話題の新型ヤリス一番賢い買い方指南! 驚愕燃費性能のHVか? 走りのガソリンか?


 最近登場した新型車の中で、特に注目度の高い車種がトヨタヤリスだ。好調に売れたヴィッツの後継に位置するコンパクトカーで、エンジンやプラットフォームまで刷新したから、車名も海外と同じヤリスに変更した。

 ヤリスのエンジンは、すべて直列3気筒になる。1L、1.5L、1.5Lハイブリッドの3種類があり、1.5Lのノーマルエンジンとハイブリッドは新開発された。

 1Lは基本的に従来型と共通で、法人が営業車に使ったり、レンタカーやカーシェアリングの需要を重視している。そのために1Lは上級グレードのZを選べない。

 従って一般ユーザー向けは、1.5Lとハイブリッドだ。グレードは、両エンジンともベーシックなX、中級のG、上級のZを設定した。2WD&CVT(無段変速AT)の価格は以下の通りだ。

■1Lノーマルエンジン(価格はすべて2WDのCVT仕様)
X・Bパッケージ:139万5000円 X:145万5000円 G:161万3000円
■1.5Lノーマルエンジン
X:159万8000円 G:175万6000円 Z:192万6000円
■1.5Lハイブリッド
X:199万8000円 G:213万円 Z:229万5000円

 ヤリスで特筆すべきは、ハイブリッドがベストカーの燃費テストにおいて驚異的な燃費をマークしたことだ。具体的に触れておくと、郊外での実燃費で40.0km/Lという信じられないような燃費をたたき出したのだ。

 ヤリスの推奨できる選択肢は、1.5Lとハイブリッドだ。ここではパワートレインの選択を含めて、ベストグレードについて考えたい。

文:渡辺陽一郎/写真:TOYOTA、平野学、ベストカー編集部

【画像ギャラリー】クラウンはハイブリッド比率が80%!! クラウンに65周年記念車が設定されて発売開始!!


バランスのいいGがオススメ

ヤリスは1L&1.5Lガソリンと1.5L+モーターのハイブリッドをラインナップ。発売直後ではハイブリッド比率は50%切っていてガソリンも人気

 1.5L、ハイブリッドともに、グレードによって燃費数値が異なるため、まず先にグレードを決めたい。最も推奨度が高いのは、1.5L、ハイブリッドともに中級のGだ。

 1.5Lの場合、ベーシックなXでは、エアコンのオート機能が装着されずマニュアルタイプになる。ハイブリッドを含めてXのヘッドランプはハロゲンのみで、LEDはオプションでも装着できない。

 また1.5XとハイブリッドXのタイヤは14インチのみで乗り心地が硬い。

Gに5万9400円でオプション設定されている15インチタイヤ&アルミホイールはタイヤの空気圧も低く、乗り心地が一気によくなる

 14インチタイヤは転がり抵抗を抑えた燃費重視のタイプで、指定空気圧も前輪が250kPa、後輪は240kPaと高いためだ。特に40km/h以下で市街地を走っている時に、乗り心地の硬さが目立ってしまう。

 その点でGになると、標準装着されるタイヤは14インチになるものの、5万9400円のオプションで15インチ+アルミホイールに変更できる。

 14インチとはタイヤの性格が変わり、指定空気圧も前輪が230kPa、後輪は220kPaに下がるため、乗り心地と走行安定性のバランスが向上する。

 上級のZは、3灯式フルLEDヘッドランプや8インチディスプレイなどを標準装着するが、中級のGにオプションで付けられる装備も多い。

 そこでGを推奨する。オプション装着したい装備が多かったり、専用の上級シート表皮などに魅力を感じたらZも検討するといい。

3灯式フルLEDヘッドランプは最上級グレードのZに標準装備されるが、Gは8万2500円でオプション設定されているから装着可能

ハイブリッドとガソリンの実質価格差は30万円

 次は買い得グレードのG同士で、1.5Lとハイブリッドの損得勘定を比べる。ハイブリッドGの価格は213万円、1.5LノーマルエンジンのGは175万6000円だから、ハイブリッドGが37万4000円高い。

 ただしハイブリッドGは、1.5LノーマルエンジンのGでは1万6500円でオプションになるバックガイドモニターなどを標準装着する。一部の装備が上級化されるので、この金額を差し引いたハイブリッドの正味価格は約35万円に収まる。

 購入時に納める環境性能割と、自動車重量税も異なる。Gではこの2つの税額を合計すると5万3300円だが、ハイブリッドGは非課税だから、この金額も差し引く。最終的な実質差額は30万円と考えていい。

ハイブリッドGはバックガイドモニターを標準装備するのに対し、ガソリンGは1万6500円のオプションとなる

次ページは : コンパクトカーは燃料代で差額を埋めるのが難しい

最新号

ベストカー最新号

【新型プリウス デザイン判明!!】 EVスポーツで「セリカ」復活|ベストカー6月10日号

 外出自粛が続く今、自宅で紙の「ベストカー」本誌を眺めるのもいいものです。本日5月10日発売のベストカー6月10日号、注目企画はトヨタのこの先のパワーユニット戦略を暴くスクープ。水素燃焼エンジンやe-FUELの開発状況にも迫ります。  その…

カタログ