人気車と不人気車で天と地の差? 残価設定ローンの長所と短所


 クルマの購入方法は、現金払いとローンに大別され、借用するカーリースもある。この中で自動車メーカーや販売会社が力を入れているのが残価設定ローンだ。

 契約時に3~5年後の残価(残存価値)を設定して、残価を除いた金額を分割返済する。

 例えば200万円のクルマの3年後の残価率(新車価格に占める残価の割合)が、新車価格の40%(80万円)であれば、この残価を除いた60%(120万円)を3年間で分割返済する。

 返済を終えても車両は自分の所有にならないが、月々の返済額を安く抑えることは可能だ。

 3年後の残価を除いた金額は、表現を変えれば、3年間で価値が減る金額に置き換えられる。従って残価設定ローンは、車両を利用した期間の料金だけ支払うカーリース、あるいはレンタカーに似たローンともいえるだろう。

 本企画では、残価設定ローンの長所、短所について見ていく。

文:渡辺陽一郎/写真:TOYOTA、HONDA、MAZDA、SUZUKI、DAIHATSU、平野学

【画像ギャラリー】残価設定ローンの残価率とも密接に関係するので要チェック!!~2020年3月販売ランキング~


残価設定ローンを押す販売会社の思惑

 残価設定ローンは返済を終えた時点で、車両の返却、残価を支払って車両を買い取る、改めてローンを組んで返済を続けるという方法を選べるタイプが多い。

 メーカーや販売会社の狙いは、車両を返却して、改めて新車で残価設定ローンを組んでもらうことだ。そうなれば新車が売れて、素性のわかった程度のいい下取り車も入手できる。

2020年1月から販売を開始した新型ハスラーは残価設定ローンの利用率が高い車種の1台。特にデビュー時は特別金利を展開していたのも人気の要因だ

 現金購入や車両価格の全額を返済する従来のローンでは、返済を終えれば車両はユーザーの所有になるから、そのまま乗り続けることも多い。

 しかし残価設定ローンなら、車両の返却という選択肢があるため、販売会社は新車への乗り替えを提案できる。そこで残価設定ローンは、年率1.9~3.9%といった低金利を頻繁に実施する。ユーザーを残価設定ローンへ誘致するためだ。

 また残価設定ローンの中には、返済期間満了後に改めてローンを組んで返済を続けると、低金利が適用されず、年率7~9%の標準金利に戻るタイプもある。低金利の適用は、残価設定ローンの期間中に限定するわけだ。

 この場合は、改めてローンを組んで返済を続けようとすると、金利の上昇によって月々の返済額が高まることもある。

 ユーザーとしては、古いクルマを使い続けて返済額が高まるなら、その車両は返却して、新車で低金利の残価設定ローンを利用しようと考える。

新型ハリアーは3年後の残価率が高いことが充分に予想される。残価率が高ければそれほど残価設定ローンのお得感は増す

 これこそがメーカーと販売会社の狙いだ。

 販売店によると「今は携帯電話の普及もあり、クルマを定額制で使う抵抗感が薄れた。残価設定ローンを利用して、定期的に新車に乗り替えるパターンは、携帯電話の定額制に馴染んだお客様の意識に合っている」という。

 そこで残価設定ローンに適したクルマの選び方を考えたい。

残価率の高いクルマで最大のメリットが生まれる

 残価設定ローンは、先に述べたとおり数年後の残価を除いた金額を分割返済するローンだ。

 そうなると200万円のクルマの3年後の残価が新車価格の40%(80万円)なら、残価を除いた60%(120万円)を3年間で分割返済するが、残価が60%と多ければ、3年間で返済するのは40%(80万円)で済む。

 残価の高い車種を選べば、月々の返済額を安くできるわけだ。

ホンダインサイトは人気車ではないため残価率は高くないが、2020年4月現在では1.9%の特別金利が適用されているため、お得感が出てくる

 従って最終的に残価を支払って車両を買い取ることは考えず、返却を前提にするなら、なるべく残価率の高い車種を選ぶ。そうすれば同じ返済額で、新車価格の高いクルマに乗ることも可能だ。

 例えば3年間で120万円を返済する場合、3年後の残価率が40%の車種であれば、価値が減る60%が120万円に相当するから、新車価格は200万円になる。

 ところが同じく3年間で120万円を返す場合でも、3年後の残価率が60%の車種になると、120万円は40%に相当する。そうなると新車価格は300万円に増える。

 つまり3年後の残価率が40%になる200万円のクルマと、残価率が60%になる300万円のクルマでは、月々の返済額が同額になるわけだ。従って残価設定ローンのメリットを引き出したいなら、残価率の高い車種を選ぶことがコツになる。

次ページは : 軽自動車、ミニバン、SUVは人気ゆえ残価率が高い

最新号

ベストカー最新号

【新型86/BRZ 世界初公開】5ドアジムニー最新情報入手!!|ベストカー5月10日号

ベストカー5月10日号、本日発売!! 4月5日に全世界公開されたばかりの新型トヨタ86/スバルBRZの情報をベストカー本誌の独自視点で分析します!5ドアジムニー最新情報も登場。

カタログ