ガソリン代も電気代も急上昇! 本当にオトクなのはEVかハイブリッドか?

■EVのランニングコストはしばらく上昇する可能性が高く、優位性が徐々に失われる

 9月の電気代は、今年の4〜6月の原油・LNG・石炭の価格で決まるため、東京電力の平均モデルの場合、1kwhあたりの価格は8月の約35円から9月には約36.4円に、つまり1.4円、約4.3%値上がりすることはすでに決まっています。

 以下のグラフのように、10月の電気料金に影響を与えるドバイ原油価格の5月から7月までの3カ月の平均価格は14,314円と、4月から6月までの3カ月の平均価格13,960円から2.5%ほど上昇しているので、10月も電気料金が値上がりする可能性は高いでしょう。

3カ月遅れで決まる電気料金は10月まで値上がりする可能性が極めて高い。(出典:各種公表資料より筆者作成、ドバイ原油〈プラッツ〉先物第一限月にドル円為替レートをかけて円建月間平均価格を算出)
3カ月遅れで決まる電気料金は10月まで値上がりする可能性が極めて高い。(出典:各種公表資料より筆者作成、ドバイ原油〈プラッツ〉先物第一限月にドル円為替レートをかけて円建月間平均価格を算出)

 アメリカの景気後退懸念により、ドル建てのエネルギー価格の上昇と円安が一服したことで、円建てのエネルギー価格は下がる方向にありますが、3カ月遅れの円建て価格を参照して決まる電気代はしばらく上昇が続きそうです。

 また、北半球が冬に入ると、ロシアからの天然ガス輸出が止まる影響で、欧州を震源地として世界的なエネルギーの需給がさらにひっ迫する可能性もあります。

 EVの購入を検討するにあたっては、「車両本体価格の高さをランニングコストの安さで取り戻す」ことが以前よりも難しくなってきていることを頭に入れておく必要がありそうです。

【画像ギャラリー】ガソリン代に続いて電気代も爆上がり!! EVは本当に経済的なのか!?(6枚)画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

新型MR2の確定情報、入電! ポルシェ911ダカール、クラウン”ランドスケープ”など激アツ車種勢ぞろい【ベストカー8月10日号】

新型MR2の確定情報、入電! ポルシェ911ダカール、クラウン”ランドスケープ”など激アツ車種勢ぞろい【ベストカー8月10日号】

SCOOP班も驚き! MR2とセリカに新情報が続々! SUV選びに悩む人もこの一冊を読めばすべて解決!? 酷暑を吹っ飛ばすほどのニューカー情報盛りだくさんです!