最激戦区にドイツから殴り込み!! 名門VWのSUVはいまも質実剛健か

ティグアンTDI 4MOTION Highline/519万9000円 &TDI 4MOTION R-Line Black Style/554万円 

ティグアンTDI 4MOTION Highline。ボディサイズは全長4500×全幅1840×全高1675mm。ホイールベースは2675mm。エンジンは150ps/34.7kgmを発生する2L、直4ディーゼルターボ。車重は1730kg。JC08モード燃費は17.2km/L
ティグアンTDI 4MOTION Highline。ボディサイズは全長4500×全幅1840×全高1675mm。ホイールベースは2675mm。エンジンは150ps/34.7kgmを発生する2L、直4ディーゼルターボ。車重は1730kg。JC08モード燃費は17.2km/L
VWらしい質実剛健なガッチリとした作りが魅力のティグアンTDI 4MOTION Highline。タイヤサイズは235/55R18
VWらしい質実剛健なガッチリとした作りが魅力のティグアンTDI 4MOTION Highline。タイヤサイズは235/55R18

 ティグアンは、欧州市場で年間20万台以上が売れており、強豪揃いの欧州市場で最も成功しているミドルサイズSUVだ。日本国内でのガチンコライバルは、RAV4、エクストレイル、CR-V、フォレスター、CX-5といった国産4WD SUVにあたる。

 グレードによっては国産4WD SUVよりも200万円以上高い価格となるが、価格に見合う出来に仕上がっているのかがポイントだ。

 試乗したのは18インチタイヤを履いたHighlineと、19インチタイヤを履くR-Line Black Styleの2台だ。

TDI 4MOTION R-Line Black Style。通常クロームまたはシルバーペイントとなるエクステリアパーツをブラックに置き換えた特別仕様車でLEDヘッドライトと専用バンパー、255/45R19タイヤを装備
TDI 4MOTION R-Line Black Style。通常クロームまたはシルバーペイントとなるエクステリアパーツをブラックに置き換えた特別仕様車でLEDヘッドライトと専用バンパー、255/45R19タイヤを装備

 低音で「ガンッ」と閉まるドアを閉じる音から、剛性感に溢れたしっかり感を感じる。T-CrossやT-Rocもそれなりによかったが、それとは次元が違う感じだ。「VWといえばこの重厚な音だよな」と、それだけで安心感が得られるほどだ。

 エンジンはどちらも、2LディーゼルターボのTDI(150ps/34.7kgm)と、T-Rocと同じ出力値となる。

 T-Roc(1430kg)に対して、ティグアンは1730kgと約300kgも重たくなるのだが、WLTCモード燃費はT-Rocの18.6km/Lから、17.2km/Lと約9%の悪化に留まっている。

 ティグアンの空気抵抗が特別低いのか、タイヤが超・低転がり特性なのか、はたまたディーゼルターボの功罪なのか、見事なものだ。
 
 T-CrossやT-Rocとはうって変わったゆったりとした乗り味は、非常に大らかな印象だ。18インチタイヤを見事に履きこなし、同じ道での突起ショックや揺れもほとんど感じない。

 一転、ハンドリングの鋭さは抑え気味で、やや鈍重さすらあるものの、室内の広さや快適なシートも合わさって、ミドルクラスSUVとしての立ち位置は、明確にキャラクターが立っている。

 19インチタイヤになっても乗り心地の印象はさほど変わらないのは凄いことだ。ブラックに塗られたホイールも、直線を基調としたティグアンのデザインと、実にマッチしている。

 多人数でロングドライブに出かけるならば、間違いなく、ティグアンを選びたくなる。雨でも雪でも、どこまでも走れそうな雰囲気があり、相棒として非常に頼もしいからだ。

 ただし、550万円にも届く車両価格は、手を出すにはかなりの勇気がいるのも事実。国内ではあまり見かけないため、「通」には伝わる存在感が魅力の一台だ。

デジタルメーター、”アクティブ・インフォ・ディスプレイ”とインフォティメントシステム、”ディスカバリープロ”が組み合わされたコクピット
デジタルメーター、”アクティブ・インフォ・ディスプレイ”とインフォティメントシステム、”ディスカバリープロ”が組み合わされたコクピット
後席スぺ―スは、ひざ前にコブシ2個半、頭上はこぶし2個と3車種中、もっとも広く、居心地もよい
後席スぺ―スは、ひざ前にコブシ2個半、頭上はこぶし2個と3車種中、もっとも広く、居心地もよい


■お薦め度:ティグアンTDI 4MOTION Highline/84点、TDI 4MOTION R-Line BlackStyle/80点(100点満点)

次ページは : まとめ:VWのSUVの実力には敬服するが、あと一歩ほしいところも

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

あのトヨタスターレットが再び公道に舞い降りる!? 日産×ホンダ協業分析など新社会人も楽しめるゾ「ベストカー5月10日号」

あのトヨタスターレットが再び公道に舞い降りる!? 日産×ホンダ協業分析など新社会人も楽しめるゾ「ベストカー5月10日号」

トヨタの韋駄天が覚醒する! 6代目NEWスターレットのSCOOP情報をはじめ、BC的らしく高級車を大解剖。さらに日産・ホンダの協業分析、そして日向坂46の富田鈴花さんがベストカーに登場! 新社会人もベテランビジネスマンまで、誰もが楽しめるベストカー5月10日号、好評発売中!