出川哲朗も困惑? 航続130kmのシンEVバイク「CE04」がBMWから今春デビュー!


 フル充電まで最短80分、航続距離も街乗りには十分。ついに実用的な完全電動スクーター「CE04」がBMWから発売される。これでもう出川サンも「充電させてもらえませんか?」とお願いしなくて済む?

 一方でハーレーの電動バイクが取り扱い保留になっているとの噂も。EVバイクの最新状況をお届けしよう。

文/沼尾宏明、写真/佐川健太郎、BMW Motorrad、Harley-Davidson

【画像ギャラリー】ネオトーキョー風スタイルのEC04、ホワイトもイカす!(12枚)画像ギャラリー

国内では唯一? 個人で乗れて実用的な電動スクーター

 出川哲朗氏が出演する某TV番組でおなじみのヤマハ・Eビーノ。カタログ値の航続距離は29kmだが、実質の走行距離は10km台で、特に上り坂があるとバッテリーの消耗が激しい。フル充電までは家庭用100V電源で約3時間かかる。

 使い勝手が高いとはお世辞にも言えないが、日本において一般ユーザーが購入できる、メジャーな二輪メーカー製のフル電動スクーターは唯一Eビーノのみだ。

 そんな中、BMWの電動スクーター「CE04」が4月22日から国内発売されることになった。

 BMWとしては、2017年に国内登場したCエボリューションに続く電動スクーター第2弾。定格出力20ps、最高出力42psを発生する電動モーターを搭載する。空冷リチウムイオンバッテリーの容量は60.6Ah(8.9kWh)で、約130kmの航続可能距離を実現している。

 なお大型EVとしてハーレーダビッドソンのライブワイヤーが存在するが、形状がスポーツバイクで、スクーターではない。また日本市場は撤退するとの噂だ(詳細は後述)。本格的な実用に耐える個人向けの電動スクーターとしてCE04は国内唯一の存在と言えるだろう。

CE04の車名はICE(内燃機関)の400cc相当を意味する。ロング&ローな車体に、近未来的なデザイン&カラーも大きな魅力だ。価格161万円
車体色はグレーとホワイトの2色。メーターバイザーの透明なオレンジが新鮮で、各部に挿し色を施す。リヤはディッシュホイールだ
警視庁に納入され、箱根駅伝を一部先導した実績もあるCエボリューション。大型クラスの車格ながら普通2輪免許で運転できた。既に生産終了。当時価格159万円

 CE04の車格は400ccクラスながら、軽二輪(126~250cc)扱いなので車検がなく、普通二輪免許で運転できるのもポイントだ。

 その一方、ゼロ発進からの加速性能はガソリン車の600cc並みで、0→50km/h加速タイムはわずか2.6秒。最大トルクは6.3kg-m/0~4900rpmを発生し、最高速は120km/hをマークする。

既存車ベースではなく、EV向けに新設計された車体

 既に生産終了したCエボリューションとの大きな違いは「車体」と「充電時間」だ。Cエボリューションの車体は、ビッグスクーターのC650がベースで、アルミダイキャスト製の耐水バッテリーケースに電子制御システムを収めたモノコックフレーム的な構造。94Ahの大容量バッテリーを積み、車体のほとんどがバッテリーだった。

Cエボリューションは、既存の車体がベース。アルミ製バッテリーケーズの前後にフレームを連結する構造だった

 一方のCE04は、一般的なバイクと同様の鋼管ダブルクレードルフレームを新設計。内側にバッテリーと液冷式モーターを搭載する。バッテリーが小さいこともあるが、車量はCエボリューションの275kgに対し、231kgと44kgものダイエットに成功。EVバイク向けに最適化されたフレームと軽量な車体で、走りはより軽快だろう。

 ちなみにCエボリューションは48ps&7.3kg-mと高出力ながら、0→50km加速ではCE04の方が0.2秒速い。

 モーターは、EVバイクに多いホイールインではなく、スイングアームの手前に搭載。1速ギヤボックスをモーターハウジング内に統合し、ベルトドライブで後輪を駆動させる。モーターとバッテリーは他社製を積むのが一般的ながら、BMWでは四輪で培ったEV技術を用いた自家製だ。

 EVバイク向けに設計された車体のおかげで、シート下にメットインスペースを確保するのもメリット。通常のEVバイクは、スクータータイプでもバッテリーのために収納スペースがほぼないが、CE04ではこの点でも実用的だ。

フロントはインナーチューブφ35mmの正立Fフォーク。カバー内部に4ピストンキャリパーとφ265mmディスクをダブルで備え、足まわりは充実
車体側に液冷式モーターを搭載し、リヤに片持ちスイングアームを採用。前後15インチのラジアルタイヤを履く
シートを跳ね上げるのではなく、サイドのカバーを開けると収納スペースが出現。容量は不明だが、ジェットヘルメットを収納できるようだ

次ページは : フル充電まで最短4時間から1時間20分にまで短縮!

最新号

ベストカー最新号

新型セレナ、GT-Rなど! 正常進化する注目車、大々的スクープ!! ベストカー10月26日号

正常進化する注目車、大々的なスクープ特集を目玉に、ベストカー10月26日号は濃い内容となっています。そのスクープは新型セレナをはじめとする日産の5モデルの情報。すでに注目されているホンダZR-Vやスバルクロストレックの新車情報も濃いです! さらに「車格のわりに安いクルマ」特集も読みごたえアリです。

カタログ