ガソリン代も電気代も急上昇! 本当にオトクなのはEVかハイブリッドか?

ガソリン代も電気代も急上昇! 本当にオトクなのはEVかハイブリッドか?

 ウクライナ侵攻や、新型コロナウイルスの影響などにより、エネルギーの価格が高騰し、ガソリンの価格が大きく上がって政府が石油元売り各社に補助金を出す事態になりました。

 また、同様に電気料金も上昇しています。加えて6月には猛暑により電力需給がひっ迫し、停電のリスクが高まったことから、政府は7年ぶりに東京電力管内に「電力需給ひっ迫注意報」を発令し、節電を呼びかけました。

 それを受け、テスラのクルマのスクリーンには、ピークタイムでの充電を控えるようお願いするメッセージが表示されたりもしました。

 こういったニュースを見聞きすると、「電気自動車って本当にエコなんだっけ?」と疑問になるのも無理はありません。「エコ」は環境にやさしいという「エコロジー」のエコだけでなく、経済的という「エコノミー」のエコでもあります。

 そこで、EVの電費とガソリン車、ディーゼル車、ハイブリッド車、PHEV車の燃費を比較して、本当にEVは経済的なのか検討してみました。

文/柳川洋
写真/ベストカーWeb編集部、トヨタ、日産、マツダ、テスラ

【画像ギャラリー】ガソリン代に続いて電気代も爆上がり!! EVは本当に経済的なのか!?(6枚)画像ギャラリー

■電気代はこの1年半で4割もしくはそれ以上値上がりしている

電気代はこの1年半で4割以上値上がりしている。EVやHVは本当にお得なのだろうか?
電気代はこの1年半で4割以上値上がりしている。EVやHVは本当にお得なのだろうか?

「電気代が上がっている」とは言われているものの、どれくらい上がっているのかはっきりわかる人はそれほどいないと思いますので、東京電力ホールディングスの「平均モデルの電気料金」から、標準的な家庭の電気料金を調べてみました。

 グラフでお分かりのとおり、過去5年で標準的な家庭の電気代が一番安かったのは、2021年1月の6317円。それに比べて2022年8月には9118円と、約2800円、+44.3%とかなりの値上がりとなっています。

8月の電気料金は3、4、5月のエネルギー価格をもとに算出されるため、電力消費量が毎月一定という仮定を置けば計算可能、ただし夏は当然電力消費量は増える(出典:東京電力ホールディングスHP「平均モデルの電気料金」より筆者作成)
8月の電気料金は3、4、5月のエネルギー価格をもとに算出されるため、電力消費量が毎月一定という仮定を置けば計算可能、ただし夏は当然電力消費量は増える(出典:東京電力ホールディングスHP「平均モデルの電気料金」より筆者作成)

 ただし、東電の「平均モデル」では毎月の使用電力量が260kwhで一年中一定であると仮定しています。ですが、春夏秋冬とわず電力消費量が一緒ということはあり得ず、8月の消費電力は年間平均の2割増しと言われているので、実際にはこの夏の電気代の負担はより大きくなっていると考えて差し支えないでしょう。

次ページは : ■ガソリン代は本来なら200円超えだが補助金で2割引、170円近辺で安定推移

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

デリカD:5が遂にフルモデルチェンジ! 快進撃続ける三菱が送り出す、ニューモデルの姿に迫る!【ベストカー7月10日号】

デリカD:5が遂にフルモデルチェンジ! 快進撃続ける三菱が送り出す、ニューモデルの姿に迫る!【ベストカー7月10日号】

三菱デリカにニューモデル、現る!? 未来のための新エンジン。AT対MT対決など、今号もクルマ界の隅々まで網羅します