ホンダ NSX 2370万円の国産スーパーカーに感じる「非常に深い断絶」とは

国産スーパーカー・ホンダ NSXがマイナーチェンジされた。マイチェンモデルの発売は2019年5月となっているが、NSXは受注生産につき、納車まで半年から1年かかる。よって、いま申し込んでも納期は最速でも2019年5月以降。つまり「もう変わりました」と言って差し支えないだろう。

NSXといえば、1990年の発売当時、フェラーリなどに対抗し得る日本で唯一のスーパースポーツとして注目を集めた初代モデルが“元祖”。

現行型NSXが発売されたのは、その初代モデルが2006年に生産を終えてから約10年後のこと。2016年発売の現行型は、ホンダ独自の4WDシステムを使ったハイブリッドスポーツに生まれ変わった。今回試乗したのは、冒頭でも触れたその最新モデルだ。

価格2370万円。ニッポンのスーパーカー、最新のNSXは何が変わったのか? そして、かつてのNSXと比べて、その“立ち位置”は変化しているのか?

文:清水草一
写真:池之平昌信


“改良版”NSXは何が変わった?

写真のサーマルオレンジ・パールは、初代に設定されたイモラオレンジ・パールをイメージした新設定のボディカラーだ

変更点は、まずはダイナミクス性能(走る・曲がる・止まるに関わる車の性能)の進化だ。

新開発の専用タイヤ(コンチネンタル・スポーツコンタクト6)を採用し、サスペンション性能をアップ。フロントスタビライザーを26%、リアスタビライザーを19%、リアコントロールアームブッシュを21%、リアハブを6%、それぞれ剛性を高めている。

また、走行シーンに応じて最適な車両特性を選択できる「インテグレーテッド・ダイナミクス・システム」の各モード制御を最適化し、その他走りに関するあらゆる部分の熟成を進めた。

これによって、低中速域での切れの良いハンドリングと、高速域での安定性を高次元で両立させ、限界域でのコントロール性や安定性もアップしているとのことだ。

変化は進化に繋がった!? ホンダスピリット“頂点”の実力

箱根のワインディングロードを走るNSX。真骨頂でもある誰でも扱えるスーパーカーというコンセプトは不変だ

では、実際に乗ってどうだったのか?

実を言えば、NSXに乗ったのは約2年ぶり。今回のマイチェンでの変更点は、ファインチューンというべきもので、決して大きな変更ではない。初期モデルがどんなだったか、そんなに詳細には覚えていないというのも事実で、公道での試乗で違いを実感するのは、大変困難な作業だった。

あえて「ここは変わったかな?」と思ったのは、まず乗り心地。全体に以前より少しハードになったという印象だ。スタビライザー等を固めているのだから当然だが、それでもまぁ現代のスーパーカーらしく、まったく問題のない快適性は実現している。ゼブラ舗装の部分を走る時は、「あれ、前よりガタガタするな」とは感じたが、その程度である。

パワートレイン系の変更はないが、加速は相変わらずメチャ速い。といってもこれまた、現代のスーパーカーとしては標準的なもので、ライバルと目されるフェラーリ488やランボルギーニ・ウラカンとほぼ同等レベルだ。

ただし、NSXはスーパーカーのボトムクラスでは唯一のハイブリッドカー。モーターの加速が加わる分、アクセルを踏んだ瞬間にグイーンと背中を押される感覚はかなり独特だ。

そしてコーナリング。これに関しては、サスペンション剛性を高めた結果、以前よりロール等の姿勢変化が小さくなった……気がする。また、スポーツハイブリッド SH-AWDの駆動力配分が熟成されたせいか、人工的に曲げる感覚が薄まり、以前より若干自然に、かつ安定して曲がるようになった印象だ。

しかし、まぁこの辺は、本当にファインチューンの領域で、これで「NSXの魅力が大幅アップ!」とか、「新たな世界が見えた!」とかいうことではない。公道レベルでは、言われなければわからないレベルの違いだ。

鈴鹿サーキットのラップタイムは2秒短縮されているので、サーキットならかなり違いが体感できるのかもしれない。

外観は小変更ながら意外なほど「効果あり」

従来型(左)と改良型(右)NSXのフロントマスク。これまでメッキ調だったグリルをボディ同色化したのに加え、メッシュパーツもマット仕上げからグロス仕上げへと変更

エスクテリアの変更としては、フロントグリルのメッキ部分をボディに同色にしたことが一番大きい。

以前のメッキグリルについて私は、「まるでマジンガーZじゃん!」「ダサすぎる!」と思っていた。それがボディ同色になり、かつその下のグリル部のブラックが、マット仕上げからグロス仕上げに変更されてより黒々としたおかげで、全体にシンプルで強そうな顔になった。

こちらもほんのわずかな変更だが、効果は一目瞭然。もちろん乗ってたら見えませんけど、すれ違うNSXを見て、「あ、ずいぶんカッコよくなったな」と思いました。

デザインのほうは、ほんのわずかな変更で、かなり印象が変わるものだ。グリルの最上部のメッキは、NSX最大の弱点とすら思っていたので、それがボディ同色に変更されたのは、個人的には「やってくれてありがとう!」だった。

初代と最新型でNSXの立ち位置は変わったのか?

