【キックス フーガ エクストレイル ジューク Z】 新型続々!! 日産の「2020」以降を追え!!!

 10月5日の記事「【絶体絶命!? 崖っぷち!!?】 日産販売店に“本音”を聞いてみた」では、日産の窮状と現場の声とをお伝えしたが、きたる2020年以降、日産には期待の持てそうなラインナップが続々と予定されている。

 今回はその最新情報をぎゅぎゅっと凝縮してお届けする。

【画像ギャラリー】こ、これは売れそう…!!! コンパクトSUVキックスの姿をギャラリーでチェック!!!

※本稿は2019年9月のものです
文:ベストカー編集部/写真:NISSAN、ベストカー編集部
初出:『ベストカー』 2019年10月10日号


■コンパクトSUV キックス登場! ほかSUVに新たな動きが発覚

 クルマメーカーにとって夢のあるクルマを売ることはもちろん大事なことだが、同じくらい大事なのが実用性の高い量産車を売ること。夢だけではメシは食えないわけで、利益を出してくれるクルマもやはり大切だ。

 2020年以降の日産は、そこも充実していきそうだ。まず最新情報として、現在は海外専用車となっているコンパクトSUV、キックスの日本導入が決まった模様。

●キックスの日本導入が決定(2020年夏)

海外市場でのみ売られているコンパクトSUVのキックスが日本でも売られることになったもようだ。直4、1.6Lガソリンエンジンを搭載するFF車で、カジュアルさが魅力のクルマだ

 キックスは2016年にブラジルでデビューし、2018年6月から北米市場でも販売を開始。125hpの直4、1.6Lガソリンエンジンを搭載するFF車で、北米での価格は約1万8000ドル(約190万円)スタートのカジュアルなSUVだ。

 日本での発売時期は定かではないが、導入を決断したとなれば早いはず。来年の夏頃には登場すると思われる。

 いっぽうで、ちょっと気になるのがジュークの存在。キックスを日本でも売るとジャンルがかぶってしまう。実際、北米ではキックスの発売と同時にジュークをラインナップから外している。

 新型ジュークは欧州では9月3日に正式デビューしたが、「日本では売らないのではないか?」という説が根強くあるのだ。今回、そこのところを情報筋に当たってみたが、「2020年度に入ってすぐ、日本でも発売するはず」との回答を得た。

●NEWジュークはe-POWERで登場(2020年春)

日本では販売なしという噂もあったNEWジュークだが、来年春の登場が決まったもよう。e-POWERを中心にしたパワーユニット構成で、NISMOバージョンはターボになる可能性も(写真は欧州仕様)

 つまり来年4~5月頃の登場ということ。パワーユニットはe-POWERになることが確実だが、欧州のエクストレイルに新たに設定された1.3Lダウンサイズターボ+DCT仕様も用意される可能性がある。

 そのエクストレイルは今年の秋に現行型のマイナーチェンジがあり、その1年後の来年秋にフルモデルチェンジというスケジュールだ。こちらもe-POWER搭載車がメインとなるが、発電用のエンジンに熱効率を45%まで引き上げた新開発ユニットを採用するという情報もある。

●NEWエクストレイル(2020年秋)

エクストレイルもe-POWERを搭載する。欧州で追加された1.3Lターボもあるかも(画像はベストカー予想CG)

 またNISMOバージョンも用意され、そちらにはガソリンターボを設定するかもしれない。

■フェアレディZはビッグマイナーチェンジを実施 ターボが復活

 ベストカーでは昨年秋に正式に次期モデルの開発がスタートし、2021年にもフルモデルチェンジすると伝えてきたが、残念ながらそれはマイナーチェンジのことを指していたようだ。

●フェアレディZはマイナーチェンジで登場(2021年)

ビッグマイナーで内外装もイメージを変えるZ。ターボエンジンを新たに設定するなどフルモデルチェンジに近い変更が施される(画像はベストカー予想CG)

 ただし、これまでお伝えしてきたようにターボエンジンが搭載されることは確か。スカイラインのマイナーチェンジで新たに設定されたV6、3LツインターボがZにも搭載される。

 スカイライン同様、304psと405psの2種類の出力が用意されるだろう。また、内外装にも大きく手が入れられ、イメージを大きく変えるマイナーチェンジとなる。

■フーガはEVに生まれ変わる?

 セダンはどうなるか。日産は日本でシーマ、フーガ、スカイライン、ティアナ、シルフィの5車種のセダンを販売しているが、このうちシーマとティアナには次期型の予定はなく、これからは先日マイナーチェンジしたスカイラインとフーガ、シルフィがセダンを支えていくことになる。

 大きく変わるのはフーガで、昨年のデトロイトショーで初公開したコンセプトカー、インフィニティQインスピレーションがそのベースになると言われている(次期スカイラインという説もある)。

●フーガ後継モデルはEVになる可能性も(2022年)

日産の最上級セダンとなるフーガはピュアEVに変身する可能性がある。よりスポーティなデザインを採用してイメージチェンジ。新しい時代のセダンを強くアピールすることになる(画像はベストカー予想CG)

 インフィニティQインスピレーションは電動車両であるとアナウンスされていて、その種類は不明だが、インフィニティブランドでは今後EVを加速度的に増やしていくことを明言しており、フーガもEVに生まれ変わる可能性は充分にある。

インフィニティ Qインスピレーション

 諸説あるのがシルフィの次期モデル。このままセダンで新型になるという説と、コンセプトを変えてゴルフクラスのハッチバックになるという説があるのだ。

●シルフィ後継はe-POWERホットハッチ!?(2021年)

e-POWERターボを搭載するCセグメントのスポーツハッチバックも開発中。これがシルフィの後継車という位置づけになるのかもしれない。登場は2021年の後半と予想(画像はベストカー予想CG)

 ただ、いずれにしてもe-POWER搭載車になることは確実で、ターボエンジンを使うスポーツモデルが期待できるという。

 さらに先の話では、今後日産は前後モーターを備えた電動車両が主力となっていく。

 パワーユニットはe-POWERもピュアEVもあるが、いずれにしてもモーターで走らせるクルマがメインとなる。

●IMx(2022年)

2022年度には電動車が続々登場。前後2モーターのコンパクトSUVも登場する(画像はベストカー予想CG)

【画像ギャラリー】こ、これは売れそう…!!! コンパクトSUVキックスの姿をギャラリーでチェック!!!

◎ベストカーwebの『LINE@』がはじまりました!
(タッチ・クリックすると、スマホの方はLINEアプリが開きます)

最新号

ベストカー最新号

【次期クラウンはマツダとコラボ!?】トヨタ巨大提携で生まれる新車|ベストカー 12月10日号

 ベストカーの最新刊が本日発売!  最新号では、トヨタと国内メーカーとの巨大提携によって生まれる新型車の重要情報をお届け。ベストカースクープ班が独占入手した情報を詳しく紹介する。   そのほか、ダイハツロッキー&トヨタライズDebu…

カタログ