知れば知るほど謎だらけ!? EV界の「黒船」 テスラ大研究

知れば知るほど謎だらけ!? EV界の「黒船」 テスラ大研究

 新興メーカーながらあっという間にブランドイメージを確立し、昨年(2021年)のEVの販売では世界一に君臨したテスラ(なお今年1〜6月期の世界のEV販売台数では、中国BYDがテスラを抜き首位に立った)。既存のクルマ作りにとらわれない斬新なデザインと販売方法で、自動車業界で存在感を増し続けている「テスラ」を大研究! 国内のテスラ車中古車事情もご紹介!

●2022年 テスラ関連ニュース
・米フォーブス誌が発表した2022年世界長者番付で推定資産2190億ドル(約27兆円)のマスク氏が初の世界一に
・テスラの2021年EVの世界販売は前年の約1.8倍となる93万6172台で世界一
・EVバッテリー用リチウムをタロン・メタルズから供給を受けるという新たな契約を締結
・オートバックスがテスラと車検・点検関連の純正部品供給に関する契約を締結
・2022年4月、米ツイッター社がマスク氏による約440億ドル(約6兆円)での買収に合意。が7月8日に撤回。米ツイッター社がマスク氏を提訴する事態に発展。10月に審理入りの予定


※本稿は2022年4月のものです。
文/鈴木直也、萩原文博、ベストカー編集部、写真/TESLA
初出:『ベストカー』2022年5月26日号

【画像ギャラリー】1台どーですか? 日本で買えるテスラ車&日本未発売のテスラ車をギャラリーでチェック!(18枚)画像ギャラリー

■イーロン・マスクとはいったい何者なのか?

テスラ社CEOのイーロン・マスク。最近ではいきなりツイッター社の買収に乗り出したり、いきなり取りやめたり、それでツイッター社に訴えられたりと、話題に事欠かない印象が強い

 起業した会社を売却して得た資金で、イーロン・マスクが初めて本格的な事業会社を立ち上げたのは「スペースX」。

 現在はテスラが巨大化しちゃったからクルマ屋さんのように思われているが、実はイーロン・マスクはもともとロケット屋さんだったのだ。

 テスラとの関わりは、最初は出資者として参加した後、経営を立て直すために2005年にCEOを引き受けたのがいきさつだ。

 そこからのテスラの成長物語はよく知られているところだが、初期の頃のイーロン・マスクは、とにかくお金集めで天才的な才能を発揮した。

 シリコンバレーの錚々たる人脈をはじめ、ベンチャーキャピタルなどからも広く資金を集め、2シータースポーツカーの“ロードスター”しか売り物がないテスラをまともな自動車メーカーに育て上げるのに心血を注いでいる。

 集めた資金によって、トヨタからカリフォルニアの工場を買収したり、パナソニックと提携して独自の電池を生産させたり、後のテスラの基礎部分が完成。

 2012年発売のモデルSが大ヒットして以後は、スティーブ・ジョブズ亡き後のスター起業家として世界的な存在だ。

■テスラの時価総額が驚異的なのはなぜ?

 株式の時価総額は、その時点での株価×発行株数で算出。この数字を「その会社を買う時に必要な金額」と説明する人がいるが、それは間違い。

 現在のテスラの時価総額は約100兆円だが、あくまでもそれは机上の数字。

 イーロン・マスクがテスラの株を売りに出せば、株価が下がって時価総額も減少するし、逆に買いたい人が増えれば株価が上がって時価総額も上がる。

 株価は期待値で決まると言われているけど、時価総額は期待値の合計と見るべき。

■テスラが短期間に認知された理由は?

テスラ初の市販車はロードスターで2008年から販売開始

 2000年代、バッテリーのコストが高かったこともあって、「EVはシティコミュータから普及が始まる」という予想が多かった。

 実際、初の量産EVの三菱 i-MiEVをはじめ、トヨタはiQ、ベンツはスマートをEV化。その延長に日産のリーフがあったわけだ。

 ところが、イーロン・マスクは、最初にEVをビジネスとして軌道に乗せるには富裕層向けのプレミアムカーのほうが有望と見た。それがつまりモデルSだったわけだ。

 クルマとして先進的で出来がよかったのはもちろん、マーケティングセンスも抜群だったということじゃないかな。

次ページは : ■日本で約1万1000台強の販売は凄い?

最新号

ベストカー最新号

ジムニーシエラ5ドアの詳報来たる!! 注目モデルも試乗ラッシュ! ベストカー8月26日号

発売中の「ベストカー」8月26日号は注目の新車特集号! 公開されたばかりの新型クラウンクロスオーバー、雑誌ならではの切り口で魅力を探ります。さらに、新型フェアレディZと新型エクストレイルの試乗記。新型シビックタイプR、新型ムーヴキャンバスの紹介もあります!

カタログ