今だからこそ知りたいし知るべき!! クルマに罪はない!!!知られざるロシア車の真実は…走るシーラカンスだった…


 ご存じ、ロシアによるウクライナ侵攻という蛮行の真っただ中という状況が続いています。先進国が「まさかそこまでやらないだろう」と予測するなか、そこに踏み切った体質に驚くが、ロシアとはいったい全体どういう国でどういうカルチャーなのか? そこであえて今、貴重な日本在住のロシア車に乗ってみることにした。協力を願ったのは激レア欧州車の直輸入販売で有名な東京・千駄ヶ谷のショップ、『ルパルナス』さんだ。

 ロシア産のクルマはどんな具合なのか? え、最近売れてるって本当ですか? そして何より知りたい、今ルーブルで決済ってできるんでしょうか……???

文/小沢コージ写真/ベストカーWeb編集部、平野 学、フィアット、取材協力/ルパルナス

【画像ギャラリー】今あえて注目したいプリミティブなロシア車の真実とは? ラーダニーヴァとUAZ3909(60枚)画像ギャラリー

■今あえてシーラカンスなロシア車に乗る!

LADAニーヴァレジェンドルクス5ドアモデル。すでにロシアでも生産が終了した貴重なモデルで、ルパルナスではこのモデルが諸費用消費税込みで約330万円とのこと

「今はワズやラーダ4×4、初代フィアットパンダや新車のシトロエン2CVなどプリミティブなクルマにフォーカスしています。世界的にクルマの電動化が進むなか、今乗らなければいつ乗るの、今でしょって話ですね」(輸入元ルパルナス談)

 今のロシア自動車市場は乗用&商用&トラック含めて年間約160万台前後で世界10位というそこそこな規模。驚かされるのは他マーケット同様、日本、韓国、ドイツなど海外グローバル勢が参入するなか、地場ブランドが頑張り続けていること。

 筆頭は創業1966年で2014年には日産ルノーアライアンス傘下に入ったロシア最大の自動車メーカー、アフトワズの「ラーダ」ブランドだ。 

 モスクワから東に約1000km行ったヴォルガ川沿いトリヤッチを本拠地とし、創業当初はVAZ(ヴォルガ自動車工場)という、BMW(バイエルンモーター工場)みたいな社名だった。

■匂いは新車でもデザインは1970年代!

 その代表作が今回乗った本格クロカン4WDのニーヴァだが、実に今から45年前の1977年に生まれた現代版「走るシーラカンス」でもある。この手の四駆は一般車以上にプロ向けや軍用で愛用されるため、ロングセラーは当たり前。3代目スズキジムニーは20年間、有名な初代メルセデスベンツGクラス(ゲレンデバーゲン)などは1979年から39年後の2018年まで作られていた。

 しかし、ロシア車は「シーラカンス度」で西洋的常識を上回っており、今回乗った最新型ニーヴァレジェンドの基本設計は45年前! 塗装や車両の匂いは新車なクセして、デザインや装備品は1970年代後半という不思議な時代錯誤感に萌える。

 同時にコイツが今も年30万~40万台レベルで作られ、現地周辺で消費されているのも驚きで、このタイムスケール感と規模はロシアならではだ。

 一方、ニーヴァレジェンドには着実にルノー日産の技術が移植されており、インパネデザインは小沢が5年ほど前に乗ったニーヴァとビミョーに異なっている。パワーウィンドウスイッチはルノー車と同じだし、マニュアルエアコンのダイヤルもルノーっぽい。ルパルナス担当者によれば「操作系なんかもいろいろ滑らかになってます(笑)」とか。

 とはいえ乗りこんだニーヴァレジェンドからは記憶を呼び覚ます1970年代の香りであり、古きよきフィアットの香りが漂ってくる。

■あり得ない古今折衷車! ラーダニーヴァレジェンド

 まず、サイズ感が今じゃあり得ない。今回チェックしたのは3ドアと5ドアでほかにピックアップトラックがあるが、前者の全長×全幅×全高とホイールベースは3640×1680×1640mmと2200mmで、後者が4240×1680×1640mmと2700mm。これと張り合えるのは軽ベースのスズキジムニーシエラくらいという昭和なコンパクトさだ。

 デザイン観もぜんぜん違ってなぜか初代フィアットパンダに似ている。というのもアフトワズの前身であるヴォルガ自動車工場は、1966年のフィアット124のライセンス生産から始まっており、まさしくフィアットがお手本なのだ。

 丸目ヘッドライトの上にまゆ毛のごとく長方形ウィンカーが付くレイアウトもクラシカルだし、タイムスリップ感はハンパない。

 さらに時代錯誤感たっぷりなのは装備のハイテク度でライト類はイマドキLEDゼロ。すべて電球だ。唯一、後付け風のハイマウントストップランプがLEDっぽいがそれくらい。

 インパネにもデジタルディスプレイの類はいっさいなく、それどころかオーディオすらついてない。エアコン下にDINサイズの空きスペースがあるだけだ。

 代わりにフロアには長めのシャフトの5MTとふたつのレバーが備わり、そもそもATの設定自体がない。しかも本格四駆で複数フロアレバーといえば、ランクル70系のようにローレンジとハイレンジ、さらにFRと4WDを切り替える副変速機を思い浮かべるが、ラーダに効率的なFRモードはなく、常時4WDでローとハイを切り替えるだけ。もう1本はデフロック用レバーで、まさに悪路走破に特化した男のワイルドSUVなのだ。

ラーダニーヴァレジェンド5ドアに試乗する筆者。乗り心地は思いのほか良好だったことに驚かされた!!

 サスペンションはフロントが教科書に書いてあるような強固なコイル式ダブルウィッシュボーン式で、リアがリジット式5リンク。運転感覚は不思議で、ステアリングフィールはなぜかフィアットパンダに似ていて、乗り心地がことのほかヨイ。

 エンジンは84ps/129Nmを発生する1.7LのSOHCガソリンで、基本設計はボディ同様に1970年代と古い。しかし、そのわりにちゃんと回るし、パワー感もあって、これぞロシア七不思議。根本設計こそ古いが、2000年代に入って燃料系がインジェクション化され、排ガスはユーロ5に対応。

 また、極寒期の遭難事故も多いのだろう、SOSスイッチは法的に義務付けられ、ラーダにも後述するUAZにもついている。

 圧倒的古さと絶妙モダンさが共存しているのが今のロシア車なのだ。

次ページは : ■超ド級の時代錯誤感はこちらが上!! UAZ(ワズ)3909SGRコンビエクスペディション