いよいよ電動キックボードが日本でも解禁へ! 施行までに抱える問題点を探る


 電動キックボードが日本でも解禁される日が近づいてきている。今年4月19日、道路交通法の改正案が可決されたことで、電動キックボードなどの電動小型モビリティが、運転免許やヘルメットが必要とされない「特定小型原動機付自転車」に含まれることになったためだ。

 そもそも電動キックボードは「原動機付自転車」として、いわゆる原付スクーターと同じ扱いとされていたのだが、今回の改正道交法により、電動キックボードは新設の「特定小型原付」という車両区分に分類され、最高速度は20km/hまでで、運転免許は不要とされる。

 年齢制限は16歳以上で、ヘルメット着用は努力義務とされているのだが、安全面はどのような感じなのかがクルマやバイクのユーザーにとっても気になるところだ。そこで、自身も電動キックボードを所有する国沢光宏氏に電動キックボードの抱える問題について詳細を検証してもらった。

文/国沢光宏写真/国沢光宏、AdobeStock(トビラ写真:tsubasa-mfg@AdobeStock)

【画像ギャラリー】電動キックボードが解禁されると何が問題になってくるのか? 安全面の担保は? 走行性能は? 取り締まりと事故の可能性はどうか?(9枚)画像ギャラリー

■免許は必要なく、施行までは1年かからない?

免許もヘルメット装着義務もない電動キックボードが日本でもいよいよ解禁される日が近づいてきているのだが……(maroke@AdobeStock)

 我が国でも電動キックボードの規制緩和が始まる。日本の場合、16歳以上という年齢縛りこそあるものの、免許は不要。ヘルメット着装は「推奨」という欧米並みの「緩さ」になりそう。すでに衆院を賛成多数で通過しており、参院も大きな問題なく通過しそうな雰囲気である。決まれば2年以内の施行という決まりながら、今までの流れを考えたら遅くて1年。年内の可能性あります。

 電動キックボードの規制緩和については多くの識者が反対論を展開している。私も基本的に反対だ。なぜか? あんな乗り物が車道に出てくれば大混乱必至だし、歩道を走られたら高齢者や幼児にとってリスクでしかない。交通事故死者も確実に増えるだろう。

 以下、電動キックボードについてQ&A方式でさまざまな方向から切り込んでみたいと思う。ちなみに私は電動キックボードを持ってます。

■交通違反をどのように取り締まる?

電動キックボードが解禁されれば人との接触事故なども充分想定できるだけに、解決すべき問題点を洗い出しておく必要がある(viaduct_k@AdobeStock)

Q:免許は?
A:最高速20km/hまでの電動キックボードは16歳以上であれば不要。自転車だって最高速20km/h以上出ることを考えれば免許不要で問題ないと考える。とはいえ、20km/h以上出るかどうかの判断をどうやってするのかは不明。電動キックボードの最高速はプログラムでいくらでも変えられます。警察がネズミ取りを頻繁に行わないかぎり、最高速を守らせることなどできないだろう。

Q:違反行為はどうする?
A:ここが一番大きな問題になってくると思う。警察は「ほぼ」取り締まっていない自転車と同じような状況になったら、もはや街中がカオスになってしまう。クルマの違反についちゃ軽微であっても容易にキップを切るけれど(ゴールド免許の人の少なさが警察の厳しさを物語っている)、自転車の違反は大半が見逃されてしまっている。

Q:なぜ自転車の違反は見逃されるのか?
A:免許取得者に対しては「反則金制度」という非常に簡易な罰則制度が導入されており、ひとりの警察官の判断で違反とされ、キップ切られた人は素直にサインして認める。これで終了。自転車の違反は1件ごとに検察へ書類送検しなければならず、膨大な手間がかかる。そのわりに罪は軽く、警察も「見ざる」を決め込む。

Q:電動キックボードもそうなる?
A:免許不要ということは自転車の違反と同じ扱いにせざるを得まい。自転車と電動キックボードにも反則金制度を導入すれば交通違反は激減すると思うけれど、それには一定期間の準備が必要。規制緩和後はしばらく電動キックボードによる事故で、病院が忙しくなると懸念している。

次ページは : ■電動キックボードは交通の道具ではないことを認識する必要あり

最新号

ベストカー最新号

新型クラウンの「新着」情報SCOOPに加え、2つの見逃せない大型特集!! ベストカー6月10日号

発売中のベストカー6月10日号は次期型クラウンの「新着」情報SCOOPに加え、2つの大型特集が絶対的に注目です! 「注目車の〇と×」特集なんて、20数台の〇と×をズバリ評価。他誌ではない企画です。BC名物の「乗り心地テスト」企画も復活しています!

カタログ