マツダよ諦めないで! マツダ2を「最コンパクトマツダ車」として存続させるべきワケとは!?

マツダよ諦めないで! マツダ2を「最コンパクトマツダ車」として存続させるべきワケとは!?

 マツダ最小のモデルである「マツダ2」だが、次期モデルがあるのかどうか危ぶまれている。しかし、マツダにとってはなくしてはならない存在だと現行モデルのディーゼル車を所有した筆者が警鐘を鳴らす!

文/永田恵一、写真/ベストカーWeb編集部、ベストカー編集部、マツダ、永田恵一

■歴代デミオの功績とは?

現行マツダ2の最新改良モデル。次期型モデルは果たしてあるのか……!?
現行マツダ2の最新改良モデル。次期型モデルは果たしてあるのか……!?

 現在、マツダのエントリーカーはコンパクトカーのマツダ2である。デミオから2019年にマツダ2と車名が変わってから実質現行モデルとなる4代目デミオの登場から9年近くが経っているが、販売はいまだ月約2000台と堅調で、マツダの国内販売において欠かせない存在だ。

 しかし、最近「マツダ2は現行モデルで最後」という噂を聞くことが増えてきた。

 ここでは、マツダ2の前身である4代目デミオのディーゼル車を35歳の時(現在43歳)に生涯初の新車として自分のものとして買った筆者が歴代デミオ&マツダ2、自分のデミオディーゼルを振り返りながら、マツダ2の必要性を考えてみた。

■革新的だった初代モデル(1996年登場)

初代デミオは1996年に登場。当時、苦境に陥っていたマツダを立ち直らせた救世主的モデルに!
初代デミオは1996年に登場。当時、苦境に陥っていたマツダを立ち直らせた救世主的モデルに!

 マツダは当時のバブル崩壊や、バブル期に博打のように展開した5チャンネル制の失敗の痛手などにより、非常に厳しい時期だった。

 という時期にそれまであまりなかったスモールワゴン的なコンパクトカーとして登場した初代デミオは、クルマ自体はシンプルなものだった。

 しかし、ボディサイズのわりに広いキャビンとラゲッジスペースに加え、シートのフルフラット機能により車中泊がしやすい点、そして価格の安さを理由に大ヒット。苦しかったマツダにとって救世主となった。

●上質感アップの2代目モデル(2002年FMC)

2002年にフルモデルチェンジを受けて登場した2代目デミオ。内外装ともに上級感を向上させている
2002年にフルモデルチェンジを受けて登場した2代目デミオ。内外装ともに上級感を向上させている

 2代目モデルはキープコンセプトではあったが、マツダが「Zoom-Zoom」戦略で同時期に登場した初代アテンザなどを含め、元気を取り戻してきた時期のモデルだった。

 具体的には、プラットフォームは「重い」という難はあったものの当時のフォードフィエスタと共通で、エンジンは新設計のMZRと、全体的にクルマが劇的にレベルアップした。

 また、2代目モデルはキャンバストップの「コージー」を設定したほか、価格も内容を考えればリーズナブルだったこともあり、2代目モデルもまた成功を収めた。

次ページは : ●スタイリッシュHBとなった3代目モデル(2007年FMC)

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

なんと今年12月発表!! ランドクルーザーFJのすべてがわかる「ベストカー」3月26日号

なんと今年12月発表!! ランドクルーザーFJのすべてがわかる「ベストカー」3月26日号

 春とともに大ニュースが飛び込んできました! ランドクルーザーミニ改め、ランドクルーザーFJの決定的情報を本誌スクープ班が入手。詳細がバッチリ掲載の「ベストカー」3月26日号が発売中!! 走りのSUV特集やトヨタ帝国特集もあります!