【カーエアコンの最も効率がいい温度設定は?】燃費がいいのはどの温度?

 厳しい残暑が続いておりますが、エアコンの使い方って難しいですよね。炎天下のなか、屋外駐車場に長時間停めて、クルマの室内に入ると、耐えられないほどの猛烈な熱気にげんなり。

 そこでエアコンをかけて、設定温度を下げて、風量を最大にし、温度が下がってきたら、風量を弱くして設定温度を低くしている方が多いと思います。

 ここでふと疑問が湧きあがってくるのが、最も効率のいいエアコンの設定温度は何度かということ。20度、23度、25度? それとも20度以下なのでしょうか? オフィスでは夏場、28度の設定が推奨されていますが、クルマの場合、効率のいいエアコンの設定温度ってあるのでしょうか?

 また、エアコンをガンガンにかけていると燃費が極端に悪くなります。燃費をとるか、快適性をとるか、悩ましいところですが、はたして燃費をさほど悪くさせずに快適に保てるエアコンの設定方法ってあるのでしょうか? モータージャーナリストの高根英幸氏が解説します。

文/高根英幸
写真/ベストカー編集部 ベストカーWEB編集部 Adobe Stock


オートエアコンは何度に設定していますか?

運転席、助手席それぞれでの温度設定が可能でセンターレジスターには伝統のオートスイング機能を搭載 するクラウンのオートエアコン。後席に乗員がいない場合、前席のみ空調を行う「前席集中モード」は後席側の吹き出し口を閉じることでエアコンの負担を低減でき、低燃費に貢献。またガソリン車には、空調ユニット内にエアコンの使用で冷気を蓄える「蓄冷エバポレーター」を内蔵。エアコンが送風に切り替わるアイドリングストップ中でも、冷たい空気を送り、室内の温度上昇を抑えるので、エコ運転をしたまま夏場も快適に過ごせる

 今では軽自動車でもオートエアコンは珍しくないが、この季節でもカーエアコンの設定温度は25度あたりに設定しているドライバーが多いのだろうか? 20~23度、それとも冷え冷えの16~18度といった極端に低い設定温度にしているのだろうか?

 オートエアコンは、当然のことながら単純に吹き出す空気の温度を設定温度にしている訳ではない。室内の気温、外気温、さらには日照もセンシングして、体感温度が設定温度に近付くよう考慮して調整した温度の空気を作り出している。

 そのため、暑い日も寒い日も25度に設定していれば、乗員は快適に過ごすことができるハズだ。

 暑がり、寒がりの人はそこから温度調整することになるが、左右別々の温度設定ができる高級車のオートエアコンは、そうした乗員の感覚が分かれた場合に便利な配慮といえる便利な機能だ。

家庭用エアコンとカーエアコンは大違い!

 カーエアコンの仕組みを知れば、意外な事実にちょっと驚くかもしれない。この時期でもカーエアコンは実は暖房を利用しているのだ。

 この時期に暖房なんて使わない、と思う人もいるだろうが、実はエアコンの温度調整には冷房と暖房が組み合わされている。

 というのも、冷房だけでは細かい温度調整をすることは難しく、暖房を微調整のために利用しているのである。

 その暖房や温度調節にはエンジンが発する熱が利用されているから、タダだけれども、実は燃費を考えるとエコではない。カーエアコンの仕組みを理解してもらえれば、冷房をもっと効率よく使いたいと思うハズだ。

 まずカーエアコンは、家庭用のエアコンとは似て非なるものであることを認識する必要がある。

 といっても冷房に関しては、基本的な仕組みは同じだ。冷媒(熱を伝えるための素材)を圧縮し、冷却した後に放出すると圧力が下がることで温度が下がる。

 これによって周囲の熱を奪う現象を利用して、熱交換機で空気を冷やし、熱交換機が結露することによって除湿を実現している。

 これらのエアコンの冷媒にはオゾンホールを破壊するフロンガスの代わりに代替フロンと呼ばれる、いくつかの冷媒を使っている。これはこれで温室効果があるガスなので、大気に放出するのはダメだが、本来冷媒はエアコンがダメになるまで使い続けられるものだ。

 家庭用や業務用のエアコンでは、暖房時には熱交換のサイクルを逆転させて冷えた冷媒を外気で暖めてさらに圧縮することで暖房用の熱を作り出している。

 しかしEVを除くクルマの場合、エンジンが発生する大量の熱を捨てている事情があり、暖房にはそのエンジンの冷却水を利用している。

 暖房を使うのはクルマにとって非常に効率のいい排熱利用なのである。ところがヒーターではなく、カーエアコンとなると少々事情が違ってくる。常に一定の室温に保とうとすると、冷やした空気を適温にまで暖める必要があるからだ。

 つまり、冷房で冷やした空気を、わざわざ暖房で暖め直して適温にしているのである。

 風量も自動調整にしているなら、室温が設定温度に近付けば冷媒の圧力を下げて冷房の効きを弱めるが、それでも暖房を組み合せて温度を調整しているのは変わらない。

 ほぼ室温に近付けば、暖房を止めて冷房を弱くするオートエアコンもあるが、真夏は室温を一定に維持するためにはかなり冷房を強くする必要があり、吹き出す冷風を調整するためにはヒーターも併用しているというわけだ。

 クリーンディーゼルなど低速トルクが強いエンジンは、エアコンのコンプレッサーによる燃費への影響は少ないが、ガソリンエンジンなら影響は少なくない。軽自動車やコンパクトカー、それに少し前のクルマならエアコン使用の有無で燃費が1割くらい変わってくるハズだ。

メーカー推奨の最も効率のいいエアコンの温度設定は?

