打倒フェラーリ&NSX 新型コルベットがFRを捨てたギリギリの決断と成果

 アメリカンスポーツの最高峰、シボレーコルベットが7年ぶりにフルモデルチェンジし、8代目へと生まれ変わった。

 1976年まで使用していたサブネーム、スティングレィを復活させるとともに、なんと約65年の歴史を持つ、FR(エンジンをフロントに積みリアを駆動する)の駆動方式を、MR(ミドシップ、後の車軸の前にエンジンを搭載しリアを駆動する)へと、8世代目にして初の大変革を敢行したのだ。

 すでに2020年1月10日に日本でも発表され、予約受注が開始されている。価格は、2LTクーペが1180万円、3LTクーペが1400万円(いずれも右ハンドル)。

 その8代目コルベットを、アメリカ・ラスベガスとその近郊、サーキットからワインディングロード、一般道まで、モータージャーナリストの渡辺敏史氏が徹底試乗した!

文/渡辺敏史
写真/ゼネラルモータース ゼネラルモーターズジャパン
初出/ベストカー2020年4月26日号

【画像ギャラリー】アメリカ人の「魂のヒーロー」歴代コルベット約65年の軌跡


最新号

ベストカー最新号

【新型Zの期待と不安】GT-Rに延命説浮上!|ベストカー 11月10日号

 ベストカーの最新刊が本日発売! 最新号では、事実上凍結されていた次期型日産GT-Rのモデルチェンジの最新情報をお届け。  そのほか、新型フェアレディZプロトタイプ、ホンダe、新型レヴォーグ、マイナーチェンジしたルーミーなど注目車種の情報か…

カタログ