大ヒット御礼!! カローラツーリングの最適な買い時と買い方


 日本自動車販売協会連合会の発表した小型/普通車の販売ランキングを見ると、2019年10月/11月/12月はカローラシリーズがトップに立った。

 軽自動車のN-BOX、タント、スペーシアの台数には達しないが、小型/普通車ではトップだ。カローラのセダンとワゴン(ツーリング)がフルモデルチェンジを受けて、カローラシリーズの売れ行きに弾みが付いた。

 カローラシリーズでナンバーワン人気はステーションワゴンのツーリングとなっている。大人気のカローラツーリングを購入する場合、何を買うのがお得なのか(損をしないか)を渡辺陽一郎氏が考察&指南する。

文:渡辺陽一郎/写真:TOYOTA


【画像ギャラリー】カローラセダンもツーリングに負けず魅力的に変貌!!

カローラシリーズの販売の半分はツーリング!!

2018年にカローラスポーツがデビューし、2019年にカローラセダン&ツーリングが刷新されカローラシリーズの販売台数は大きく増加

 カローラシリーズの登録台数の内訳を見ると、最も多いのがカローラツーリングで、各月ともにシリーズ全体の約53%を占める。

 カローラセダンは約17%だ。残りの30%を5ドアハッチバックのカローラスポーツ、継続販売される先代型のカローラアクシオ(セダン)&フィールダー(ワゴン)が分け合う。

 先代型を継続生産している理由は、カローラでは社用車などに使う法人ユーザーの比率が高いからだ。

ツーリングデビュー後も継続販売(1年限定)しているフィールダーは法人ユーズを見込んでいる。アクシオとフィールダー合わせて月販平均約2000台は立派

 3ナンバーサイズのセダン&ツーリングが発売される前の時点で、アクシオの40%、フィールダーの25%は法人だった。そして法人は5ナンバーサイズと価格の安さにこだわる場合があるため、先代型も継続販売している。

 先代アクシオ&フィールダーの販売比率は約21%だ。カローラシリーズの登録台数は、1カ月で1万台前後に達するから、先代アクシオ&フィールダーも2000台少々は売れている。クラウンと同程度だから、先代型とはいえ、少ない数字ではない。

カローラシリーズのパワーユニットは3種類

 それでも主力はカローラツーリングだから、そのグレード選びを考えたい。カローラツーリングとセダンは、価格は異なるものの、グレードの基本構成は共通だ。エンジンは直列4気筒1.8L、1.2Lターボ、1.8Lハイブリッドを選べる。

 トランスミッションは、1.8LはCVT(無段変速AT)、ハイブリッドは電気式無段変速で、1.2Lターボには6速MTのみを組み合わせた。ターボのCVTは選べない。

 駆動方式は1.8Lとターボは前輪駆動の2WDのみで、ハイブリッドには後輪をモーターで駆動する4WDを用意した。

1.8L、直4DOHC搭載モデルはアイドリングストップが設定されていない。バッテリーが大きく、高価になることも設定されない理由のひとつ

 まずはエンジンの選択を考える。一般的には1.8Lとハイブリッドだろう。ターボと6速MTの組み合わせはユニークだが、ターボの性能が際立って高いわけではない。

 ターボの最高出力は116ps(5200~5600回転)、最大トルクは18.9kgm(1500~4000回転)で、1.8Lは140ps(6200回転)・17.3kgm(3900回転)だ。

 開発者によると「ターボは幅広い回転域で高い駆動力(トルク)を発揮するが、(1400回転以下の)低回転域では落ち込みが生じる。そこでターボは、ドライバー自身がアクセルとクラッチを操作して、駆動力をコントロールできる6速MT専用にした」という。

 ただしカローラスポーツには、1.8Lが用意されず、同じ性能のターボにCVTも組み合わせている。

 つまりカローラツーリングとセダンで売れ筋になるCVT仕様に、1.8Lを搭載した背景には、CVT仕様の価格を安く抑える目的もあった。

カローラツーリングはリアビューが特にスポーティで、この見た目のカッコよさも人気の大きな要因となっている

次ページは : 1.2Lターボは割高