スバルレガシィツーリングワゴンはなぜ「神話」を築けたのか


 1990年代、「ワゴンといえばレガシィ」という時代が長く続いた。スバルの中心的車種として同メーカーのイメージリーダーとなり、市場を牽引。トヨタ、日産、ホンダらが続々とライバル車を開発し投入したが、レガシィはそのすべてを返り討ちにした。その姿は「レガシィ神話」と呼ばれ、多くの若者が憧れた。

 なぜレガシィは、それほどの実力を持つことができたのか? (当時それほど開発費が潤沢だったとは思えない)スバルはどんな魔法を使ったのか? 以下、90年代のスポーツモデルに詳しい自動車ジャーナリストの片岡英明氏に、当時の状況を交えて考察してもらった。

文:片岡英明 写真:SUBARU


■スバル1000、レオーネから連なる系譜

 スバルは1966年春に発売したスバル1000のときから低重心の水平対向エンジンにこだわり、これを自らのコアテクノロジーと位置づけた。

 このスバル1000に続くレオーネでは、時代に先駆けて4輪駆動のシンメトリカルAWD(4WD)を採用し、乗用4WDの扉を開くとともに、安全かつ楽しい走りを実現している。

 そして1980年代になると、いち早くマルチパーパスのツーリングワゴンを送り出し、ターボ搭載のスポーツワゴンの世界も切り開いた。

 レオーネツーリングワゴンはパートタイム4WDでスタートし、1986年にはフルタイム4WDを送り込んだ。また、4WDシステムもクルマの特性に合わせて種類を増やしていく。

スバル・レオーネは初代が1971年10月発売。当初はクーペのみの設定だったが、72年4月にはセダンと商用バンを発売。同年8月、バンに「世界初のクロカンタイプではない4WD」を設定。79年に2代目へとフルモデルチェンジし、81年に「ツーリングワゴン」が設定された

 メカニズムの優秀性は折り紙付きだった。

 が、レオーネは一部のスバリストには愛されたものの、他メーカーのクルマに乗るユーザーはそれを冷ややかに見ており、なかなか乗り換え需要にはつながらないない。当然、販売面では伸び悩んだ。

 何とかしないと、と意気込むエンジニアが多かったが、社内には改革を嫌う保守勢力も多かった。だからレオーネ頼みの時代が長く続くことになった。

■入念に準備し、世界基準の開発体制を整えた

 フルタイム4WDが全盛になるのを予見したエンジニアは、スバルの未来をかけて新世代の4ドアセダンとステーションワゴンの開発を開始した。

 車名は「レガシィ」。

 構想と先行開発はレオーネにツーリングワゴンを送り出した直後(1981年頃)から行っていたが、1985年夏にはプロジェクトが社運をかけたものになるのである。

 その証拠に、計画された新型車はエンジンからシャシーまで、すべてを新設計としたのだ。

初代レガシィツーリングワゴン。1989年1月23日発表、2月1日発売

 開発の中心エンジニアは、スバル1000に憧れて入社した若い人たちである。彼らは商品としての魅力に加え、走りの質感もレオーネとは次元が違う上のレベルを狙った。

 ミドルクラスだが、小型車枠の5ナンバー最強、4気筒エンジンの最高峰をめざすとともに、世界基準で開発に取り組んだのである。

 だからスバルとしては初めて、セダンとツーリングワゴンを同時に開発した。また、最終プロトタイプは発売直前にアメリカのアリゾナにある高速周回路へと持ち込まれ、ここで10万km連続走行の世界速度記録に挑んだ。

 その結果、10万km、5万マイルの世界記録を樹立し、11の国際記録を打ち立てた。基本性能は群を抜いて高かったのである。

正式発表に先立つ89年1月23日、レガシィRS(セダン)は10万km耐久走行における走行平均速度223.345km/hという国際記録(当時)を樹立した。デビュー日程を考えるとギリギリのテストで、よくぞプロモーションに利用できたと思う

 初代レガシィがベールを脱ぐのは、年号が平成に変わった1989年1月だ。「LEGACY」は英語で「大いなる伝承物」という意味であり、スバルの集大成であることを物語っている。

 群を抜く高性能と高い信頼性が自慢だった。

 エクステリアは、今までのスバル車にはない伸びやかなフォルムだ。ウエッジシェイプを基調としたダイナミックなデザインで、キャビンもルーミーで明るい。ドアはレオーネからサッシュレスドアを受け継いでいる。イタリアの鬼才、ジウジアーロがデザインに関わったといわれている。

次ページは : ■名機「EJ」エンジンと「RS」グレードの設定

最新号

ベストカー最新号

ロータリースポーツ復活説急浮上!! 特集「時空を超えた対決」|ベストカー 8月10日号

本日、ベストカー8月10日号が発売!! 日本車スクープ 大追跡スペシャル、新旧スポーツモデルの魅力にせまる企画、世界クルマ五輪など盛りだくさんの内容でお届け。

カタログ