【10年ぶり日本開催復活! ラリーこそ日本車の輝く真髄!!】 WRCベースマシンの熱き系譜 [三菱 スバル編]

 日本にWRC(世界ラリー選手権)が10年ぶりに戻ってくる!! すでにお伝えしてきたとおり、来年11月19~22日にラリージャパンがシーズン最終戦として復活し、少なくとも2022年までの3年間開催される。

 今回はWRCラリージャパンの復活を記念し、これまでWRCに参戦してきた各メーカーの系譜をたどっていくこととしたい。

 現在、日本車でWRCに参戦しているのはヤリスWRC擁するトヨタのみだが、かつてはこぞって参戦していた熱い時代を振り返る!!

新型ヤリスも参戦するぞ!!! トヨタ・日産編はこちら!!!

【画像ギャラリー】レオーネ・ランエボ・インプレッサ…往年のWRカーたちをギャラリーでチェック!!!

※本稿は2019年10月のものです
文・写真:ベストカー編集部
初出:『ベストカー』 2019年11月26日号


■【Part3 三菱編】ランエボとマキネンでグループAを席巻!

 三菱初の海外ラリー参戦は1967年のサザンクロスラリー。WRCには初年度の1973年から初代ギャランで参戦。翌1974年には初代ランサーGSRがJ・シンのドライブによってサファリラリーで三菱初の優勝をもたらす。

 その後、排ガス規制のためWRCを一時休止したものの、1981年にランサーEXターボで復帰。

 以後、1984年のラリーアート創設後は拠点を欧州に移し、グループBをスタリオン4WDで戦った後に1988年からグループAでは6代目ギャランVR-4にシフト。

 同年のニュージーランドラリーでデビューし、1992年までの5年間で通算6勝をマークしている。

 ランエボが登場するのは1993年のWRCから。

 T・マキネンをエースドライバーとして1996~1999年にはマキネンが4年連続ドライバーズチャンピオンに輝き、1998年には三菱唯一となるマニュファクチャラーズタイトルをも獲得。

 以後のWRカー全盛時代もグループAで戦い、2001年も3勝をマークし、意地を見せた。

●初代ランサーGSR

 三菱のラリーの本格的な歴史は初代ランサーで始まった。初代ランサーは1973年2月に登場し、同年9月に2ドアセダンボディにソレックスツインキャブの1.6Lエンジンを搭載したGSRを追加。GSRは登場直後のサザンクロスラリーでの1-2-3-4フィニッシュをはじめ、1974年と1976年のサファリラリー制覇など輝かしい成績を残した。

●2代目ランサーEXターボ

 ランサーのスポーツモデルは1979年3月登場の2代目モデルでFRのまま、エンジンはターボに進化。日本仕様は1.8Lだったが、輸出仕様は2Lとなり、WRCでは1982年の1000湖ラリー(フィンランド)の3位入賞などの成績を残した。市販車は途中インタークーラーが加わるなどの改良を受け、ランタボの愛称で親しまれた

●スタリオン4WD

 FRベースのスポーツカーであるスタリオンは、パワートレーンを2.1Lターボ+4WDに進化させ1980年代前半のグループBレギュレーションでWRCに参戦する計画を持っていた。このスタリオン4WDラリーは市販化されなかったものの、WRCに参戦。なおスタリオンはギャランVR-4が登場するまでグループAでWRCに参戦した。

●6代目ギャランVR-4

 6代目ギャランのVR-4は2Lターボ+4WDに4WSやABSも持つハイテクスポーツモデルとして設定された。決してコーナーが得意なクルマではなかったが、速さは当時の日本車トップクラスで、2Lターボ+4WDというパワートレーンも生かしWRCにも参戦。WRCでは篠塚建次郎選手の日本人初優勝を含む6勝を挙げた。

●ランサーエボリューションI~VI TME

 ランエボはWRCでの戦闘力を高めるべくコンパクトな4代目ランサーにギャランVR-4のパワートレーンを移植するという成り立ちで’92年9月に合計5000台限定で登場。エボIは未完成な部分も多かったが、エボII、エボIIIで完成度を高め1996年8月登場のエボIVから5代目ランサーベースの第2世代に移行。が、V、VIと大幅に進化し、V以降は日本最速の1台に成長。

