人気車と不人気車で天と地の差? 残価設定ローンの長所と短所

 クルマの購入方法は、現金払いとローンに大別され、借用するカーリースもある。この中で自動車メーカーや販売会社が力を入れているのが残価設定ローンだ。

 契約時に3~5年後の残価(残存価値)を設定して、残価を除いた金額を分割返済する。

 例えば200万円のクルマの3年後の残価率(新車価格に占める残価の割合)が、新車価格の40%(80万円)であれば、この残価を除いた60%(120万円)を3年間で分割返済する。

 返済を終えても車両は自分の所有にならないが、月々の返済額を安く抑えることは可能だ。

 3年後の残価を除いた金額は、表現を変えれば、3年間で価値が減る金額に置き換えられる。従って残価設定ローンは、車両を利用した期間の料金だけ支払うカーリース、あるいはレンタカーに似たローンともいえるだろう。

 本企画では、残価設定ローンの長所、短所について見ていく。

文:渡辺陽一郎/写真:TOYOTA、HONDA、MAZDA、SUZUKI、DAIHATSU、平野学

【画像ギャラリー】残価設定ローンの残価率とも密接に関係するので要チェック!!~2020年3月販売ランキング~


最新号

ベストカー最新号

【新型Zの期待と不安】GT-Rに延命説浮上!|ベストカー 11月10日号

 ベストカーの最新刊が本日発売! 最新号では、事実上凍結されていた次期型日産GT-Rのモデルチェンジの最新情報をお届け。  そのほか、新型フェアレディZプロトタイプ、ホンダe、新型レヴォーグ、マイナーチェンジしたルーミーなど注目車種の情報か…

カタログ