【10年ぶり日本開催復活! ラリーこそ日本車の輝く真髄!!】 WRCベースマシンの熱き系譜 [三菱 スバル編]

【10年ぶり日本開催復活! ラリーこそ日本車の輝く真髄!!】 WRCベースマシンの熱き系譜 [三菱 スバル編]

 日本にWRC(世界ラリー選手権)が10年ぶりに戻ってくる!! すでにお伝えしてきたとおり、来年11月19~22日にラリージャパンがシーズン最終戦として復活し、少なくとも2022年までの3年間開催される。

 今回はWRCラリージャパンの復活を記念し、これまでWRCに参戦してきた各メーカーの系譜をたどっていくこととしたい。

 現在、日本車でWRCに参戦しているのはヤリスWRC擁するトヨタのみだが、かつてはこぞって参戦していた熱い時代を振り返る!!

新型ヤリスも参戦するぞ!!! トヨタ・日産編はこちら!!!

【画像ギャラリー】レオーネ・ランエボ・インプレッサ…往年のWRカーたちをギャラリーでチェック!!!

※本稿は2019年10月のものです
文・写真:ベストカー編集部
初出:『ベストカー』 2019年11月26日号


■【Part3 三菱編】ランエボとマキネンでグループAを席巻!

 三菱初の海外ラリー参戦は1967年のサザンクロスラリー。WRCには初年度の1973年から初代ギャランで参戦。翌1974年には初代ランサーGSRがJ・シンのドライブによってサファリラリーで三菱初の優勝をもたらす。

 その後、排ガス規制のためWRCを一時休止したものの、1981年にランサーEXターボで復帰。

 以後、1984年のラリーアート創設後は拠点を欧州に移し、グループBをスタリオン4WDで戦った後に1988年からグループAでは6代目ギャランVR-4にシフト。

 同年のニュージーランドラリーでデビューし、1992年までの5年間で通算6勝をマークしている。

 ランエボが登場するのは1993年のWRCから。

 T・マキネンをエースドライバーとして1996~1999年にはマキネンが4年連続ドライバーズチャンピオンに輝き、1998年には三菱唯一となるマニュファクチャラーズタイトルをも獲得。

 以後のWRカー全盛時代もグループAで戦い、2001年も3勝をマークし、意地を見せた。

●初代ランサーGSR

 三菱のラリーの本格的な歴史は初代ランサーで始まった。初代ランサーは1973年2月に登場し、同年9月に2ドアセダンボディにソレックスツインキャブの1.6Lエンジンを搭載したGSRを追加。GSRは登場直後のサザンクロスラリーでの1-2-3-4フィニッシュをはじめ、1974年と1976年のサファリラリー制覇など輝かしい成績を残した。

●2代目ランサーEXターボ

 ランサーのスポーツモデルは1979年3月登場の2代目モデルでFRのまま、エンジンはターボに進化。日本仕様は1.8Lだったが、輸出仕様は2Lとなり、WRCでは1982年の1000湖ラリー(フィンランド)の3位入賞などの成績を残した。市販車は途中インタークーラーが加わるなどの改良を受け、ランタボの愛称で親しまれた

●スタリオン4WD

 FRベースのスポーツカーであるスタリオンは、パワートレーンを2.1Lターボ+4WDに進化させ1980年代前半のグループBレギュレーションでWRCに参戦する計画を持っていた。このスタリオン4WDラリーは市販化されなかったものの、WRCに参戦。なおスタリオンはギャランVR-4が登場するまでグループAでWRCに参戦した。

●6代目ギャランVR-4

 6代目ギャランのVR-4は2Lターボ+4WDに4WSやABSも持つハイテクスポーツモデルとして設定された。決してコーナーが得意なクルマではなかったが、速さは当時の日本車トップクラスで、2Lターボ+4WDというパワートレーンも生かしWRCにも参戦。WRCでは篠塚建次郎選手の日本人初優勝を含む6勝を挙げた。

●ランサーエボリューションI~VI TME

 ランエボはWRCでの戦闘力を高めるべくコンパクトな4代目ランサーにギャランVR-4のパワートレーンを移植するという成り立ちで’92年9月に合計5000台限定で登場。エボIは未完成な部分も多かったが、エボII、エボIIIで完成度を高め1996年8月登場のエボIVから5代目ランサーベースの第2世代に移行。が、V、VIと大幅に進化し、V以降は日本最速の1台に成長。

●ランサーWRC

 2001年2月登場のエボVIIから第3世代に移行したランエボはベースとなる6代目ランサーの大型化、重量増といった不利がありながらもパワーアップやACDの採用などによりさらに速いモデルに進化。また改良されるに従って質感も向上した。WRCではWRカーへの移行の失敗や三菱の撤退により、グループN活動が中心となった。

次ページは : ■【Part4 スバル編】ブルーのマシンで他チームを震え上がらせた暴れん坊

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

ベストカー最新号

ジムニー5ドアにGT-R2024年モデルとズラリ! 小山慶一郎さんも登場!! ベストカー2月26日号

ジムニー5ドアもGT-R 2024年モデルも、デリカミニも丸ごと載ってる「ベストカー」2月26日号、発売中。特集は「昨年登場した日本車たちの進化度」と「今年登場する日本車たちの期待と不安」。 キャンプ好き、NEWSの小山慶一郎さんのインタビュー記事もあります!

カタログ