●ランサーWRC

 2001年2月登場のエボVIIから第3世代に移行したランエボはベースとなる6代目ランサーの大型化、重量増といった不利がありながらもパワーアップやACDの採用などによりさらに速いモデルに進化。また改良されるに従って質感も向上した。WRCではWRカーへの移行の失敗や三菱の撤退により、グループN活動が中心となった。

■【Part4 スバル編】ブルーのマシンで他チームを震え上がらせた暴れん坊

 一般的な乗用モデルに4WDシステムを備えたクルマをWRCに初めて出したのがスバル。1980年のサファリラリーにレオーネ4WDが出場し、総合18位、グループ1クラス優勝を果たす。

 スバルがWRCに本格参戦したのが初代レガシィRSグループAからで、1990年のサファリラリーでデビュー。

 インプレッサWRXグループAに切り替わる直前の1993年ニュージーランドラリーで、レガシィ最初で最後の優勝をC・マクレーのドライブで飾った。

 スバルがWRCで猛威を振るうようになるのはインプレッサWRXグループAでの1995年シーズンから。

 マクレーがドライバーズチャンピオンに、マニュファクチャラーズタイトルも獲得。

 以後、WRカーのインプレッサWRCで8勝をマークした1997年シーズンまで3年連続でマニュファクチャラーズを独占した。

 その後も2代目インプレッサWRCで2001年にR・バーンズ、2003年にP・ソルベルグがドライバーズチャンプに。

●初代レガシィWRC

 初代レガシィは当時経営危機に陥っていたスバルが起死回生を狙った入魂の作として登場。スポーツモデルのRSはWRC参戦も見据え新設計のEJ型2Lターボ+4WDというパワートレーンを採用。実戦には1990年から参戦し、優勝にはなかなか手が届かなかったが、レガシィ最後のWRCとなった1993年NZで最初で最後の優勝を果たした。

●初代レオーネ4WD

 スバルはレオーネが初代モデルだった1972年からWRCに参戦し、1980年には1979年登場の2代目モデルがWRC初の4WDとして歴史に名を残した。1984年登場の3代目モデルでは1.8Lターボを搭載し、4WDもパートタイムからセンターデフつきフルタイムとしたRXターボが登場。サファリラリーを中心としたWRC参戦を行った。

●初代インプレッサWRC

 初代インプレッサのWRC参戦マシンは1997年からWRカー規定への移行もあり、ベース車をよりボディ剛性が高い2ドアクーペのリトナをベースにしたものに変更した。市販車も4ドアのWRX STIがバージョンIIIだった頃から登場。STIからはWRカーをイメージしたコンプリートカー22Bも発売され、あっという間に完売となった。

●初代インプレッサ555グループA

 1992年登場の初代インプレッサにWRCを含めたモータースポーツ参戦ベース車として設定されたWRXは「レガシィをコンパクトにする」というギャランとランエボの関係によく似たモデルだった。ランエボとの死闘もあり競技ベースのSTIバージョンはVIまで進化。WRCでも1995年のダブルタイトル獲得など、輝かしい成績を残した。

●2代目インプレッサWRC

 2000年登場の2代目インプレッサWRX STIは、市販車では重量増という不利はあったものの、特にC型と呼ばれる2002年以降のモデルはランエボとの激闘を繰り広げた。WRCでは2回のドライバーズタイトルに加え、グループNによるPWRCでも新井敏弘選手がチャンピオンを2回獲得するという活躍を見せた。

●3代目インプレッサWRC

 2007年登場の3代目インプレッサWRX STIは2代目モデルでWRCのドライバーズタイトルを獲得したペター・ソルベルグ選手の希望もあり、リアオーバーハングの短い5ドアハッチバックとなり、市販車は全体的に質感も向上した。WRCでの成績は振るわなかったうえにリーマンショックの影響もあり、スバルは2008年でWRCから撤退した。

【画像ギャラリー】レオーネ・ランエボ・インプレッサ…往年のWRカーたちをギャラリーでチェック!!!

◎ベストカーwebの『LINE@』がはじまりました!
(タッチ・クリックすると、スマホの方はLINEアプリが開きます)

最新号

ベストカー最新号

【ここまでわかった!】新型WRX S4&STI 強烈進化|ベストカー8月26日号

 ベストカーの最新刊が本日発売! 最新号では、新型WRX STI&S4の最新情報をお届け。  そのほか、世界初公開した日産アリア、タフト、ハスラー、ルーテシアなど注目車種の情報から、歴代殿堂入りモデルを決める特集や、2020真夏の初試乗祭り…

カタログ