サクラのサイズは、全長と全幅は日産の軽自動車デイズ・ルークスとまったく同じ、全高はデイズの2WD 1640mm、4WD 1660mmの間に収まり、ルークスの2WD 1780mm、4WD 1800mmより十数センチ低い。

軽自動車とは思えない高級感をただよわせるニッサンIMk、「軽でもEVを」と考える消費者にはピッタリかもしれない

 車両総重量はデイズの1060〜1160kg、ルークスの1160〜1270kgからややプラスの1300kg程度になるものと思われる。

 ルークスは、その安定感の高い走行性能も評価され2020-2021日本カー・オブ・ザ・イヤーの「K CARオブ・ザ・イヤー」を受賞している。

 デイズ・ルークスとプラットフォームを共有していると考えられるサクラも、やや重くはなるものの、重量物であるバッテリーが床下に配置され重心が下がること、電動車特有の低速域の力強いトルクの立ち上がりから、キビキビした走りを期待していいはずだ。

 サクラの一充電あたりの航続可能距離は170kmといわれており、兄弟車であるeKクロスEVの180kmよりもやや短くなるようだ。

 また記者発表では、プロパイロットのような運転支援システムをはじめとする様々な先進技術が搭載すると明記されていた。

「お客さまの実質購入価格は約200万円からとなる見込み」とは、国の補助金後の価格。詳細は後ほど述べるが、これに加え、地方自治体からの補助金が数十万円受け取れる地域もある。

次ページは : ■三菱のeKクロスEVはどうなる?

最新号

ベストカー最新号

新型クラウンの「新着」情報SCOOPに加え、2つの見逃せない大型特集!! ベストカー6月10日号

発売中のベストカー6月10日号は次期型クラウンの「新着」情報SCOOPに加え、2つの大型特集が絶対的に注目です! 「注目車の〇と×」特集なんて、20数台の〇と×をズバリ評価。他誌ではない企画です。BC名物の「乗り心地テスト」企画も復活しています!

カタログ