新型フェアレディZを買いに行ってきた! すでに2022年モデルは完売!? 納期は? 人気のグレードは?

新型フェアレディZを買いに行ってきた! すでに2022年モデルは完売!? 納期は? 人気のグレードは?

 それは不死鳥
 何度倒れても必ず蘇り
 新たな境地へと途を切り拓いていく
 その名はフェアレディZ

 これは新型フェアレディZの公式ホームページに書かれたコピーである。Zの歴史を知る50代(?)以上のおじさんたちの胸にじ~んとササるのではないだろうか。

 さて、この新型Zの販売は今どうなっているのだろうか? 4月25日に価格とグレードが発表され。4月18日に抽選発表が行われた240台限定の特別仕様車「Proto Spec」もそろそろ納車されたのではないかといわれている。

 新型Zのカタログモデルは当初6月下旬を予定していたが、昨今の部品供給の遅れもあり、今夏に変更されているが、このカタログモデルの2022年モデルもすでに完売という情報が入ってきている。

 どの情報が本当なのか? 今新型Zを予約すると納期はいつになるのか、ディーラーに見積もりをもらいに行ってきた。

文/柳川洋
写真/日産、ベストカーweb、柳川洋

【画像ギャラリー】走っている姿を見かけることができるのはいつになるのか? 「幸せの不死鳥」新型フェアレディZ(26枚)画像ギャラリー

■納期は最速でも今年11月から12月程度、今オーダー入れても2023年モデルの可能性大

早くも2022年モデルは完売だという

 世間ではボーナスが出て、新車の商談も盛りあがっているタイミングで、都心の日産ディーラーにおもむき、新型フェアレディZの見積もりをもらってきた。

 ショールームの中に入ると、商談用のテーブルに通され、製本された立派なカタログが、価格表と一緒に出てきた。そして営業マンからの挨拶が終わるとすぐに、「おことわり」が。

とても立派なカタログで、ディーラーに行ってこういうカタログをもらえて嬉しくて仕方なかった子供の頃を思い出した

 「こちらお渡しした価格表は2022年モデルのものです。今オーダーを仮にいただいたとしても、2022年モデルをご納車することが難しいかもしれません。その場合は、予約自体は有効なのですが、価格は2023年モデルのものになってしまいます。

 どれくらい値段が変わるかは現時点ではまだわかりませんが、それをご理解いただいたうえでオーダーを入れます、という誓約書のようなものを大変恐縮ながら頂戴しております」とのこと。噂どおり、2022年モデルは既に完売しているということのようだ。

 「では今オーダーを入れたら納期はいつごろになるのですか?」と聞くと、答えるのがとても難しい、とのこと。やはり納期が後ズレして顧客を失望させたり、トラブルになるリスクを避けるために、目安であっても伝えないようにしているようだ。

 「3月末に注文を締め切った、240台限定のプロトスペックはいつ納車になるんですか? 6月後半にも販売だと聞いていたのですが」と質問を変えてみたところ、「プロトスペックの納車も、ざっくり11月から12月ごろになる模様です」、と言われた。

 新型フェアレディZの実車が街を走っているのを見られるのは、どうやら半年近く先になる模様だ。

■一番人気のグレードは最上級グレード バージョンSTの6速MT

イカズチイエローは目立ちすぎて他の色に比べるとやや人気が低いという

 新型フェアレディZのグレード構成を復習しておく。エンジンは各グレード共通、V型6気筒3LツインターボエンジンのVR30DDTTで、最高出力は405ps、最大トルクは48.4kgmだ。

 いわゆる「素」のグレードは、AT/MTとも車両本体価格524万1500円。18インチアルミホイールでシートの素材がファブリック、電動シートは装備されない。ドアトリムはトリコット。

 それに次ぐグレードがバージョンT、ATのみの設定で車両本体価格568万7000円。シートは本革・スエード調ファブリックコンビシートとなり、BOSEサウンドシステムが装着される。アルミホイールは18インチだ。ドアトリムはスエード。

 そして次がバージョンS、MTのみの設定で車両本体価格606万3200円。アルミホイールは19インチ、4輪アルミキャリパー対抗ピストンブレーキと機械式LSDがおごられ、BOSEサウンドシステムは装着されない。シートはファブリック、ドアトリムはトリコット。

 ATのバージョンTはラグジュアリー志向、MTのバージョンSはスポーティ志向、という棲み分けになっている。

 最上級グレードはバージョンST。AT/MTともに車両本体価格646万2500円。バージョンTとバージョンSのいいとこ取り、いわゆるフル装備、というものだ。

 営業マンに一番人気のグレードを聞いたら、「バージョンSTのMTです」と即答された。オーダー全体の7、8割がたがバージョンSTで、次いでATのみ設定のバージョンT、その次がベースグレードだそうだ。

 ちなみに全体でみたAT/MT比率は、全国のオーダーを見たわけではないが体感的にざっくり3対7でMTが多いイメージとのこと。

 納車に時間がかかるのは、機能部品の生産が滞っているためで、特定のグレードだけ納車が早い、ということはないそうだ。

 「外装色はセイランブルー(ダークブルーメタリック)が気に入っているんですが、一番人気はどの色ですか?」と聞いたところ、「なんとも言えないところではありますが、イカズチイエローはやや目立ちすぎで、他と比べると人気が低いですね。

 やはり購入者は50代中心で、年齢層がやや上の方が多いせいだと思います。また最近ステルスグレーがさまざまなクルマで人気が高まっていて、Zも同様です。セイランブルーも人気があります」とのことだった。

 その営業マンが最初に取ったオーダーが、50代前半の男性からのバージョンSTのMT、外装色はバーガンディーだという。

 かつての240ZGのグランプリマルーンを彷彿とさせる、その名の通り熟成が進んだ赤ワインのような、茶色に近い緋色だ。まさにその色の240Zをレストアすることを1年ほど前に真剣に検討した筆者は、「よくわかっていらっしゃる」とつい言いそうになった。

バーガンディーのボディカラー
カタログの中の歴代モデルと最新モデルを並べた写真、これを見てディーラーにカタログもらいに行きたくなるオールドファンも必ずいると思う

次ページは : ■一番人気の最上級グレード、バージョンSTとAT専用バージョンTの見積もりはこちら!

最新号

ベストカー最新号

新型セレナ、GT-Rなど! 正常進化する注目車、大々的スクープ!! ベストカー10月26日号

正常進化する注目車、大々的なスクープ特集を目玉に、ベストカー10月26日号は濃い内容となっています。そのスクープは新型セレナをはじめとする日産の5モデルの情報。すでに注目されているホンダZR-Vやスバルクロストレックの新車情報も濃いです! さらに「車格のわりに安いクルマ」特集も読みごたえアリです。

カタログ