日産ジュークが一代で生産終了へ!! 一代で消えた日産の迷車たち


 日産ジュークが、日本国内ではフルチェンジすることもなく生産終了――。

 ジュークが誕生したのは今から10年前の2010年。6月に日本で販売が開始されたのを皮切りに、欧州や北米、中国などでも販売。

 全世界で100万台以上売り上げた、日産のコンパクトSUVだ。そんなジュークに今年9月、2代目モデルが誕生した。

 しかし、欧州のみでの販売で日本国内には導入されず、どうやら国内のジュークは、たった1代でその歴史に幕を閉じることになりそうだ。

 実は、今回のジューク以外にも、日産には一代で日本市場から消えたSUVが何台かある。

 なぜ日産は、たった一代でそれらのSUVを消してしまったのだろうか。日産で新車開発のエンジニアをしていた筆者が考察する。

文:吉川賢一 、写真:日産、スバル

【画像ギャラリー】一代で生産終了した日産のSUV


ジューク(2010~2020年予定)

 ジュークはそのデザインの特殊さが、当初の見込みに反して受け入れられ、デビュー当初大きく話題になった。

日産ジューク(2019年時点)

 コンセプトカーがそのまま飛び出してきたかのようなインパクトあるデザイン、走りの良さ、コンパクトボディ、そしてリーズナブルな価格で提供されたことに惹かれ、購入した方が多いようだ。

 マイナーチェンジは何度かされ、延命されてきたのだが、ここにきて流石に設計が古くなった。

 運転席周りのインテリアの造形や素材感、そして動性能(特に乗り心地やNVH)など、昨今の他メーカーの新型車とは比較するまでもなく、お話にならないレベルである。

 しかし、11月に発売され大ヒットしているコンパクトSUV、ダイハツロッキー/トヨタライズを見ればわかるように、国内にコンパクトSUVの需要はある。

欧州で販売されている新型ジューク

 欧州で販売されている2代目ジュークは、欧州を見据えたモデルチェンジをしてしまったために、国内で販売しないことを決めたのだろうが、日産の足元である日本国内を捨てた判断は、失敗だったと筆者は考えている。

 ジュークの代わりに海外で販売されている日産のコンパクトSUVキックスが国内に導入されるが、それならそれで、ジュークの生産中止を発表する前にそれを用意して、10月末に開催された東京モーターショーで発表することもできた。

日産キックス(2020年モデル版)

 せめてそうやって、日産は将来のユーザーの心を掴んでおくべきだった。

スカイラインクロスオーバー(2009~2016年)

 スカイラインクロスオーバーはもともと、日産の高級車ブランドであるINFINITI(インフィニティ)のクロスオーバーSUVEX35として、2007年に誕生したクルマである。

スカイラインクロスオーバー(2009年日本販売時)

 シャシーなどのコンポーネントはG35(日本名:スカイライン)と共用、3.5Lエンジンと7速ATで、FRと4WDを用意、G35のハンドリングと乗り心地の良さを持つ小型のプレミアムSUVと位置づけられたクルマだ。日本市場には2009年に登場した。

 しかし、クロスオーバーSUVと銘打ってはいたが、荷室はとても狭く、また値段が高かった(420万円~)。

スカイラインクロスオーバー 荷室

 さらにはモデル末期まで燃費の悪い3.5Lエンジン仕様しか存在しなかった。そのため、日本の顧客には受け入れられず、当然販売も伸びなかった。一代で終わらせたのは正解だったであろう。

 せめて中国で出していた2.5リットルVQ25HR型エンジン仕様でもあればよかったのにと残念でならない。

次ページは : デュアリス(2007~2014年、一世代で消滅)

最新号

ベストカー最新号

【新型86/BRZ 世界初公開】5ドアジムニー最新情報入手!!|ベストカー5月10日号

ベストカー5月10日号、本日発売!! 4月5日に全世界公開されたばかりの新型トヨタ86/スバルBRZの情報をベストカー本誌の独自視点で分析します!5ドアジムニー最新情報も登場。

カタログ