待ってました! メルセデスベンツが送る3列シートのファミリーEV「EQB」が誕生


 メルセデスベンツの電動化ブランド「メルセデスEQ」に新たな仲間「EQB」が加わった。日本でも扱いやすいサイズのコンパクトSUVであることに加え、乗用EVとしては貴重な3列シート車であることも、大きなセールスポイントとなる。

 メルセデスEQの最新作となる「EQB」の特徴をお伝えしよう。

文/大音安弘、写真/メルセデスベンツ日本

【画像ギャラリー】メルセデスベンツEVの第3弾コンパクトSUV「EQB」のポイント(9枚)画像ギャラリー

■メルセデスベンツ初の3列シートEVが登場

 メルセデスベンツ日本は2022年7月14日、メルセデスベンツの電気自動車(EV)第3弾となるコンパクトSUV「EQB」を発表し、同日より販売を開始した。価格は、788万~870万円となる。

メルセデスベンツEVモデルの第3弾となるEQBは、コンパクトな3列シートSUVであることが強み

 新型車はミッドサイズSUV「EQC」、コンパクトSUV「EQA」に続く、メルセデスEQの最新EVで、3列シートレイアウトとFWDと4WDのふたつの駆動方式が選べることが大きな特徴だ。

■ファミリーSUV「GLB」譲りの高い機能性

 そのスタイリングからもわかるように、EQBは、メルセデスベンツのGLBクラスと基本を共有するコンパクトSUVであり、パッケージングも基本的には共通。ボディサイズは、GLBとの比較で、全長こそ+45mmの4685mmとなるが、全幅は同寸の1835mmであり、全高も+5mmの1705mmとほぼ同等サイズを維持している。

GLB譲りの日本でも取り回ししやすい全長4.7m以下のボディを持つ

 3列のシートレイアウトは、2列目シートが60:40の二分割可倒式で、それぞれが独立して140mmの前後スライド機構を備えており、シーンに合わせて、足元や後方のスペースを調整することができる。

 コンパクトなボディのため、3列目シートは対応身長を165cm以下としており、子供や小柄な人向けとなる。そのため、フル活用できるシーンは限定されるが、必要とあれば最大7名が乗車できるのは大きな武器だ。

 もちろん、2分割式となる3列目シートは、簡単に折り畳むことができるので、5人乗り仕様+広大なラゲッジスペースとして活用することもできる。

コンパクトなボディに最大7名乗車が可能な3列シートを備える。ただし、3列目シートは対応身長が165cm以下となる

■ロングドライブも可能とする電動パワートレーン

 EQBには、FWDの「EQB 250」と4WDの「EQB 350 4MATIC」の2タイプを設定。基本的な装備とオプション内容は共通しており、最大の違いは駆動方式と航続距離となる。フロア下に収まる駆動用リチウムイオンバッテリーは、全仕様共通となる66.5kWhの大容量電池を搭載する。

駆動方式は、FWDと4WDを設定。駆動用電池は66.5kWhの大容量を備える

 シングルモーターとなる「EQB 250」は、最大出力140kW(190ps)、最大トルク385Nmを発揮。航続距離は、520km(WLTC)を確保する。前後モーターの4WDとなる「EQB 350 4MATIC」は、その数値が示すようによりパワフルに。

 フロントモーターが最高出力143kWと最大トルク370Nmを、リアモーターが最高出力72kWと最大トルク150Nmをそれぞれ発揮。システム全体では最高出力が215kW(292ps)、最大トルクが520Nmとなる。航続距離は2モーターのため、EQB 250よりも少ない468km(WLTC)だ。

 充電方法は、6kWの200V普通充電と100kWまでの急速充電に対応しており、全国の2万基の提携充電器が、1年間無料で利用できるサービスが付帯する。もちろん、無料期間以降も、料金を負担すること継続して利用が可能となる仕組みだ。

次ページは : ■人気コミック『ONE PIECE』の劇場版とのコラボも……

最新号

ベストカー最新号

新型セレナ、GT-Rなど! 正常進化する注目車、大々的スクープ!! ベストカー10月26日号

正常進化する注目車、大々的なスクープ特集を目玉に、ベストカー10月26日号は濃い内容となっています。そのスクープは新型セレナをはじめとする日産の5モデルの情報。すでに注目されているホンダZR-Vやスバルクロストレックの新車情報も濃いです! さらに「車格のわりに安いクルマ」特集も読みごたえアリです。

カタログ