日産のSUVならキックスよりこっち!? ジュークを日本導入すべき理由

やっぱり日産のSUVならキックスよりこっちだ! 日産がジュークを導入すべき理由

 日産自動車の欧州部門はこのほど、「ジューク」をベースした1台かぎりのラリー仕様車、ジューク・ハイブリッド・ラリー・トリビュートを発表した。

 同車は2021年6月、ダットサン240Zのアフリカ・サファリラリー優勝50周年を祝してレンダリングイメージが公開されていた。それが好評だったことから、今夏のジュークハイブリッドの欧州発売に合わせ、1台かぎりで実車化されることになったのだ。

 ところが、この新型ジュークは日本導入のアナウンスがない。日本市場にも、現在欧州専売車となっているジュークを入れないのだろうか?

 日産のコンパクトSUVといえばキックスがあるものの、筆者としてはキャラクターが異なり、棲み分けができているように見えるという。そこで今回、日本市場導入への熱いラブコールを送ってもらった!

文/清水草一
写真/日産ヨーロッパ

【画像ギャラリー】新型ジュークとハイブリッド・ラリー・トリビュートを画像で徹底チェック!(21枚)画像ギャラリー

■Eテックハイブリッドを搭載する新型ジューク

『ジューク・ハイブリッド・ラリー・トリビュート』については、個人的には特にグッと来るものは感じない。新型フェアレディZがベースならともかく、かつての240Zとは似ても似つかない新型ジュークをラリー仕様に仕立て、しかも1台かぎりというのだから、あまりにもイメージも存在も遠すぎて、ピンとこない。

写真はジューク・ハイブリッド・ラリー・トリビュートとダットサン240Zラリー。SUVではあるが、ジュークは運動性能の高さを重点的にアピールしているようだ

 しかし、新型ジュークについては、大いに気になっている。理由はただひとつ。新しいハイブリッドシステムを積んでいることだ。

 新型ジュークに積まれたのは、日産得意のe-POWERではなく、ルノーと日産が共同で開発した「Eテックハイブリッド」。名前は似ているが、中身はまるで違う。

 e-POWERはエンジンを発電専用とし、その電気を使ってモーターで走るシリーズハイブリッド。走行に関してはEVそのものなので、EVのような加速や強力な回生ブレーキが刺激的で、国内では非常に好評だ。

 燃費ではパラレルハイブリッドのTHS(トヨタハイブリッドシステム)にかなわないが、走りの楽しさで上回ることで、ハイブリッド王国トヨタの牙城を切り崩すことに成功した。

■高速交通環境下に向いたハイブリッド

 日本国内で乗っているかぎり、e-POWERに不満を感じることはまずない。高速巡行ではパワーも燃費も不利にはなるが、THSだって高速巡行はあまり得意とは言えない。低中速域での走りの面白さに徹したe-POWERは、しっかり一芸に秀でている。

だいたい日本では、高速道路の制限速度は70km/h(2車線対面通行区間)から100km/hで、それを超える区間は新東名の一部区間などわずかしかない。100km/hくらいまでなら、e-POWERの不利はほとんど問題にならず、むしろ一般道で力強いワンペダルドライブが楽しめるので、商品力は充分高い。

 しかし、欧州ではそうはいかないという。欧州の高速道路は、フランス、イタリアなど主要国の多くが制限速度130km/h。ドイツのアウトバーンは総延長の約半分が速度無制限だ。一般道でも、制限速度100km/hという区間はかなり多い。

 そんな高速交通環境下では、現在のe-POWERでは競争力がないと判断され、その部分をカバーすべく、ルノーは「Eテックハイブリッド」の開発を決定。アルカナやクリオに搭載して発売した。

 一方、日産は新型キャシュカイ/エクストレイルに、パワーアップしたe-POWERターボを採用。欧州では従来型e-POWERは販売せず、ジュークにはEテックを搭載することになった。

次ページは : ■ドッグクラッチの量産車採用!