日産 新型セレナ5ナンバー維持で勝負!! 元トヨタディーラーマンが思う驚きと不安とは

日産 新型セレナ5ナンバー維持で勝負!! 元トヨタディーラーマンが思う驚きと不安とは

 2022年は国内ミニバン御三家が相次いでフルモデルチェンジを行った。そして、昨年(2022年)11月には待望の日産「新型セレナ」が5ナンバーサイズを維持し、登場した。

 ライバル車を販売してきたトヨタ元営業マンが日産「新型セレナ」の実力について分析する。新型セレナへの驚きと不安要素とは一体なにか? 

文/佐々木亘、写真/NISSAN、TOYOTA、奥隅圭之、ベストカーWeb編集部

■5ナンバーサイズ維持の意味は大きい! ミドルサイズミニバンで唯一無二の存在に

2022年にフルモデルチェンジを行ったトヨタヴォクシー
2022年にフルモデルチェンジを行ったトヨタヴォクシー

 ノア・ヴォクシー、ステップワゴンとミニバンの売れ筋モデルが、フルモデルチェンジを行った2022年。そのトリを飾る様に年末にさしかかる11月28日、セレナがフルモデルチェンジを発表した。

 直近(2022年11月)の乗用車ブランド通称名別順位では、11位にステップワゴン(5327台)、13位にノア(5080台)、14位にヴォクシー(4954台)と、各車の実力は拮抗しているように見える。しかし、全体的にはノア・ヴォクシーの勢いは強く、トヨタ独り勝ちになっているのが、ミドルサイズミニバン市場だ。

 発表も販売実績も大きく先行したノア・ヴォクシーに、新型セレナは対抗できるのか。元トヨタディーラー営業マンの筆者が、新型セレナの実力を分析していく。

標準系のセレナは5ナンバーサイズに収まる。ボディサイズは全長4690mm×全幅1695mm×全高1870mm、ホイールベース2870mm
標準系のセレナは5ナンバーサイズに収まる。ボディサイズは全長4690mm×全幅1695mm×全高1870mm、ホイールベース2870mm

 ライバルが新型プラットフォームに変わる中、セレナは先代からプラットフォームをキャリーオーバーした。この副産物か、ノア・ヴォクシーとステップワゴンが全モデル3ナンバー化したのに対し、セレナの標準車は5ナンバーサイズを維持できている。

 これまで5ナンバーサイズミニバンとして戦ってきた各車。ミドルサイズのミニバンだからこそ、「1695mm」という全幅にこだわらなければならなかった側面があるはずだ。

 既存ユーザーの中には、5ナンバー枠に収まるから、ノア・ヴォクシー、ステップワゴン、そしてセレナを選んできた人がいる。

 現行型ノア・ヴォクシーの全幅は1730mm、ステップワゴンはさらに広く1750mmだ。セレナは標準車で1695mmを守り、ハイウェイスターでも1715mmとライバルよりも全幅が狭い。

 全幅の違いは、最大で5cm強。これを「わずか」と見る声も多いが、今使っているクルマよりも車両幅が左右それぞれ2cm~3cm広くなるクルマを検討するときに、駐車スペースの制限や乗り降りのしやすさを考えてNGが出ることも、このカテゴリーではよくあることだ。全幅におけるわずか数センチの差。だが、それがセレナを選ぶ大きな理由になり得るだろう。

次ページは : ■数字の競争はもうやめた? 中身で勝負するセレナの覚悟が価格から見える

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

ベストカー最新号

ジムニー5ドアにGT-R2024年モデルとズラリ! 小山慶一郎さんも登場!! ベストカー2月26日号

ジムニー5ドアもGT-R 2024年モデルも、デリカミニも丸ごと載ってる「ベストカー」2月26日号、発売中。特集は「昨年登場した日本車たちの進化度」と「今年登場する日本車たちの期待と不安」。 キャンプ好き、NEWSの小山慶一郎さんのインタビュー記事もあります!

カタログ