トヨタの超小型&3輪EV C+pod&C+walk異次元試乗!! 「日常の足」になれる!?

C+pod&C+walk試乗!! トヨタ超小型モビリティは次世代公共交通手段になるのか

 2020年10月、トヨタは超小型EV C+pod(以下、シーポッド)の発売をアナウンス。翌2021年にはC+walk T(以下、シーウォークティー)が発売された。シーウォークティは歩行領域での新たなモビリティとして誕生した3輪EVである。

 超小型モビリティとして誕生したこの2台は、果たして将来の公共交通インフラとして人々の足となり得るか、試乗レポートとともに考察したい。

文/御堀直嗣、写真/佐藤正勝、TOYOTA

【画像ギャラリー】新たなモビリティのカタチ!! トヨタの超小型BEV「C+pod」「C+walk T」(24枚)画像ギャラリー

シーポット試乗! トヨタが開発した超小型EVの実力はいかに?

少人数・近距離の利用に焦点を置き、容量の小さな電池を搭載する超小型BEV「C+pod(シーポッド)」。ボディサイズは全長2490×全幅1290×全高1550mm。WLTCモードの航続距離は150km

 トヨタは、2020年から2021年にかけて、相次いで軽自動車より小さな移動車両を発表した。一つは、2人乗りの超小型モビリティであるC+pod(シーポッド)だ。これは法人や自治体などへの限定リース販売からはじめ、2022年に一般消費者へも拡大販売の予定である。

 もう一つは、1人乗りの歩行領域で使うC+walkT(シーウォークティー)だ。これは10月から販売店で売り出し、またトヨタレンタリースでも扱う。これら導入の狙いをトヨタは、すべての人が自由に移動できる、よりよいモビリティ社会の実現へ向けた取り組みと位置付けている。

 シーポッドは、車体寸法が全長2.49m、全幅1.29m、全高1.55mで、軽自動車規格の全長3.4m、全幅1.48m、全高2.0mと比べても大幅に小さく、ことに全長の短さが際立つ。2名乗車の座席の後ろはすぐリアゲートであり、運転席から振り向くと背中が車両の後端といった印象だ。

 モーター駆動の電気自動車(EV)である。9.06kWhのリチウムイオンバッテリーを車載し、一充電走行距離はWLTCで150km。最高時速は60kmまでと制限されており、自動車専用道路や高速道路は使うことができない。都市高速では時速60kmの速度制限区間もあるが、入ることはできず、一般公道のみでの利用となる。

 超小型モビリティの一つのひな型として、日常の用途でどのような走りを期待できるのか。機構をできるだけ簡素にし、価格を下げながら、移動の自由を満たすため、パワーステアリングやブレーキ倍力装置は装備していない。それでも、ハンドル操作に特別な腕力を必要としたり、減速がなかなかうまくいかなかったりということはなかった。あらかじめ知っておけば問題ない。

 一般公道で時速60kmまでの走りを想定しているので、アクセルペダルをいっぱいに踏み込んでも、猛然といった加速はしない。それでも交通の流れには充分乗れる加速性能を備えている。しかしモーター特有の回生をあまり利かせていないので、回生を積極的に採り入れれば、より速度調整や減速を滑らかにできるのではないかと思った。

 窓はスライド式で、手で上下に移動させて開け閉めする。低い速度のうちは車両接近警告音が車内に入り、それ以上となるとタイヤ騒音などが室内に届いて、走行中はけっこううるさい。軽自動車を含めたクルマという印象はないに等しい。それでも雨にぬれず気軽に近所まで行くには便利だろう。空調も装備されているが、スイッチを入れたら、走行可能距離は半減した。

「シーウォークティー」は高齢者の脚となるか

立ち乗りタイプの3輪BEV「C+walk T (シーウォークティー)」。ボディサイズは全長700×全幅450×全高1210mm。価格は34万1000円~35万4200円

 シーウォークティーは、3輪(前1輪、後2輪)のボードの上にハンドルとなるレバーが直立し、ハンドルのスイッチを押すことにより最高時速6kmで走ることができる。それでも速すぎると感じれば、速度を制限させる調節ができる。

 歩行者と一緒に並んで走れる性能を基本としている。また、人が歩くときのように、人の体の幅に収まる寸法でつくられている。立ち乗りするための床は、15cmの高さに抑えられ、高齢者でも乗り降りしやすいように考えられている。

 安全装備として、前の人や障害物の検知機能を備える。検知すると警告し、時速2kmまで自動減速する。一充電走行距離は14kmで、リチウムイオンバッテリーは脱着式となっており、100Vで充電する。今後は、座り乗りや、車椅子と連結して使う方式も検討されている。

 試乗した印象は、唐突さがなく多くの人がすぐ慣れて利用できるだろうと思える性能になっていた。バイクや自転車のような棒ハンドルを操作して旋回する際には、操舵角に応じて減速する機能を備え、転倒などに対する安全にも配慮がある。トヨタらしく、全体的に調和のとれた仕上がりだ。

 高齢者の利用も視野に入れているとのことだが、筋力が衰える傾向にある高齢者にとって、たとえば旋回時の減速の仕方がなお強めの印象があり、ハンドルを持っていても体が旋回に追いつけないのではないかとの懸念が残る。

 若い設計者には想像もつかないことだろうが、高齢者は体力が千差万別であり、筋力や反射神経は想像以上に年々劣っていく。本人が自覚する以上に、平衡感覚を保ちにくい体になっている。歩くのが苦手、あるいは長距離を歩くのが難しい高齢者に移動の自由をもたらすとの志は感じるが、現実の高齢者の体力や反射神経といった点の検証がまだ不充分のようだ。

 自分でクルマを運転して移動する以外の選択肢として、2輪のバイクや自転車、そして自分の足で歩く、あるいは家族などの運転やタクシーなどに乗せてもらうといった従来のほかの試みが、シーポッドでありシーウォークティーだ。自動車メーカーとして、そうした選択肢を現物で提供する姿勢は、事業拡大の一つとなるだろう。

 いっぽう、それぞれの乗物を具体的にどのような場面で、誰が使うのかといった検証は、これからの課題であると感じた。もちろん、物がなければ具体像を描きにくいかもしれないが、商品企画の時点で具体的な利用事例をもっと詰めて販売すれば、さらに話題を呼ぶのではないかと思う。

次ページは : 超小型モビリティは将来のインフラになるのか