ただのホンダ車では満足できない人に ホンダアクセスModulo試乗会


 ホンダ車のチューニングパーツやアクセサリーパーツ開発を手掛けるホンダアクセス。その商品ブランド「モデューロ」は、ホンダファンのみならず多くのクルマ好きから支持を集めている。

 そうはいってもディーラーに試乗車があるわけでもなく、一般ユーザーにはなかなか目にする機会も実際に乗る機会も少ない。そこで今回、一般ユーザーを代表して、ベストカーClubと自動車ジャーナリストの鈴木直也氏が、モデューロ各車を試乗。本稿では鈴木直也氏による「モデューロ、どうだった?」という記事をお届けしたい。
文:鈴木直也


■試乗車は7台、会場は栃木のツインリンクもてぎ

 ベストカー読者が集まって結成された、その名も「ベストカーClub」。これまでにも、女神湖氷上走行会や富士スピードウェイのエコカーカップなど、ぼくはその活動にときどきお邪魔させてもらっている。

 そのベストカーClubが、今回はツインリンクもてぎでモデューロの試乗会を開催するという。用意された試乗会場は広大な第2アクティブセーフティ。外周を回ればほぼ1km以上の距離が稼げる立派なエリアだ。

 ここで、モデューロのコンプリートカー、各種パーツを組み込んだデモカー、そして歴史的な名車初代NSXなどに試乗できるというのだから、参加17名の読者イベントとしては贅沢極まりないメニュー。ぼくはアドバイザー的な立場での参加だったけれど、大いにエンジョイすることができた。

ツインリンクもてぎの「第2アクティブセーフティ」にて試乗会を実施。NSXとビートにはホンダアクセスが手掛けた足回りが組まれており、参加者は往年の名車の走りを存分に楽しめた。快適性能はさすがに古さを感じさせたが、「自分はいま! クルマを運転してる!!」という感覚がびしびしと感じられた

【今回の試乗車】
NSX Type S
BEAT
S660 Modulo X
FREED Modulo X(HEV)
Modulo S660
Modulo VEZEL
CIVIC Type R

■モデューロが目指すものとは?

 さて、そもそも“モデューロ”とは何ぞやだが、ホンダ純正の用品開発会社“ホンダアクセス”が開発した商品のブランド名だ。1994年発売のアルミホイールに初めて使われて以降、各種用品の統一ブランド名として発展して今日に至っている。

 ホンダアクセスがこの“モデューロ”に込めた思いは、ノーマルの新車では満足できないユーザーに向けて、「ホンダ車はもっとカッコよく、もっと走りが楽しくなりますよ!」と提案すること。

当日はS660 Modulo/Modulo Xの開発者である松岡靖和氏が来ていただき、開発の狙いや各パーツの特徴などを解説してくれた。なんと贅沢な!!

 量産を前提とした新車は、どうしたって最大公約数狙いとならざるを得ない。クルマ好きが高じるほどに、デザインも走りもお仕着せでは物足りなくなる。そこに、純正用品ならではの完成度と信頼性を備えたモデューロが活躍する舞台があるわけだ。

 そういう意味でぼくが注目したのは、各種パーツを組み込んで仕立てたコンプリートカーの“Modulo X”というシリーズだ。

次ページは : ■まずはS660 ModuloXの「味」

最新号

ベストカー最新号

【新型86/BRZ 世界初公開】5ドアジムニー最新情報入手!!|ベストカー5月10日号

ベストカー5月10日号、本日発売!! 4月5日に全世界公開されたばかりの新型トヨタ86/スバルBRZの情報をベストカー本誌の独自視点で分析します!5ドアジムニー最新情報も登場。

カタログ