古い輸入車に乗るユーザーにとって、どこからが故障でどこからが故障ではないのか?

古い輸入車に乗るユーザーにとって、どこからが故障でどこからが故障ではないのか?

 国産車ユーザーと輸入車ユーザーが交わす、こんな会話を聞いたことはないだろうか?「古い輸入車ってすぐに故障しない?」「いやいや、そうでもないよ。そりゃ先入観だよ」……

 どちらが正しいのは真相は謎のまま……と思いきや、実はこの両者の間では「故障」の定義が異なっていたのだ!

文/伊達軍曹、写真/ベストカーWEB編集部、AdobeStock(トップ画像=dusanpetkovic1@AdobeStock)

【画像ギャラリー】「特に故障で困ったことはないです」(輸入車ユーザー・談)輸入車好き筆者の華麗なる愛車遍歴(6枚)画像ギャラリー

■「故障」の定義で国産車ユーザーと輸入車ユーザーには乖離あり?

国産車ユーザーと輸入車ユーザーでは「故障」という言葉の定義に大きな違いがあった。これが「輸入車はすぐ故障する!」「そんなことはない!」の理由だ(smile@AdobeStock)

 主に国産車に乗っている者は、しばしば「古い輸入車はすぐに故障するからやめといたほうがいい」と言う。それに対して古めの輸入車に乗っている者らは「いやいや、実際はそうでもないよ。それって単なる先入観だよ」という旨の反論をする。

 上記の議論は、議論になっているようで、実はなっていない。なぜならば、故障という言葉についての「定義」が、両者の間で異なっているからだ。

 国産車の、特に新車を購入したユーザーは、例えばパワーウィンドウの動きが少しおかしくなると「故障だ! 大変だ!」となるが、古めの輸入車に乗る者の感覚からすると、その程度では「故障」には該当しない。

 こういった定義の問題を調整しないことには、両者の議論はただただ平行線をたどるばかりなのである。

 ならば、古めの輸入車に乗っている者は「どこから先」を故障と定義し、またどこまでを「こんなのは故障のうちに入らない」と思っているのだろうか?

 今は近所のスバルディーラーで2台続けて新車を買ってしまった筆者だが、5年前までは、ちょっと古い輸入車を狂ったように買い続けていた身である。そんな自身が過去に乗っていた輸入車の故障(?)実例をベースに、「故障」という言葉の定義を考えてみることにしよう。

■ルノー 5バカラのオルタネーター不良→判定は……故障!

1987年式ルノー 5バカラ

 自身にとって最初の輸入車であった1987年式ルノー 5バカラはオルタネーターが腐っていて、それが原因でしばしばファンベルトが切れ、そのたびに走行不能となった。……「走行不能」ということは、これはもう「故障」ということでいいだろう。

 ただ、当時の私は(今もまぁそうだが)クルマのメカについての知識が乏しく、「この問題はオルタネーターを新品に交換すれば解決する」ということをわかっていなかった。実際にその後、交換したことで快癒した。

 その意味で「そんなのは故障じゃない、単なる消耗部品の消耗だ」という意見も、輸入車乗りからは出てくる可能性がある問題だ。

■初代ルノー メガーヌ クーペ16Vのメーター不動→判定は……故障!

1996年式メガーヌ クーペ16V

 1999年頃に乗っていた1996年式メガーヌ クーペ16Vは、なぜかしょっちゅう速度計が動かなくなり、「自身の速度がわからないまま公道を走る」という状態を余儀なくされた。そしてメーターを交換しても、1年くらいでまた不動になった。

「部品交換をすればすむ問題である」という意味では「故障」ではないのかもしれないが、「交換から1年でまた壊れるのはどうなんだ!」「ていうか3年落ち車のメーターが壊れるとか、ナメてんのか!」とかなりムカついたため、私のなかでは「故障」という扱いになっている。

次ページは : ■初代ルノー メガーヌ クーペ16Vのレジスター不良→判定は……故障!

最新号

ベストカー最新号

新型セレナ、GT-Rなど! 正常進化する注目車、大々的スクープ!! ベストカー10月26日号

正常進化する注目車、大々的なスクープ特集を目玉に、ベストカー10月26日号は濃い内容となっています。そのスクープは新型セレナをはじめとする日産の5モデルの情報。すでに注目されているホンダZR-Vやスバルクロストレックの新車情報も濃いです! さらに「車格のわりに安いクルマ」特集も読みごたえアリです。

カタログ