アストンマーティン初のSUV 新型DBX 驚きの性能と「万能さ」とは?

SUVとなっても走りにアストンマーティンらしさは残っているか?

DBXに試乗する筆者、飯田裕子氏
DBXに試乗する筆者、飯田裕子氏

 ドライビングフィールは、アストンマーティンのなかでもGTのキャラクターも持つDB11のようなスポーティな印象。

 近年のアストンマーティンではお馴染みのボタン式始動スイッチやシフトボタンを押して走り出す。

 パワートレインは550ps/71.4kgmを発生するメルセデスAMG製4L、V8ツインターボエンジンに、9速ATを組み合わせたもの。

 エンジン始動時に軽くひと吠え、加速時にはエンジンの太くてシャープなトルク感を“音”でも体感できるが、基本的な静粛性は非常に高い。

 乗り心地は総じてフラットで、作りのよさを感じさせる滑らかな印象。アストンマーティンのラインナップとしてはやはり重量感(車重は2245kg)をやや感じるが、コーナリング性能はそれを感じさせないほどよく曲がり、安定感もまた優れるスポーティぶりだ。

 人間でいえば鍛えられた関節や筋肉を四輪に持ち、それを活かしたタフなしなやかさが万人に優しく頼もしいタイプ。

 新たに搭載されたデバイスが功を奏しているのだろうけれど、ドライバーにそれを気づかせないジェントルなサポートぶりもアストンマーティンらしくまた高性能モデルである証。

 ドライブモードは悪路モードが追加された4タイプ+カスタマイズモード。アグレッシブなスポーツモードを選べばDB11と同等レベルまでロールを抑えることも可能。

 加えていえばDBXのブレーキ性能はアストンマーティン孤高のスーパーGTモデル、DBS Superleggeraと同等のパフォーマンスだという。

 2000万円を超える価格なのに、クセや嫌味なく確かな走りとデザイン性を伝える “ワザ”や“センス”を改めて示した万能な最新のSUVだった。ある意味、アストンマーティン最強のモデルといえそうだ。

エンジンはメルセデスAMG製
エンジンはメルセデスAMG製

【画像ギャラリー】英国製SUVスポーツカー アストンマーティンらしさ溢れるDBXの魅力を写真でチェック!

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

かつてのABCトリオの一角、スズキカプチーノが復活する! これから5年のうちに登場するスポーツカー情報も満載【ベストカー6月26日号】

かつてのABCトリオの一角、スズキカプチーノが復活する! これから5年のうちに登場するスポーツカー情報も満載【ベストカー6月26日号】

Rebirthスズキカプチーノ! 「注目新車三人が斬る」の人気企画だけでなく、今号は「あぶない刑事」のスペシャルインタビュー、そしてポスターも付属! ベストカー6月26日号