【マツダ 新SUV戦略のド本命!?】 CX-3 CX-5とどう違う!? CX-30堂々登場!!!

 CX-5にCX-3、そしてCX-8と、SUVモデルのラインナップを増やしてきたマツダ。9月20日、そのマツダSUVラインナップに新たなモデル、CX-30が加わった。発売は10月24日から順次の予定となっている。

「マツダ3」の売れ行きがイマイチぱっとしない、なんてことばかり伝えられている最近のマツダだが、このCX-30や、マツダ3のSKYACTIV-Xの登場を見届けてから決めよう、なんなら東京モータショーで自分の目で確かめてみよう、と考えている人もいるのかもしれない。

 そんな諸兄のために、今回はこれからのSUV戦線の主役となるかもしれないCX-30の魅力を余すところなくお伝えしたい。

【画像ギャラリー】 マツダ期待の新鋭「CX-30」の姿をギャラリーでチェック!!!

※本稿は2019年9月のものです
文:ベストカー編集部/写真:MAZDA、ベストカー編集部
初出:『ベストカー』 2019年10月26日号


■マツダならではの流麗なデザインにSUVらしい力強さをプラス

 CX-30はマツダ3から始まった第7世代商品群の第2弾にあたるモデル。

 その外観はキャラクターラインなどを削ぎ落とし、光の移ろいで造形を際立たせる深化した「魂動デザイン」を採用。

 ボディ下部に黒いガーニッシュを使用して差別化することで、SUVらしい力強さを表現している。

お得意のシグネチャーウイングを採用したフロントフェイス。心臓が脈打つように光るターンライト「ディミング・ターン・シグナル」はぜひ見てほしい

 全長4395mm×全幅1795mm×全高1540mmのボディは、CX-3に比べ120mm長く、30mm広い。

 ホイールベースも80mm長く2655mmとなっているが、最小回転半径は変わらず5.3mをキープ。細くすることを意識して作られたAピラーと相まって、かなり扱いやすいモデルといえるだろう。

Dピラーを寝かせることで流麗なクーペルックとされたリアスタイル。また、樹脂パーツでボディの下半分を覆うことでボッテリ感のないスリムな見た目を獲得している

 そのボディに収まるエンジンは、2LガソリンのSKYACTIV-Gと1.8LディーゼルターボのSKYACTIV-D、そしてガソリンとディーゼルのいいとこ取りを果たしたSKYACTIV-X(2L)の3種。

 それぞれFFと4WDが用意され、2LガソリンとSKYACTIV-Xでは6ATのほか6MTも選択できる。

●SKYACTIV-G 2.0

156ps/6000rpm、20.3kgm/4000rpm。欧州ではマイルドハイブリッドが組み合わされた2Lガソリンがあるが、日本仕様はピュアガソリン仕様を投入。発生出力もマツダ3から変更はない

●SKYACTIV-D 1.8

116ps/4000rpm、27.5kgm/1600-2600rpm。ディーゼルエンジンも出力はマツダ3、CX-3から変更なし。ジワッとアクセルを踏んで豊かな低速トルクを生かすように走ると、なんとも気持ちがいい

 今回は撮影会のため、走りの性能を確かめることはできなかったが、ベースとなっているのがマツダ3であり、パワーユニットも同一ということであれば、優れた走行性能を持っていることは容易に予想できる。その点では心配いらないだろう。

 SUVだからこそ気になる最低地上高は175mmを確保。さらに対角線スタックに陥った時などに効果を発揮する新開発の「オフロード・トラクション・アシスト」も採用され、昨今のSUVが軽視しがちな悪路走破性も充分だ。

タイヤサイズは215/55R18。20SのFFにはオプションで16インチも用意

■ユーティリティでCX-3を上回る

 サイズ的にCX-3と近いことで、キャラクターのカブりが懸念される。

 確かに扱いやすくスタイリッシュなSUVという点では性格が似ているともいえるが、実用性の面から話をすればCX-30はCX-3を大きく凌駕している。

 前席はCX-5同等の乗員間距離を実現して窮屈感のない快適性を提供。

ドライバーを中心にメーターや操作機器を左右対称に配置したインパネ。幅広のセンターアームレストにも注目だ

 CX-3ではスタイルを優先して犠牲となった後席居住性も、前後席間で+26mm、ヘッドスペースで+20mm、フロアも20mm下げたことで、180cm級の大人が前席に座った状態で後席にも同じく180cm級の大人が余裕を持って座ることが可能となった。

CX-3に比べると快適性が大きく向上した後席。写真ではわかりづらいが、特に頭上スペースに余裕が生まれたのが大きい。中央席の背もたれ部には引き出し式のセンターアームレストが備わる

 ラゲッジユーティリティに関しても優秀だ。大型ベビーカーと旅行用バッグなどを同時に収納できる430Lの荷室容量と、最大1020mmの開口幅を確保。地面からラゲッジ開口部下端までの高さを731mmとすることで積載性を高めた。

 さらに電動でリアゲートを開閉できる「パワーリフトゲート」を最廉価グレードである20S以外に標準装備とするなど、使う人の側に立った使い勝手のよさを実現している。

欧米で使われるグローバルサイズのベビーカーも飲み込むラゲッジ。67~70Lのスーツケースなら2つを余裕で積み込める。ラゲッジ部最下端までの高さ=731mmは、CX-3より50mm以上、CX-5より10mm低い

 マツダの最新SUV、CX-30はスキのないクルマだ。大人4人が乗った状態でのあらゆる使用において、不満が出ることはないだろう。

 あとは10月24日から買えるガソリンおよびディーゼルエンジンから選ぶか、登場時期が来年1月以降となっているSKYACTIV-Xを選ぶか、だ。そこはぜひとも大いに頭を悩ませてほしいポイントだ。

CX-30開発主査の佐賀尚人氏。これまでトリビュートやCX-7の開発にかかわり、2017年からは商品本部でCX-30を担当

■対角線スタックにキク! 新開発! 「オフロード・トラクション・アシスト」

 CX-30に採用された新技術「オフロード・トラクション・アシスト」。

 これは悪路でスタックした場合にも、i-ACTIV AWDとトラクションコントロールとの協調制御により、接地輪への駆動力伝達を最大化することで、スムーズな脱出を実現するというもの。

左から2番目が新技術「オフロード・トラクション・アシスト」のスイッチ

 スイッチはステアリングコラム右下にあるので、いざという時は頼りにしよう。CX-30は悪路もかなり頑張ってくれる。頼りになるSUVだ。

■CX-30 価格リスト

■CX-30 主要諸元

【画像ギャラリー】マツダ期待の新鋭「CX-30」の姿をギャラリーでチェック!!!

◎ベストカーwebの『LINE@』がはじまりました!
(タッチ・クリックすると、スマホの方はLINEアプリが開きます)

最新号

ベストカー最新号

【2021年新型Z登場!!】日産怒涛の新車戦略|ベストカー8月10日号

 ベストカーの最新刊が本日発売!最新号では、日産が2023年度までに国内投入する新型車10モデル最新情報ををお届け。  そのほか、2Lエンジン搭載カローラ、レクサスLCコンバーチブル、プジョー208など注目車種の情報から、2020年1/2ベ…

カタログ