新型ホンダe 絶賛評価が続々!! EVの新境地を開いた! …のか?


■バッテリーをコンパクトに割り切って小型軽量にしたコンセプトがいい!(飯田裕子)

 コミューター感覚で付き合える本命EVが登場したという印象です。

 クルマですから移動やモノを運ぶという道具ではあるのですが、感覚的には“愛犬”を想像しました。これなら充電している姿も愛おしいと思えそう。

 個性と親近感を抱くことのできるサイズ、それにピッタリな内外装はデザイン性も質感も高い。

カメラ式のサイドミラーはトンネル内でも見やすく、違和感はない
インパネ内の表示

 バッテリーが小さく航続距離259km(Advance)では出先で充電する機会も多いかもしれませんが、「お腹すいたの? 充電しようね」なんて話しかけたくなっちゃいそうだなぁなんて思えるEVは初めてです。お世話も楽しめそう?

 ドライバビリティ面もすでに仕上がっている印象あり。450万円~という価格と愛着との折り合いが購入の焦点になるのではないでしょうか。

■もう完全にひとめぼれ! 速攻で買ってしまいましたよ!(片岡英明)

 もう、完全にひとめぼれです! かわいらしいデザインだけでも充分購入の決め手になります。

 注文したのはAdvance。標準仕様だと1500Wの外部給電がないのがネックです。コネクティビリティにも期待しています。

 実際試乗会を取材すると、思った以上の完成度に嬉しくなりました。乗り心地がよく上質。クルマとしての仕上がりのよさを実感しました。後席が分割可倒だとなおよかったのですが……。

 これまでの愛車、BMWi3はレンジエクステンダーでしたが、普段の使い方ならHonda eの航続距離で問題なしでしょう。取り回しのよさも嬉しいですね。納車が楽しみです!

企画担当的にちょっとイチオシしたいインパネのビュー。夜の波間の映像なんかも見れると嬉しい

■Honda e スタンダード 主要諸元 ※()内はAdvance
・全長×全幅×全高:3895×1750×1510mm
・ホイールベース:2530mm
・車重:1510kg(1540kg)
・モーター出力:110kW・136ps(113kW・154ps)
・モータートルク:315Nm・32.1kgm
・バッテリー:リチウムイオン 355.2V 35.5kWh
・航続距離(WLTC):283km(259km)
・交流電力消費率(WLTC):131Wh/km(138Wh/km)
・最高速※:145km/h
・0→100km/h加速※:9秒(8.3秒)
・最小回転半径:4.3m
・サスペンション:前後ストラット
・タイヤサイズ:F 185/60R16、R 205/55R16(F 205/45R17、R 225/45R17)
・タイヤ銘柄:横浜 ブルーアースA(ミシュラン パイロットスポーツ4)
・価格:451万円(495万円)
※印は欧州仕様のデータ

【画像ギャラリー】待ちゆく人も興味津々! 街中での試乗の様子も含めホンダeをギャラリーでチェック!!!