【日本の「現場」支えるバンの王者!!】トヨタ プロボックスはなぜ売れ続けるのか

 発売から18年経っても人気根強く。ライバル続々消滅のなか、なぜ商用バンの王者「プロボックス」は売れ続ける?

 2002年に発売され、改良を重ねながら異例のロングランを続ける商用バン、トヨタ プロボックスが根強く売れている。2019年の年間販売台数は3万台超、月平均で2500台を超えるなど、商用車というクルマの性質や発売から18年あまり経過していることを考えると異例の売れ行き。

 ホンダやマツダ、三菱など多くの国産メーカーが同じワゴンタイプの商用バンを相次いで廃止するなかで、なぜプロボックスは支持されるのか? 開発者、現場の声も交えて検証した。

文:渡辺陽一郎
写真:TOYOTA、編集部、NISSAN

【画像ギャラリー】これぞプロの相棒!! プロボックス/サクシードを「商用車力」を見る!!


競合車は大幅減少! それでもプロボックスは堅調維持

2002年に発売されたプロボックス。2014年に大改良で刷新したが、モデルチェンジせず18年に渡って販売を続ける(写真は改良前モデル)

 今は「商用車」といえば、ワンボックスバンのハイエース、軽商用車のエブリイバンやハイゼットカーゴの印象が強い。ボンネットを備えたワゴン風の商用バン(昔はライトバンと呼ばれた)は、少数派になった。

 このなかで最も堅調に売れているのがトヨタのプロボックスだ。2019年にはノーマルエンジン車が2万3930台、ハイブリッドは6210台が登録され、両タイプを合計すると3万140台に達する。

 1か月平均で2512台だから、登録車に当てはめると、クラウンやハリアーと同等の売れ行きだ。

日産 NV150 AD。ウイングロードの商用版として長らくAD・ADエキスパートとして親しまれたが、2016年の改良でNV150 ADへと改名

 ボンネットバンの車種数は今では大幅に減り、プロボックスのライバル車は、日産NV150 AD(以前のADバン&エキスパート)のみになる。

 NV150 ADは、2019年に1万9414台が登録され、1か月平均なら1618台だ。この売れ行きはリーフと同程度で、日産にとって手堅く売れる大切な車種になる。

 そしてプロボックスにはサクシードという姉妹車車もあり、OEM車としては、ファミリアバンとしてマツダにも供給されている。ホンダも以前は商用バンのパートナーを用意したが、今は廃止されている。

なぜハイブリッド追加? 開発者明かす人気の理由

2014年のマイナーチェンジでデザインなど大幅刷新したプロボックス。2018年には商用車としては珍しいプロボックスハイブリッド(=写真)も追加

 根強い人気で注目されるプロボックスの発売は2002年だから、今では約18年を経過した。その間にフルモデルチェンジは一度も行われていない。

 しかし、改良や特別仕様車の設定は実施され、近年では2014年に比較的規模の大きなマイナーチェンジを受けた。

 外観に加えてインパネなど内装のデザインを改め、エンジンも刷新している。サスペンションの設定も変更した。2016年には衝突被害軽減ブレーキのトヨタセーフティセンスを装着して、2018年にはこの機能を進化させている。今では歩行者検知も可能だ。

 このあたりはライバル車のNV150 ADも進化しており、歩行者も検知可能な衝突被害軽減ブレーキを装着した。

 またプロボックスは、2018年の改良でハイブリッドも加えた。商用車でハイブリッドを選べることは、プロボックスの大切な特徴となっている。冒頭の登録台数では、ハイブリッドがプロボックスの21%を占めている。

 なお、もともとプロボックスは「カローラバン」の後継、サクシードは「カルディナバン」の後継として用意された経緯があり、以前はサクシードの全長はプロボックスよりも長かった。そこを2014年に共通化している。

プロボックスの室内。1Lペットボトルが置けるトレイやノートPCでの作業も可能なインパネテーブルなどビジネスシーンで使える装備を揃える

 プロボックスが好調に売れる理由を開発者に尋ねると、以下のような返答だった。

「プロボックスのようなボンネットを備えた商用車は、ワンボックスバンに比べると、運転がしやすく走行安定性の高いイメージがある。そのために長距離を移動する用途にも使われ、車内の滞在時間も長い。

