スカイラインに「GT赤バッジ」&「400R」復活!! 懐古趣味へ突っ走る日産よ…それでいいのか…??

スカイラインに「GT赤バッジ」&「400R」復活!! 懐古趣味へ突っ走る日産よ…それでいいのか…??

 2023年8月8日に発表となったスカイライン400Rの限定車「スカイラインNISMO」。NISMOがレースで培った空力テクノロジーを折り込んだ前後のド迫力なエアロバンパーを装備するなど、V37史上、最上級のスポーツセダンに仕上がっているようだが、SNSや自動車メディア記事などでは、フロントフェンダーの両サイドに装着されたスカGやハコスカ時代にあったエンブレムをオマージュしたGTエンブレム(赤バッヂ)がについて、「過去の栄光にすがりすぎ」「歴史の安売り」と酷評されてしまっている。

 スカイラインについては、400Rというグレード名についても否定的に感じる人が多いようだが、筆者は400Rも赤バッヂもアリだと思う。

文:吉川賢一
写真:NISSAN

V37史上、最上級のスポーツセダンに!!

 2014年2月にデビューし、2019年には世界初の高速道路本線上での手放し走行を可能とした「プロパイロット2.0」を搭載(現在は廃止)した現行のV37型スカイライン。まさか9年目にしてNISMOが追加されるとは思いもしなかった。今年になってから400Rを買った人は、悔しさでいっぱいなのではないだろうか。

 スカイラインNISMOのエンジンは、GT500レース用エンジンに携わった開発者が、同じ開発設備で手組みによるチューニングを施し、400Rの405ps/475Nmから、NISMO仕様では420ps/550Nmまでチューニング。また、NISMOがレースで培った空力テクノロジーを折り込んだ前後のド迫力なエアロバンパーが装備されているほか、軽量化と走りのしなやかさを出すため、ランフラットタイヤからノーマルの高性能タイヤに変更したうえで、リアタイヤの幅を20ミリ拡大。この高性能タイヤに合わせ、サスペンションとスタビライザーにはNISMO専用のチューニングが施されている。

 スカイラインNISMOが788万円、スカイラインNISMOリミテッドが947万円というぶっ飛んだ価格だが、既に一部の店舗では予約枠でいっぱいだという。クルマに金をかける余裕のあるオジサン世代に、大いに響いているようだ。

 SNSの反応を見ると、現400Rオーナーの中には、「400Rでも性能は十分だが、NISMOはさらに魅力的で欲しくなった」「やはりNISMOはカッコ良い、もっと早く出してほしかった」「メルセデスやBMWで400ps超を求めると1500~2000万円なので、むしろNISMOはお買い得だ」など、プラスの意見が多くあった。V36を所有していた筆者としても、今作のスカイラインNISMOはかなり胸アツなモデルで、(購入は泣く泣くあきらめざるを得なかったが)、手にできるオーナーさんが、心の底から羨ましい。

エンジンは手組みによるチューニングが施され、最高出力420ps/最大トルク550Nmまで向上したスカイラインNISMO。前後のNISMO専用エアロバンパーを装着しているほか、ランフラットタイヤを廃したうえで、リアタイヤの幅を20ミリ拡大している
エンジンは手組みによるチューニングが施され、最高出力420ps/最大トルク550Nmまで向上したスカイラインNISMO。前後のNISMO専用エアロバンパーを装着しているほか、ランフラットタイヤを廃したうえで、リアタイヤの幅を20ミリ拡大している

次ページは : スカイラインの本質は、直6や丸目4灯ではなく「ロングドライブに行きたくなるクルマ」

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

新型MR2の確定情報、入電! ポルシェ911ダカール、クラウン”ランドスケープ”など激アツ車種勢ぞろい【ベストカー8月10日号】

新型MR2の確定情報、入電! ポルシェ911ダカール、クラウン”ランドスケープ”など激アツ車種勢ぞろい【ベストカー8月10日号】

SCOOP班も驚き! MR2とセリカに新情報が続々! SUV選びに悩む人もこの一冊を読めばすべて解決!? 酷暑を吹っ飛ばすほどのニューカー情報盛りだくさんです!