座り方で腰の負担は1.5倍にも! ピキグキボキッ(終)となる前に 腰を痛めない&腰痛持ちの運転術

座り方で腰の負担は1.5倍にも! ピキグキボキッ(終)となる前に 腰を痛めない&腰痛持ちの運転術

 クルマに長時間乗る人にとって大敵なのが腰痛。最近はコロナ禍のリモートワークなどもあってデスクワーク=腰を曲げている時間がさらに長くなり、すこしの運転時間でも腰の痛みを自覚する機会が増えた、なんて方も多いのではないだろうか。

 腰痛が起こるメカニズムからその対策、腰痛持ちの方のための乗り降りの方法まで、放送大学等でも講師を務める「青山一丁目カイロプラクティック院」院長の山口博氏が解説!

※本稿は2022年8月のものです
文/山口 博、写真/MAZDA、AdobeStock、ベストカー編集部、メイン画像/Jo Panuwat D@AdobeStock
初出:『ベストカー』2022年9月10日号

【画像ギャラリー】事故防止にも一役!腰痛を防ぐ工夫、痛みの少ない乗り降りをチェック!(6枚)画像ギャラリー

■座り方で腰の筋肉にかかる重さは約1.5倍にも!

 何故、腰かけ続けていると腰が痛くなるのでしょうか。もちろんさまざまな原因はありますが、ひとつに姿勢があります。

 ソファーに腰かけて寝てしまい、起き上がった時に腰が痛い! そんな経験はありませんか?

 腰かけた時、脚は体の前でしょうか、後ろでしょうか。後ろへ行く方はいませんね。全員、体の前です。

 骨盤を楕円形に例えますと、股関節がある場所は、楕円形の真ん中より下になります。

背骨と骨盤を斜め前から見た図。骨盤を楕円形に例えると(1)、股関節がある場所は、楕円形の真ん中より下の位置(2)になる(Alexander Raths@AdobeStock)
背骨と骨盤を斜め前から見た図。骨盤を楕円形に例えると(1)、股関節がある場所は、楕円形の真ん中より下の位置(2)になる(Alexander Raths@AdobeStock)

 脚が前に行くということは楕円形の下を前に引っ張り、上の部分は後ろへ下がります。骨盤が後ろへ倒れるので、腰から背中も丸まりやすくなるわけです。

 無理なく骨盤を起立した状態と、ストーンと骨盤と腰を丸めた腰曲がり状態とでは、腰の筋肉にかかる重さは約1.5倍違います。

背骨と骨盤を真横から見た図。脚が前に出ると(1)、骨盤は後傾しやすくなり(2)、腰痛の原因になって(3)しまう。骨盤がいわゆる「立った」状態と後傾した状態とで、腰の筋肉にかかる重さの違いは1.5倍以上に!(Alexander Raths@AdobeStock)
背骨と骨盤を真横から見た図。脚が前に出ると(1)、骨盤は後傾しやすくなり(2)、腰痛の原因になって(3)しまう。骨盤がいわゆる「立った」状態と後傾した状態とで、腰の筋肉にかかる重さの違いは1.5倍以上に!(Alexander Raths@AdobeStock)

 体重約70kgくらいの方ですと、無理なく骨盤を起立した状態で約100kg以上、これでも相当大変ですが、腰を落すように丸めると平均で約150kg以上にもなります。

 筋肉は硬くなり、中を通る血管の血流は悪くなります。結果、疲労物質が溜まり筋肉疲労を起こしてしまうわけです。

次ページは : ■腰痛を予防することが大切

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

ベストカー最新号

GR86の4ドアモデル、出る!! 三菱トライトンを雪上初テスト! 注目情報を満タンでお届け「ベストカー3月10日号」

新型スズキスイフト、レクサスLBXなど注目の新型車が続々登場! 「ベストカー3月10日号」! 今年も名物企画「雪上テスト」開催! 三菱トライトンの実力をいち早く丸裸にしたぞ!