国産の半額以下やんけ! 中華製ディスプレイオーディオは実際どうなのよ

国産の半額以下やんけ! 中華製ディスプレイオーディオは実際どうなのよ

 標準装備だけでなく、アフター市場でもディスプレイオーディオが幅を利かせている昨今。なかでも注目されているのが、国産メーカーの半額程度で手に入る中華製のディスプレイオーディオだ。アマゾンをはじめネットショップには数種類販売されており、機能などを見ても申し分ないのだ。

 でも気になるのが使い勝手や実際の仕上がりなどなど。そこでガチで購入し愛用しているツワモノにホントのところを聞いてみた。

文/小鮒康一、写真/小鮒康一、ベストカーWEB編集部

【画像ギャラリー】新型クラウンも!? ディスプレイオーディオ標準搭載車イッキ見(14枚)画像ギャラリー

■フラッグシップナビゲーションも使ってはみたけれど……

筆者の愛車では中華アンドロイドナビを使用。「ナビ」といっても正体は車載用のAndroidタブレットで、好きなナビアプリをダウンロードして使用する。筆者のちょい古な愛車では後付け感満載だが非常にシンプル

 ひと昔前までは超高級品であったカーナビゲーションも、今では多くのユーザーが当たり前のように装着している必需品のひとつとなっている。筆者も以前乗っていた愛車に某国産メーカーのフラッグシップナビゲーションを装着し、悦に入ってことがあった。

 当初は喜んでナビ機能も使用していたのだが、スマホのナビにすっかり慣れてしまっていた筆者にとって、ナビ特有の操作感やモッサリ感のある動きが気になりはじめた。

 そのうちナビはスマホを使用することに。カーナビ本体はすっかり動画や音楽を再生するモニターと化してしまっていたのである(もちろん運転中の動画視聴は同乗者のみ)。

 そこで気がついたのが、「これ、ディスプレイオーディオ」で十分なのでは? ということだ。

 これは現在のユーザーの大多数が感じていることのようで、自動車メーカーとしてもディスプレイオーディオを標準装備(もしくはメーカーオプション)とし、ナビが必要であれば別途ナビキットなどを購入するというパターンが増えてきている。

 もちろん標準でディスプレイオーディオが装着されている車種であればそれでいいのだが、筆者のようにちょい古モデルに乗っているユーザーは、社外メーカーがリリースしているものを購入する必要があるのはカーナビと同じこと。

 しかし、国産メーカーの大画面モデルともなると実売価格が10万円前後と高額で(それでも大画面ナビに比べると半額近いのだが)なかなか気軽に購入できる価格帯とは言い難いのもまた事実。そこで白羽の矢が立ったのが、ネット通販系サイトでよく見るいわゆる「中華アンドロイドナビ」というものである。

■車載用だから炎天下でも心配なし!! バックカメラ接続も可能で超充実内容

 「アンドロイドナビ」というのは、その名の通り本体のオペレーティングシステムにスマホやタブレットでもおなじみの「Android」を搭載したもので、感覚的には車両にスマホやタブレットをホルダーで固定しているのと同じようなものとなる。

 そのため“ナビ”と呼ばれてはいるものの、ナビシステムが搭載されているわけではなく「Googleマップ」や「yahoo! カーナビ」といったナビアプリをダウンロードして使用する形になるワケだ。なお、SIMカードに対応していない機種についてはテザリングなどで別途通信手段を用意する必要がある。

 今回筆者が購入したのは、「ATOTO S8 Premium」と名付けられたもので、10インチの大画面モニターを持つモデル。購入時の価格は4万4999円と国産メーカーのおよそ半額となっていた。

 実際、アンドロイドのタブレットであれば同じ画面サイズでももっと安価なものはたくさん存在しているが、こちらは当然ながら車載することを前提と作られているため、車両スピーカーやアンテナ、ステアリングリモコンなどの車両側に備わっているものに対応している。

 それだけでなく、GPSアンテナや外部マイク、外部機器を接続するためのUSBケーブルやWi-Fiアンテナといったものも備わっている点が大きな違いとなっている。

 また車内で使うことを前提として作られているため、炎天下の下で駐車した後や、真冬の寒い時期での起動においても立ち上がらないなどといったエラーが(現時点では)発生することもなかった。

 そして車載機としては必須のBluetooth接続による音楽再生やAM/FMラジオ、ハンズフリー通話といった機能も付帯しており、オプションでバックカメラも接続可能となるなど、クルマで使う前提の装備が備わっている点も通常のスマホやタブレットとは異なる点と言えるだろう。

次ページは : ■日本語はちょっと不安定も納得のデキ!! これで十分!

最新号

ベストカー最新号

新型セレナ、GT-Rなど! 正常進化する注目車、大々的スクープ!! ベストカー10月26日号

正常進化する注目車、大々的なスクープ特集を目玉に、ベストカー10月26日号は濃い内容となっています。そのスクープは新型セレナをはじめとする日産の5モデルの情報。すでに注目されているホンダZR-Vやスバルクロストレックの新車情報も濃いです! さらに「車格のわりに安いクルマ」特集も読みごたえアリです。

カタログ