 車内でパソコンを使って仕事をしたり、食事をすることもあるため、プロボックスでは内装の設備を充実させた。

 インパネに引き出し式テーブル、スマートフォンなどを差し込めるマルチホルダー、1Lの紙パックも収まるセンタートレイなどを配置している。車内をオフィスのように使っていただけるよう配慮した」と説明した。

 ハイブリッドはどのような理由で追加したのか。

「長距離移動の機会が多い場合、ハイブリッドであれば、当然ながら燃費を節約する効果が大きい。また、環境対策に力を入れている法人では、プロボックスのハイブリッドを使うことで、イメージアップを図ることもできる」

 環境対応に力を入れる法人は、社用車にプリウスやアクアを使うことが多い。同様のことがプロボックスハイブリッドにも当てはまるわけだ。

プロボックスが「現場」に選ばれる訳

プロボックスのリアスタイル。全長4245×全幅1690×全高1525mmと大きさも程よく、背の高いワンボックス系商用車にはない魅力を持つ

 トヨタの販売店には、どのようなユーザーがプロボックスを使っているのかを尋ねた。

「大きな荷物を積みたいお客様はハイエースを選ばれるが、少ない量の荷物を運ぶ用途ではプロボックスが喜ばれる。コンパクトな4ナンバーサイズのボディは、混雑した街中でも運転しやすい。

 特にワンボックスボディに不慣れな初心者ドライバーには、ワゴンスタイルのプロボックスはコンパクトカーのように扱いやすいと好評だ。

 ワンボックスバンに比べて重心も低いから、高速道路を走る時も安心できる。天井が高くないため、立体駐車場も使いやすい」

とセールスポイントを述べた。

 そうなるとプロボックスは、販売会社にとって売りやすい商品なのか。

「昔はボンネットを備えたバンが数多く用意されたが、今は車種数が減った。5ナンバーサイズのステーションワゴンも少数派だ。そうなるとプロボックスは限られた大切な選択肢になり、需要も集まっている。お客様の大半が法人だから、定期的に乗り替えるため、売れ行きも安定している」とのことだ。

 プロボックスは登録台数が突出して多いわけではないが、安定した需要が見込めるから、販売会社やメーカーにとって優良な商品になっている。

なぜマツダはファミリアバンをトヨタのOEMに?

以前は日産からOEM供給を受けていたマツダ ファミリアバンは2018年6月よりプロボックスのOEMに!

 また、マツダファミリアバンは、以前は日産からNV150ADのOEM供給を受けていたが、2018年にトヨタのプロボックスに切り替えた。トヨタとマツダが業務提携を結んだからだ。

 そこまでしてファミリアバンを売り続ける必要があるのかと思うが、商用車ならではの事情も絡む。

 仮にマツダがファミリアバンを廃止すると、ユーザーはプロボックスやNV150ADに乗り替える。1つの法人が数台のバンを使うこともあるから損失は大きい。

 しかもファミリアバンがプロボックスに変更されると、トヨタの販売会社にとっては絶好のビジネスチャンスだ。売り込み方によっては、その法人が使うマツダ3(旧デミオ)をヤリスに変えたり、ボンゴをタウンエースバンに乗り替えさせることも可能になる。

 つまりマツダの販売店から見ると、ファミリアバンを失えば、最悪の場合はその法人が使うすべての社用車を奪われかねない。顧客が流出する穴を塞ぐためにも、OEM車は必要だ。

◆  ◆  ◆

 このような経緯もあり、OEM車を含めて、プロボックスは着実に売れている。

 特に今はタウンエース&ライトエースがインドネシア製になって納期にムラが生じたり、コンパクトサイズのステーションワゴンも減っているから、プロボックスの重要性がさらに高まった。今後も堅調に売れ続けるだろう。

【画像ギャラリー】これぞプロの相棒!! プロボックス/サクシードを「商用車力」を見る!!

最新号

ベストカー最新号

【MX-30今秋国内投入】2024年までの新車スクープ全情報捕捉!!|ベストカー9月10日号

 ベストカーの最新刊が本日発売!  最新号では、2021~2024年に登場する国産&輸入車の最新情報をお届け。激動の自動車メーカーの動きがすべて判明!!  そのほか、東京モーターショー2019で初披露されたマツダMX-30の最新情報から、新…

カタログ