インドネシアの新型ヴェゼルに1.5Lターボ車設定! 日本仕様と差別化するのはなんでだよー!!

インドネシアの新型ヴェゼルに1.5Lターボ車設定! 日本仕様と差別化するのはなんでだよー!!

 新型ヴェゼルは日本では1.5Lハイブリッドと1.5L NAの純ガソリン仕様の2種だが、インドネシアでは1.5L ターボと1.5L NA仕様の2種となっているようだ。

 1.5L ターボといえば先代ヴェゼルの日本仕様にも搭載されていた。走りに振った選択肢として魅力的だったと思う。今回、なぜ日本仕様から省いてしまったのだろうか。理由を考察してみた。

文/渡辺陽一郎
写真/ホンダ、ベストカーWeb編集部

【画像ギャラリー】新型ヴェゼルの魅力を画像で再チェック!(13枚)画像ギャラリー

■伸びるヴェゼル日本仕様の納期

 最近はクルマの納期が全般的に延びている。その典型がSUVのヴェゼルだ。ランドクルーザーのようなLサイズの高価格車ではなく、全長が4400mm以下に収まるコンパクトSUVなのに納期は長い。販売店では以下のように説明した。

「ヴェゼルの納期は、売れ筋グレードのe:HEV・Zでも約1年を要する。パノラマルーフ(ガラスサンルーフ)などを標準装着したe:HEV・PLaYは、さらに延びる傾向にあるため、今は受注を中断している。ヴェゼルはハイブリッドのe:HEVでも、価格は300万円前後に収まり、大量に売る必要のある主力車種だから、納期が延びるのは困る」。

写真はヴェゼルのe:HEV・PLaY。現在納期が伸びすぎて受注中断という憂き目に……
写真はヴェゼルのe:HEV・PLaY。現在納期が伸びすぎて受注中断という憂き目に……

 納期の遅延について、開発者にも尋ねると、以下のように返答された。

「新型コロナウイルスの影響で、さまざまなパーツやユニットの供給が滞っている。なおかつe:HEV・PLaYを筆頭に、ヴェゼルは受注台数が予想以上に多い。そのために納期が遅れている」。

 つまり、メーカーがヴェゼルの需要を読み間違えて、新型コロナウイルスの影響も加わったから、納期が約1年まで延びた。

■人気なのに納期遅延で数が出ない

 ヴェゼルの発売は2021年だから設計は新しいが、今の登録台数は、納期遅延によって2016年に発売されたフリードよりも少ない。人気車だから、売れゆきが伸び悩むと、ホンダの国内販売全体に影響を与えてしまう。2022年1~3月のホンダの国内販売状況を見ると、全体の55%をN-BOXをはじめとする軽自動車が占めた。

 ちなみに現行ヴェゼルは内外装の質が先代型以上に高く、インパネの周辺などは、売れ筋価格帯が350万~450万円のCR-Vよりも立派に見える。燃料タンクを前席の下に搭載する方式で空間効率も優れ、身長170cmの大人4名が乗車した時、後席に座る乗員の膝先には握りコブシふたつ半の余裕がある。後席の広さも、ボディの大きなCR-Vと同等だ。

 しかも後席はコンパクトに畳めて、ボックス状の大容量の荷室に変更できるから、ファミリーカーとしても使いやすい。このように、ヴェゼルは運転のしやすいボディに広い居住空間と荷室を備え、内外装の作りもていねいだから、一躍人気車種になった。その納期が遅れているのだから困るわけだ。

次ページは : ■海外仕様のヴェゼルに対して日本仕様が差別化される理由

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

なんと今年12月発表!! ランドクルーザーFJのすべてがわかる「ベストカー」3月26日号

なんと今年12月発表!! ランドクルーザーFJのすべてがわかる「ベストカー」3月26日号

 春とともに大ニュースが飛び込んできました! ランドクルーザーミニ改め、ランドクルーザーFJの決定的情報を本誌スクープ班が入手。詳細がバッチリ掲載の「ベストカー」3月26日号が発売中!! 走りのSUV特集やトヨタ帝国特集もあります!