単純なようで実は奥が深い!? 人気モデル派生車たちの成功or失敗診断

単純なようで奥が深い!? 人気モデル派生車たちの成功or失敗診断

 最近の国産車ラインナップでよく目にするのが、あるクルマをクロスオーバー風にした「SUV版」や、内外装を上質にした「豪華版」、走りを重視して走行性能を高めた「高性能版」などの「派生車」たち。

 本家の影が薄くなってしまうほどの存在感を放つクルマから、その影に埋もれがちで消滅していったクルマまでさまざま。ここではそんな「派生車」の成功・失敗を判定していく。

※本稿は2022年7月のものです。派生車としての成功度は★の数で評価。★:失敗、★★:微妙、★★★:成功、★★★★:かなり成功、★★★★★(満点):大成功
文/永田恵一、写真/ベストカー編集部 ほか
初出:『ベストカー』2022年8月26日号

【画像ギャラリー】プリウスα N-BOXスラッシュ… 人によっては超懐かしいor全然知らねー!? 姿を消した派生モデル7選(7枚)画像ギャラリー

■現行モデル編

 昨今はSUVブームもあり、フルモデルチェンジでFFベースとなったクラウンファミリーをはじめ、派生車が増加中だ。派生車の定義としては本家+サブネームの車名、一見で本家と関連のあるエクステリアといったことが挙げられる。まずは現行車の成否について考えてみた。

■トヨタ ヤリスクロス(2020年8月デビュー)

トヨタ ヤリスクロス(2020年8月デビュー)…本家ヤリスを凌駕する人気のヤリスクロス。全長4180×全幅1765×全高1590mmの使いやすいサイズ感も人気の要因

 ヤリスベースのSUVというよりクロスオーバーである。ヤリスクロスは日本仕様のヤリスとは異なる3ナンバー幅となるボディにより充分なボリューム感を持つのも魅力だ。乗るとヤリスに対し大味なところやボディサイズのわりにキャビンが広くないという弱点はあるが、コスパの高さも武器に販売は絶好調だ。

●派生車としての成功度:★★★★★

■トヨタ カローラクロス(2021年9月デビュー)

トヨタ カローラクロス(2021年9月デビュー)…SUVブームにより人気は上々だが、現在は納期が長いのが玉にキズ。コスパの高さはコンパクトSUVではピカイチ

 ヤリスクロスと同様の手法でカローラファミリーに加わったクロスオーバーだ。カローラクロスはFF車のリアサスを、ラゲッジスペースを広くする目的などでトーションビームにするなど芸が細かい。

 さらに価格も1.8Lガソリンなら約200万円からと車格を考えれば激安なこともあり、カローラファミリーで一番売れるモデルとなっている。

●派生車としての成功度:★★★★★

■トヨタ GRヤリス(2020年9月販売開始)

トヨタ GRヤリス(2020年9月販売開始)…現代では貴重なコンペティションとして世界的に人気が高い。出して終わりではなく、進化が予定されているのも素晴らしい

 WRCなどのモータースポーツ参戦ベース車として生まれた、本格的なスポーツモデルだ。

 それだけに野性味あふれる1.6Lターボ+4WDというパワートレーンに加え、車体後方のプラットフォームとリアサスペンションはヤリスより一車格上のTNGA-C+ダブルウィッシュボーンを使うなど、非常に高いポテンシャルを持ち、モータースポーツ界などでの人気はうなぎ上りだ。

●派生車としての成功度:★★★★☆

■日産 ノートオーラ(2021年6月デビュー)

日産 ノートオーラ(2021年6月デビュー)…全長4045×全幅1735×全高1525mmと3ナンバー化。同時にアリアのテイストのデザインの顔でノートと差別化

 ノートファミリーにおけるプレミアム性を持つ上級モデルだ。ノートオーラは内外装だけでなく、走行用モーターのパワーアップなど、クルマの質のグレードアップも抜かりない。

 さらに、価格もノートに対し加わる装備内容も加味すれば納得できるリーズナブルなものとなっており、ノートファミリーの柱に成長しているのもよくわかる。

●派生車としての成功度:★★★★☆

次ページは : ■日産 ノート オーテッククロスオーバー(2021年10月デビュー)

最新号

ベストカー最新号

新型セレナ、GT-Rなど! 正常進化する注目車、大々的スクープ!! ベストカー10月26日号

正常進化する注目車、大々的なスクープ特集を目玉に、ベストカー10月26日号は濃い内容となっています。そのスクープは新型セレナをはじめとする日産の5モデルの情報。すでに注目されているホンダZR-Vやスバルクロストレックの新車情報も濃いです! さらに「車格のわりに安いクルマ」特集も読みごたえアリです。

カタログ