【フェアレディZはどこへ行く】50周年記念車にある「Zの志」と未来


 2019年5月24日から予約注文が開始され、2020年3月末までの期間限定モデルとして同年7月から発売となった、フェアレディZの生誕50周年を記念した限定モデル「フェアレディZ 50thアニバーサリー 」。

 今回はそのフェアレディZ 50thアニバーサリーモデルを借りだし、1969年にデビューした初代S30型、240ZGオーナーである、モータージャーナリストの岩尾信哉氏が試乗! 

 240ZGと50thアニバーサリーモデルの両モデルを比較しながら、初代Zから、2008年12月にデビューした現行Z34型に至る、6代にわたって受け継がれた伝統、志はどう受け継がれているのか検証する。

文/岩尾信哉
写真/小河原 認 


Zの50周年を祝う「BRE仕立て」

Z 50thアニバーサリーモデルと岩尾さんが所有する1974年式初代S30Z、240ZG

 初代S30Zオーナーとしては、50周年と言われてもいまひとつ実感できないのだが、長い歴史をもつ数少ない日本車であることは確かだ。

 Z32型の生産休止から2年後の2002年、Z33型は初代へのオマージュとともに復活を遂げた、世界で累計24万5000台を販売、日本では6年間で3万7000台を販売したというZ33型の存在価値は大きいといえる。

 現行モデルであるZ34型ではZ33型からホイールベースを100mm短縮、エンジンフードやドアパネルのアルミ化などによって約100kgの軽量化を図ったうえで、可変バルブタイミング/リフト機構「VVEL」を装着したVQ37VHR V6エンジンを採用。

 変速時のエンジン回転数調整を自動化した“シンクロレブコントロール機能をもつ6速MTとパドルシフト付き7速ATなどを与えて、よりスポーティさを強調する仕立てとなった。

赤/青/白のトリコロールの“BREカラー”は、ニッサンのモータースポーツのイメージカラーへと引き継がれたという解釈が成り立つ。肖像/商標権などの問題から“BRE”の詳しい説明ができない事情があると想像されるとはいえ、多少なりとも触れておく必要はあるだろう。日産のブランドカラーとしては「2000年以降の赤を中心としたものから現在まで至っている」(日産広報部)としている

 2019年4月末にニューヨークショーの開催に合わせて初公開されたこの50thアニバーサリー。発表リリースにあるオマージュの対象と言われる「BRE DATSUN240Z」の「BRE」の名にピンと来るアメリカの「Z-Car」ファンも多いはずだ。

 この「BRE」はアメリカレース界のレジェンドといえるピート・ブロックが興した「Brock Racing Enterprises」が呼び名の由来であり、1960~70年代に北米のSCCA(スポーツカー・クラブ・オブ・アメリカ)主催のモータースポーツ・シーンで活躍したことで知られる。

 日産は「DATSUN」(ダッツン)ブランドとして、510ブルーバードとともに、“Zカー”として240Z、280Zを送り込んでいた経緯がある。

1970~1972年にかけてSCCA C-プロダクションクラスにおいて2年連続シリーズチャンピオンに輝いた。写真はNO.46ジョン・モールトンがドライブしたBRE 240Z。PHOTO/BROCK RACING ENTERPRISES

(画像ギャラリー)50年におよぶ歴代フェアレディZの変遷、240ZG、Z 50thアニバーサリーモデルの未公開ショット

もう少し“スペシャル”でもよかった!

  Z 50thアニバーサリーモデル の仕立てをさらに見ていくと、白/赤と銀/黒のコンビネーションのカラーリングを用意。

 そのうえで、フロントフェンダーにステッカー、リアには50周年記念を象徴するバッジを追加し、ホイールリムにレッドラインを追加した19インチアルミホイールを採用。

 インテリアには、レーシングカーをイメージさせるセンターストライプを施したアルカンターラ表皮のステアリングホイールのほか、シートとシフトノブ周りやメーター内に50周年記念ロゴを配するなどの演出を施した。

Z 50thアニバーサリーモデルのインテリアは、レーシングカーをイメージさせるセンターストライプを施したアルカンターラ表皮のステアリングホイールのほか、専用キッキングプレート、専用カラーのシフトノブ、専用ステッチを施したパワーシートやドアトリムが採用
社外品のナルディステアリングが装着されている岩尾さん所有の240ZG。こうして比べてみるとZ34型のインテリアデザインは、この初代をリスペクトしているのがわかる

 この Z 50thアニバーサリーモデル は、2020年3月末までの期間限定モデルとしており、車両本体価格を458万8920円(6MT)~466万6680円(マニュアルモード付き7速AT)として2019年7月に発売となった。

 ひと言で言うとこのモデルは、現行Zの標準仕様に「デコ・チューン」を施したもので、昨年発売された片山“イエロー”をボディカラーを基本とした「Heritage Edition」と同様の仕立てだ。

 振り返って、35周年(Z33型)や40周年(Z34型)の特別仕様車には、エンジン/サスペンションなどに専用チューンが施されていたことを考えれば、トーンダウンしているのが残念だ。

50thアニバーサリーモデルの運転席・助手席は専用ステッチ付き本革・スエード調ファブリックコンビシート(50周年記念型押しロゴ、ヒーター付き)が装備される
240ZGのインテリア。岩尾さんは操作系も純正品にはまったくこだわらないという。ステアリングホイールは、純正のウッドリム(永年取り置きしておいたが、厳しい財政事情により処分)採っておいたが握りやすさでは定評のある“ナルディクラシック”に変わっている。シートは運転感覚を重視すれば、社外品の装着可能なバケットシートなどを入手したいが、とかく値が張って困っていたという。そこで購入当初から傷みが目立った純正装着品にビニールレザーのシートカバーを購入して張り替えたという

次ページは : 紆余曲折あったZの変化

最新号

ベストカー最新号

【新型86/BRZ 世界初公開】5ドアジムニー最新情報入手!!|ベストカー5月10日号

ベストカー5月10日号、本日発売!! 4月5日に全世界公開されたばかりの新型トヨタ86/スバルBRZの情報をベストカー本誌の独自視点で分析します!5ドアジムニー最新情報も登場。

カタログ