車内の温度設定を外気と同じ25℃に設定した場合、エアコンスイッチをONにしたままだと12%程度燃費が悪化するというデータも出ている

 メーカーが推奨する最も効率のいいオートエアコンの設定温度は何度なのか?世界8カ国の開発拠点と78の生産拠点を有する「カルソニックカンセイ」の見解(2017年8月10日広報資料)では、日本車は「25度」、欧州車は「22度」が温度設定の中心のため、この温度を基準にすることをオススメするとのこと。

 つまり、これが製造メーカーの推奨する最も効率のいい設定値というわけで、これを基準に状況に応じて上下させるとよいだろう。

暖房を使わずに冷房だけにすることで燃費の改善が図れる

 冷房によって加速やエンジンの反応が鈍くなるのは仕方ないが、燃費が悪化するのはできれば抑えたいと思うドライバーは多いのではないだろうか。

 そこで暑い日でもできるだけ燃費を伸ばしたいオーナーのために、無駄の少ないエアコンの使い方を解説したい。

無駄の少ないエアコンの温度設定は最低にすることだ。このクルマの場合、一番右側のダイヤルの温度設定を目いっぱい左に回す

 それは温度設定を最低にすることだ。前述のようにオートエアコンで希望の室温に設定すると、最初はそこに合わせるように冷房を目一杯効かせるが、室温が下がってくれば徐々に風量も下げつつ、暖房をミックスして適度な温度の空気を送り出すようになる。

 折角冷やした空気を暖めてしまうのはもったいない。それを防ぐのは、強制的にヒーターバルブを閉じてしまえばいい。

 つまり冷房の温度設定を最低にしておけば、ヒーターを使うことはないため、冷媒で冷やした空気を再び暖めることはなくなる。

 だが常に冷たい風が出ていると、室温が下がり続けてしまう。では室温の調節はどうしたらいいのかといえば、それは風量で調整するのだ。

 室温を下げたい、暑いと感じている時には風量を増やし、ちょうどいいと思うようになったら風量を減らす。

 寒いと感じたらコンプレッサーのスイッチ(エアコン、あるいは雪の結晶マークで表示されているスイッチ)を切って送風のみにするのも手だ。

 寒ければ送風も切ってもいいが、この時期にはすぐに暑くなってしまうから、さすがに調整が煩雑過ぎることになるだろう。

 これを読んで、「自分で都度都度エアコンを調整するのが面倒、せっかくのオートエアコンだからクルマ任せで快適な室温になっているのがいい」と思う方も多いだろう。

 そう、調整が煩雑で面倒だからオートエアコンが登場したのだから、手間を惜しんで快適さを優先するなら、オートエアコンを普通に使えばいい。快適さのためにエンジンがコンプレッサーを駆動して作った冷気を、少し暖めて室内に送り込んでいるのは、仕方ない。

 また最低温度に設定するとコンプレッサーが回りっ放しになるので、返って燃費が悪化するのでは、と思う方もいるだろう。

 しかし風量を絞っておくと熱交換機内への冷媒の放出も少なくなるため、コンプレッサーの稼働は断続的になる。

アルファードには後席エアコンの温度調整スイッチはもちろん、一人で運転している場合にエアコンの無駄を省くために運転席優先の省エネ空調の設定もある

 エアコンのスイッチを自分で操作することでコンプレッサーの寿命(稼働を決める電磁クラッチなど)が縮まると思う方もいるかもしれないが、通常通りオートエアコンを利用していてもコンプレッサーは断続的に動いて、電磁クラッチによる制御は頻繁に行なわれており、電磁クラッチの耐久性はとても高いので影響はほとんどない。

 高速道路を巡航するにはオートクルーズが便利だし燃費もいいが、本当に燃費のことを考えれば、道路の勾配によって柔軟に速度を変化させたほうがいい(周囲のクルマの迷惑にならない範囲で)。

 エアコンも同様で、オートのまま使っているほうが煩わしさはないが、燃費を考えると自分で調整したほうが効率は高まる。

 燃費にこだわるマニアの方は、一度試してみる(筆者はオートエアコンでもこう使っている)ことをお勧めする。

外気導入と内気循環の使い分け方

意外に外気導入と内気循環モードの使い分け方を知らない人が多いのでぜひ参考にしてほしい

 カーエアコンも家庭用エアコンと同様に「外から取り込む空気の温度が高ければ高いほど冷たい空気を作るのが難しく、逆に外気温が低いほど冷たい空気を作りやすい」という構造上の特徴を持っている。

 そのため、夏場の炎天下の長時間駐車すると、車内温度は70度に達することもあるので、まずはドアの開け閉めを何度か繰り返す、窓をすべて全開にしてしばらく走るなどして車内の熱気を抜きながら、エアコンは外気導入でしばらく走り、車内の空気を入れ代えることが、最も早く車内の温度を下げるコツだ。

 車内温度が十分下がって外気温よりも低くなったら、あるいは車内温度よりも外気温度が高い状況にある時は内気循環モードにすることでエアコンの負荷が減り、燃費向上につながる。

 ただし、内気循環モードのまま長時間運転していると換気が悪くなり、車室内のCO2(二酸化炭素)濃度が高くなって眠くなることがあるため、快適な運転をキープするために内気循環モードと外気導入モードは定期的(30分に1回程度)に切り替えながらドライブすることが肝心だ。

最新号

ベストカー最新号

【次期フェアレディZ誕生へ】日本車 2020年期待の星|ベストカー12月26日号

 ベストカーの最新刊が本日発売!  最新号では、伝統のある日本車のビックネームであるフェアレディZとパジェロの次期型情報をお届け。ベストカースクープ班が独占入手した情報を詳しく紹介する。   そのほか、日本車2020年期待の星、GR SPO…

カタログ