ビート、S2000、エレメント、クロスロード 名車揃いなのに……残念無念のホンダ車4選

ビート、S2000、エレメント、クロスロード 名車揃いなのに……残念無念のホンダ車4選

「なんでこうなった!?」 開発した人を小一時間ほど問いただしてみたい、でも憎めない「ざんねん」なクルマたち、エピソードを集めた『ざんねんなクルマ事典』『ますます! ざんねんなクルマ事典』(小社刊)。

 日本のクラシックカーや絶版車、珍車についての知識にも定評あるモータージャーナリスト、片岡英明氏監修による本書から、名車揃いながら残念無念な道を辿ったホンダ車たちをご紹介!

監修/片岡英明、写真/ホンダ

ざんねんなクルマ事典

687円(02/28 01:51時点)
発売日: 2018/12/08
Amazonの情報を掲載しています

ますます! ざんねんなクルマ事典

1,540円(02/28 01:52時点)
Amazonの情報を掲載しています

■F1テクノロジーを注入した超絶名車だったがRVブームに押し流された ホンダ ビート(1991-1996年)

ホンダ ビート(1991-1996年)。軽自動車ながらミドシップのフルオープンモノコックボディを採用
ホンダ ビート(1991-1996年)。軽自動車ながらミドシップのフルオープンモノコックボディを採用

●「ニッチ商品」として生き延びてほしかったが

 ホンダ ビートは、初代ホンダNSXと同じ「ミドシップレイアウトの後輪駆動スポーツ」という成り立ちを、当時の軽自動車規格のなかで実現させたオープンカー。

 直3NAエンジンには、ホンダのF1テクノロジーを応用したハイレスポンス・エンジンコントロールシステム「MTREC」を核に、数々の高回転・高出力化技術が注ぎ込まれています。

 当初は堅調だったビートの販売台数ですが、とはいえ「2人乗りのミドシップ軽自動車」というのはニッチ商品ですから、たくさんは売れません。

 そこへきて1990年代中盤には「RVブーム」が巻き起こってしまいました。そうなると、ただでさえニッチだったビートのようなスポーツカーは、ますます売れなくなります。

 その結果、1998年の軽自動車規格の変更に合わせてビートをモデルチェンジさせるという選択肢はホンダにはあり得ず、多くのマニアからは惜しまれながらもホンダ ビートは1996年、あえなく生産終了となったのです。

・発売年月:1991年5月
・エンジン種類:直3 SOHC
・総排気量:656cc
・最高出力/最大トルク:64ps/6.1kgm
・全長×全幅×全高:3295×1395×1175mm
・車両重量:760kg
・諸元記載グレード:1991年式 ベースグレード

●ざんねん度:★★☆☆☆

次ページは : ■「素晴らしい専用部品」があまりにも多すぎてモデルチェンジできなかった ホンダ S2000(1999-2009年)

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

なんと今年12月発表!! ランドクルーザーFJのすべてがわかる「ベストカー」3月26日号

なんと今年12月発表!! ランドクルーザーFJのすべてがわかる「ベストカー」3月26日号

 春とともに大ニュースが飛び込んできました! ランドクルーザーミニ改め、ランドクルーザーFJの決定的情報を本誌スクープ班が入手。詳細がバッチリ掲載の「ベストカー」3月26日号が発売中!! 走りのSUV特集やトヨタ帝国特集もあります!