ミツオカ・バディを徹底試乗! 納期2年待ちは伊達じゃなかった!

ミツオカ・バディを徹底試乗! 納期2年待ちは伊達じゃなかった!

 光岡自動車が2020年11月26日に発表し、先行予約を受け付けていた、RAV4ベースのSUV、Buddy(バディ)が2021年6月24日からいよいよ発売される。

 ミツオカ・バディはティザーキャンペーン公開直後から反響が大きく、予約が殺到。なんと、2021年に50台、2022年に150台という予定だったバディの生産台数は、たった2日で売り切ってしまった。

 その人気を受けて生産計画を変更し、2021年130台、2022年以降は300台とした。現在の総受注台数は560台ほどになるという。2021年6月初旬に注文すると納車はいつになるのか、恐る恐る聞いてみると「今注文いただくと、2023年6月~9月頃をご案内しています」。え~、ということは2年以上待つということ。

 さて、そのバディのメディア向けの広報車が用意され、貸し出しが始まったので、さっそくお借りし、モータージャーナリストの清水草一氏が試乗!

 なぜ、ここまでミツオカ・バディが大人気となったのか? その秘密を探る!

文/清水草一
写真/光岡自動車 ベストカーweb編集部

【画像ギャラリー】本項で載せきれなかったバディの画像も大公開!