軽い! 安い!! 安全!! これぞ「日本の良心」新型アルトの純ガソリン車に見るスズキの心意気

軽い! 安い!! 安全!! これぞ「日本の良心」新型アルトの純ガソリン車に見るスズキの心意気

 2022年5月13日から高齢運転者対策として、安全運転サポート車(サポカー)限定免許が導入される。申請した高齢者は、2020年4月以降に製造され、2021年11月以降の新型車に義務づけられた保安基準をクリアしたクルマしか乗れないことになる。

 クルマが生活の足となっている地域も多く、自由に移動できることを制約されてしまう。そんなユーザーのために心強い味方が2021年12月にフルモデルチェンジを行った軽自動車の新型スズキアルトだ。

 ここでは新型アルトに試乗し、先代モデルからの進化したポイントや乗り心地などを紹介する。

文、写真/萩原文博

【画像ギャラリー】新型アルトの詳細を画像で紹介(14枚)画像ギャラリー

安全、走り、室内空間の拡大が新型アルトのポイント

新型アルトのフロントスタイル

 9代目となる新型アルトの注目のポイントは、まず安全装備の向上。室内空間が拡大したデザイン。そしてマイルドハイブリッドを搭載し優れた燃費&走行性能の3点だ。

 安全装備の向上では、先代モデルではデュアルセンサーブレーキサポートを核とした運転支援システムは、上級グレードでは標準装備だったが、エントリーグレードでは、オプション設定となっていた。

 しかし新型アルトではデュアルカメラブレーキサポートを核とする運転支援システムが全グレードで標準装備となっている。また、衝突被害軽減ブレーキの検知機能も従来の歩行者は約5km/h〜約50km/hだったが、上限が約100km/hまで引き上げられているのが特徴だ。

 続いては室内空間が拡大したインテリア。先代モデルから全高を+50mmの1525mmまで拡大。その結果、室内高も1260mmと+45mmとなり、前後席のヘッドクリアランスにゆとりが生まれている。さらに、室内幅も+25mmの1280mmを確保し、カップルディスタンスも拡大している。

 加えて先代モデルよりAピラーそして、リアハッチの角度を緩くしたデザインによって、ルーフラインが長くなりボディが大きく見える。また、ドライバーからのガラスエリアが広くなり、前方だけでなく後方の視認性を向上させている。

 そして3点目の優れた燃費&走行性能。走行性能を向上させるために、新型アルトは軽量・高剛性のプラットフォーム「ハーテクト」をはじめ、全方位の剛性を向上させる「環状骨格構造」そして、乗り心地を向上させるためにスプリングのバネ定数とショックアブソーバーの減衰力を変更したサスペンションを採用。

 燃費性能の向上には、上級グレードのハイブリッドSとハイブリッドXにはWLTCモードで27.7km/L(2WD車)という優れた燃費性能を発揮するマイルドハイブリッドシステムを搭載。

 高い熱効率を実現したエンジンに、発電効率に優れたISG(モーター機能付発電機)と専用のリチウムイオンバッテリーを組み合わせたマイルドハイブリッドシステムを採用。減速時のエネルギーを利用して発電し、加速時にはモーターでエンジンをアシストする。

 エントリーグレードのAと売れ筋グレードになりそうなLはエネチャージを採用した660cc直列3気筒DOHCエンジンにCVTを組み合わせて、燃費性能はWLTCモードで23.5〜25.2km/Lを実現している。

 今回試乗したのは、車両本体価格125万99500円のハイブリッドXの2WD車だ。丸みおびた外観デザインはとてもフレンドリーだが、車高が1525mmと高くなったことで、存在感は増している。

乗り手のことを考えたチューンに開発陣の優しさを感じる

今回は街乗りを中心に走行をチェックした

 新型アルトに乗車すると、全高を高めた効果は絶大で、フロントシートだけでなく、リアシートのヘッドクリアランスに余裕が生まれている。そして特にリアのガラスエリアが拡大したことで、後方の視界が向上しているのは好印象。

 車両重量は710kgに抑えられており、大人二人が乗っても900kgに満たないので、自然吸気エンジンでもスムーズな加速を見せる。ただアクセルペダルを踏み込むとエンジン音がかなり進入してくる。

 しかし、アクセルペダルをやんわりと踏んでいくとモーターアシストも働き、エンジンのノイスはほとんど発生しない。これはメインターゲットである高齢者の操作に合わせたチューニングを施しているとのこと。信号待ちからの発進でもジワッとアクセルペダルを踏むとスッと法定速度までストレスなく加速してくれる。

 舗装路を中心に石畳のような道路を走行したが、乗り心地は概ね良好。路面からの入力も抑えつつ、収束も早めなのでリアシートの乗員も快適に移動できる。

 パワートレインに関しては高速道路の合流などでは、多少加速などにストレスを感じるシーンもあるかもしれないが、街乗り中心であれば全く問題ない。乗り心地も車両重量の軽さがネガにならないようにしっかりとした味付けがなされており、前後左右の揺れはかなり抑えられている。

 試乗したハイブリッドXとLの2WD車同士の燃費差はWLTCモードで2.5km/L。それでいて、価格差は約26万円。LにオートエアコンやLEDヘッドランプなどがセットとなったアップグレードパッケージを装着すれば、十分満足できるクルマに仕上がると思うし、実際これが売れ筋となるはずだ。

 軽自動車のベーシックモデルであるアルトが走行性能や安全性能の基準を高めたことは、大きな意義があるし、今後の軽自動車の商品力の大きな影響を及ぼすのは間違いない。

 加えてアルトのような低価格で安全性の高いモデルが登場することで、人々のクルマに乗る時間が長くなるというのは大きな意義があると思う。

 免許証返納を進めるだけでなく、こうしたクルマをサブスクリプションなどでより手軽に乗れるような補助金などの対策を講じてもらいたい。

【画像ギャラリー】新型アルトの詳細を画像で紹介(14枚)画像ギャラリー