【日本導入熱望!!】ダイハツの個性派東南アジア専売車が面白い!!!

 ダイハツはコンパクトハイトワゴンのトールやコンパクトSUVのロッキーでコンパクトクラスにも注力を感じるようになったが、日本に限っては「軽自動車メイン」というイメージが強いメーカーである。

 しかしダイハツはインドネシアとプロドゥア社という合弁会社を持つマレーシアといった東南アジアではコンパクトカーを造っており、その中には面白いクルマも多い。

 現在日本で買える東南アジア製のダイハツ車はトヨタで販売されるタウンエースとライトエースのバンとトラックという小型商用車のみとなるが、当記事では東南アジア製のダイハツ車を日本導入の期待も込めながら紹介する。

文:永田恵一/写真:DAIHATSU

【画像ギャラリー】ダイハツの東南アジア専売車は侮れないカッコよさ!!


最新号

ベストカー最新号

【新型Zの期待と不安】GT-Rに延命説浮上!|ベストカー 11月10日号

 ベストカーの最新刊が本日発売! 最新号では、事実上凍結されていた次期型日産GT-Rのモデルチェンジの最新情報をお届け。  そのほか、新型フェアレディZプロトタイプ、ホンダe、新型レヴォーグ、マイナーチェンジしたルーミーなど注目車種の情報か…

カタログ