トヨタ プロボックスはなぜ売れ続けるのか? 日本の「現場」支えるバンの王者!!

 発売から18年経っても人気根強く。ライバル続々消滅のなか、なぜ商用バンの王者「プロボックス」は売れ続ける?

 2002年に発売され、改良を重ねながら異例のロングランを続ける商用バン、トヨタ プロボックスが根強く売れている。2019年の年間販売台数は3万台超、月平均で2500台を超えるなど、商用車というクルマの性質や発売から18年あまり経過していることを考えると異例の売れ行き。

 ホンダやマツダ、三菱など多くの国産メーカーが同じワゴンタイプの商用バンを相次いで廃止するなかで、なぜプロボックスは支持されるのか? 開発者、現場の声も交えて検証した。

文:渡辺陽一郎
写真:TOYOTA、編集部、NISSAN

【画像ギャラリー】これぞプロの相棒!! プロボックス/サクシードを「商用車力」を見る!!


最新号

ベストカー最新号

【新型Zの期待と不安】GT-Rに延命説浮上!|ベストカー 11月10日号

 ベストカーの最新刊が本日発売! 最新号では、事実上凍結されていた次期型日産GT-Rのモデルチェンジの最新情報をお届け。  そのほか、新型フェアレディZプロトタイプ、ホンダe、新型レヴォーグ、マイナーチェンジしたルーミーなど注目車種の情報か…

カタログ