【正しく恐れよ】高速道路の合流が怖い人がやるべきこと


■高速道路の合流でやってはいけないこと

 タイミングが合わずどうしても合流できなかったり、妨害されて怖くなったりしたとしても、停止しないようにしてください。一度止まってしまうと、加速車線だけでは本線を走るクルマと同じ100km/h付近まで加速しきれなくなります。十分な加速をしないで本線に合流するのは非常に危険で、後続のクルマに迷惑をかけることになり、こうしたマナー違反は「あおり運転」を引き起こす原因にもなり、大変危険です。

■本線を走るクルマへの「意思表示」も大事

 本線を走るクルマのドライバーの立場から考えてみましょう。「合流してくるクルマがいる」とドライバーが認識をすれば、いち早く危険を回避するため、そのクルマがどこに入ろうとしているのか、クルマの動きを注視します。

 そのとき本線を走るドライバーがいちばん怖いのが、「合流しようとしているクルマが、どこで合流しようか迷っていること」です。「ここで合流したいです」という明確な意思表示があれば、本線を走るクルマとしては、減速したり、あれば右車線へ移動するなど、危険を回避する方法もあるもの。後続車との車間距離を見極め、ここだと思ったら積極的に車線に入る必要があります。

次ページは : ■「恐れる者は恐れることなかれ。だが恐れぬ者は恐れよ」

最新号

ベストカー最新号

あのシルビアが復活! 2022年はSCOOPも特集も深掘り! ベストカー2月10日号

2022年は国産新車が35車種も登場予定! 何が誕生するのか、どれが魅力的か? と知りたいアナタにお役立ち間違いなしの「ベストカー」2月10日号。シルビア復活のSCOOP企画もアツいです!

カタログ