1990年に発売された初代NSXと2019年仕様のNSX。ホンダが誇るスーパーカーの立ち位置は変わったのか? そこに共通するスピリットはあるのか?

ところで新型NSXは、スーパーカーファンにとってどんな存在なのか。

私の周囲でスーパーカーに乗っている者に聞いても、「NSXにはまったく興味がない」という反応に終始する。欲しいという話は一度も聞いたことがない。

NSXはスーパーカーではあるが、フェラーリやランボルギーニなどの欧州製スーパーカーとは、顧客層はほとんどかぶっていないのではないだろうか? 非常に深い断絶を感じる。

欧州製のスーパーカーは、狂気や情念のカタマリだ。イコール芸術性と言い換えてもいい。
しかし、NSXには狂気はない。あるのはひたすら技術だ。これは初代NSX時代から変わらない。

初代NSXが登場した頃、欧州製スーパーカーは狂気や情念だけで、技術が欠けていた。そんなとき、技術のカタマリのNSXが登場して、大きなショックを与えたのだ。

が、現在は、欧州製スーパーカーの技術は飛躍的に向上している。あくまでベースは芸術性だが、技術も同じくらいのレベルに追いついたようなイメージだ。欧州対ホンダの技術レベルは、F1グランプリの状況を見るとわかりやすい。かつてホンダは圧倒的な技術で勝利を重ねたが、近年は大苦戦している。

新型NSXに関しては、技術で26年間のブランクを埋め、欧州製スーパーカーと対等の走りを実現したが、いかんせん芸術性は最初からない。なにせサラリーマンが作ったクルマですから! グリルをメッキからボディ同色にしたくらいで、芸術的になるわけでもない。

NSXは“大衆車メーカーのスーパーカー”でいいのだ!

数少ない国産スーパーカー、NSX。開発陣がライバルにあげたランボルギーニ ウラカンやアウディR8なども同価格帯には世界の並み居るスーパーカーが存在する

しかし世の中には、クルマに芸術性を求めずに、むしろそういうものを暑苦しいと感じる人だっているだろう。そういう人にとって、NSXはうってつけだ。

欧州製スーパーカーは目立ちすぎるし肉食系すぎる、もっと落ち着いたスーパーカーに乗りたい、あるいは純粋にスーパーなメカに接したいという、理系脳を持った人とか。なにしろスーパーカーとして、こんなにマジメで落ち着いた雰囲気を持つクルマは他にない。「クワイエットモード」もあるし。

思えばNSXは、大衆車メーカーが作る、世界的にも珍しいスーパーカーだ。ユニクロがオートクチュールを作っているようなものなのだ。

それは凄い挑戦ではあるが、限界もある。

やはりスーパーカーは、本質的にはブランド品であり芸術品。ブランド力やデザイン力で劣るNSXが、スーパーカーの主流になることはないだろう。

でも、それでいいのだ。ホンダはNSXを大切に育ててほしい。スーパーカーのマイノリティでいいので!

■NSX(2019年モデル)/全長×全幅×全高:4490×1940×1215mm、ホイールベース:2630mm車重:1800kg、駆動方式:4WD(SH-AWD)、価格:2370万円

パワーユニット:3.5L V6ツインターボ(ハイブリッド)、エンジン最高出力:507ps/6500-7500rpm、エンジン最大トルク:56.1kgm/2000-6000rpm、モーター最高出力(前/後):37ps/48ps、モーター最大トルク(前/後):7.4kgm/15.1kgm

インテリアデザインに変更はないが、新色としてインディゴが追加された

最新号

ベストカー最新号

【スクープ】新型アルファードに新情報|ベストカー 7月10日号

 ベストカーの最新刊が本日発売! 次期型アルファードが2022年春販売するとの情報を独占入手。本誌スクープ班が掴んだ情報を詳しく紹介する。  そのほか、GRスープラ初試乗スペシャルや新型タントのプロトタイプテストの情報ともに、注目車種の情報…

カタログ