え!? このカッコいいのが次期ラティオ?? 日産新型ヴァーサ電撃発表!! 日本導入の可能性


 日産のコンパクトセダンがスタイリッシュに変貌!

 2019年4月12日(現地時間)、日産は新型ヴァーサを米国で世界初公開。ヴァーサといえば、かつて日本ではラティオとして販売されていた小型セダン。現在は国内販売を終了したモデルだが、気になる日本発売はあるのか? 新型ヴァーサの概要とともにその可能性を占う。

文:ベストカーWeb編集部/写真:NISSAN


外観はスタイリッシュに大幅刷新

新型ヴァーサ。外観はVモーショングリルを採用し、ロー&ワイドになった恩恵で、スポーティかつスタイリッシュに一新された
日本では2016年に生産終了したラティオ/全長×全幅×全高:4425×1695×1495mm

 日産を代表するベーシックセダンといえば、往年のファンは真っ先に「サニー」の名を思い浮かべるだろう。

 そのサニーが2006年に生産終了となり、実質的な後継車となったのが、ティーダラティオ。同車は2代目モデルでラティオに改名し、2016年に日本での生産を終了している。

 ただし、北米でヴァーサの車名で販売されるなど、海外では販売を継続。そして、今回発表された新型が、通算3代目のモデルとなる。

 発表された新型を見ると、まず印象的なのがエクステリアの大幅な変化。これまでのヴァーサ(ラティオ)は、「ハッチバックをベースとしたセダン」という印象が拭えず、お世辞にも格好いいとは言い難いものだった。

 これが新型ではセダンらしく引き締まったデザインに激変。リーフなど近年の日産車に共通の「Vモーショングリル」を採用し、精悍な小型セダンのルックスへと大変貌を遂げた。

 細かいサイズは公表されていないものの、日産自身が「よりロー&ワイドで長くなった」と表現するように、従来型比で全長・全幅は拡大され、一方で全高は低くなっている。

リーフ譲りの内装で安全性も最新鋭に!

新型ヴァーサのインテリア。 ハンドルやモニターの形状を含めて、全体の意匠はリーフの雰囲気と極めて近い

 外観が大きく変わった新型ヴァーサのインテリアは、リーフなどと極めて近い意匠。黒を基調としたシックなデザインにまとめられている。

 注目のエンジンは、新開発の1.6L直列4気筒エンジンを搭載。最高出力は122HP、最大トルクは15.7kgm(114lb-ft)となり、このエンジンに日産おなじみのエクストロニックCVTが組み合わされるほか、5速MT仕様も用意される。

 また、安全面では、ローグを皮切りにマキシマ、ムラーノなどにも搭載されている最新の安全運転支援システム「日産 セーフティシールド360」を新たに採用。

 歩行者検知機能付きの緊急自動ブレーキや車線逸脱警報、ハイビームアシストなどが装備されるほか、先行車追従型の「インテリジェント クルーズコントロール」などの運転支援システムも採用されている。

次ページは : 新型シルフィと関係? 気になる日本発売の可能性

最新号

ベストカー最新号

【2022年夏登場か!?】新型カローラスポーツGRを独占スクープ!!|ベストカー5月26日号

 コロナ禍は収まるどころか、第4波の到来が確実視され、不穏な空気が流れています。そうなると当然のように自粛要請となりますが、そんな時にはクルマに関する情報量満載のベストカーを読んで過ごすのがオススメです。  今号もニューカー、古いクルマを合…

カタログ